HOME  > 新着情報 > 2019年 >第14回三大学医工薬連環科学シンポジウムを開催しました

新着情報

第14回三大学医工薬連環科学シンポジウムを開催しました

 第14回三大学医工薬連環科学シンポジウムは「地域の教育環境整備における医工薬連環科学の今後を探る」をメインテーマとして、2019年1月19日(土)に大阪医科大学において開催しました。
 基調講演として本機構の機構長である関西大学 倉田純一准教授より「医工薬連環科学の10年を振り返って」をテーマに10年間のプロジェクトの総括についてご講演いただいた後、各分野の取り組みの現状報告がありました。
 今回は特別講演として濱田剛史 高槻市長より「大学と連携した高槻市のまちづくり」について、具体的な事例を挙げながらご講演いただきました。
 高槻市のよりよいまちづくりに対する取り組みを市長自らの言葉で聴くことで熱意が伝わり、今後の高槻市がどのように発展していくのか期待感が膨らみ、貴重な機会となりました。

講演風景
関西大学 倉田純一准教授
講演風景
濱田剛史 高槻市長


ページトップ