市民講座

  1. HOME
  2. 市民講座

2019年度大阪薬科大学市民講座のご案内

人の健康への願い、医療や福祉のありかたは、生活の質の向上とともに大きく変わろうとしています。こうした市民の方々の要請に応えるため、本学では医療の一端を担う立場から、医薬品や健康についての理解をより一層深めていただきたいとの趣旨で、年2回定期的に市民講座を開催しています。市民講座では、「くすりの相談室」を併設し、第一線で活躍中の薬剤師が、日頃のくすりに関する悩みや疑問などの相談に応じています。また、本学自慢の薬用植物園や図書館をご自由にご見学ください。

2019年度大阪薬科大学市民講座プログラム(講師敬称略)

テーマを『子どもを健常な大人へ育てる地域社会のために-小児科医療、子育て・孫育て、防災の観点から考える-』とし、下記の内容にて開催いたします。

第47回  大阪薬科大学市民講座
開催日時: 2019年6月1日(土) 13時00分~15時50分(受付12時~)
演題/講師: 13時10分~14時20分
「ピンチはチャンス 子、孫、親の命をどう守る? 」
NPO法人孫育て・ニッポン理事長
NPO法人ファザーリング・ジャパン理事 棒田 明子
14時40分~15時50分
「子どもを健常な大人へ育てるために~小児医療の場で思うこと~」
阿武山こどもクリニック 内分泌担当医 小西 和孝
会場: 大阪薬科大学 C105講義室
受講料: 無料
臨時託児所: 開設時間 12:00~16:30 対象年齢:生後3ヶ月~就学前まで
託児料金:無料
委託会社等:株式会社アルファーコポレーション
     (公益社団法人全国保育サービス協会(ACSA)正会員
締切日:5月23日(木)17:00
申込方法:託児申込書をダウンロードしてご確認ください。

託児申込書のダウンロード(PDF/312KB)  
認定単位: 日本薬剤師研修センター1単位
同時開催: 12時00分~13時00分
16時10分~16時40分
くすりの相談室(C102、C103講義室)
10時00分~17時00分 薬用植物園の見学

受講の申込みについて

受講の申込みは不要です。直接会場へお越しください。
定員は先着350名です。
受講料は無料です。
※気象警報発令などにより市民講座の実施中止する場合は本学HPに情報掲載します。

交通アクセス

本学までの交通は公共交通機関をご利用ください(車でのご来場はご遠慮ください。)
  • JR京都線「摂津富田」駅、阪急京都線「富田」駅下車→高槻市営バス(4番乗場)約15分「大阪薬科大学」行又は「公団阿武山」行で「大阪薬科大学」下車すぐ。
  • 「摂津富田」駅からタクシーで約15分

お問い合わせ先

〒569-1094
大阪薬科大学市民講座委員会
TEL:(072)690-1000(代表)
FAX:(072)690-1005(総務課)

ページトップへ