アドミッション・ポリシー

  1. HOME
  2. 入試・受験生向け情報
  3. アドミッション・ポリシー

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

薬学科では、医療人としての自覚と高い倫理観をもち、薬学の基礎的、応用的、実践的知識や技能を修得することに加え、人に対する思いやりと豊かな人間性を備え社会に貢献できる質の高い薬剤師を養成するため、次のような学生を求めています。

求める学生像

  1. 薬の専門家として社会に貢献する意思をもち、そのための努力を継続できる人
  2. 薬学を学ぶために必要な基礎学力と語学力に加え、論理的思考力と応用力をもつ人
  3. 将来の医療人としての自覚をもち、人に対する思いやりの心と協調性・倫理性をもつ人
  4. 薬剤師として必要な知識・技能・態度を修得し、高いコミュニケーション能力を身に付けることができる人
  5. 豊かな人間性を自らに育む意思をもち、患者・生活者の立場に立って医療に取り組むことができる人
  6. 薬学・医療の進歩と改善に関心をもち、課題を見出して解決する能力を涵養できる人

大学入学までに身につけておくべき教科・科目等

薬学は化学、生物、物理などに基礎をおく総合科学であると同時に、医療、衛生、環境問題を通して人間の生命や社会と深く関わるため、人文社会科学的側面も強く合わせもつ領域です。大学入学までに確実に修得しておくことが不可欠な教科・科目は入試科目として評価します。
  理科:化学、生物、物理について、科学的知識とそれに基づいた思考力・応用力
  数学:数学的・論理的に思考し表現する能力
  外国語:英語についての読解力・表現力と、英語による基礎的なコミュニケーション能力
また、入試科目に含まれない国語、社会、数学Ⅲについても、高等学校卒業相当の基礎的な学力を保持していることが望まれます。

入学者選抜の基本方針

  1. 指定校制推薦入学試験
    薬学を学ぼうとする意欲、コミュニケーション能力および基礎学力について、調査書等の提出資料と面接試験により入学者を選抜しています。
  2. 公募制推薦入学試験(併願可)
    理科(化学または生物)、数学(数学Ⅲを除く)、英語の適性確認および調査書により基礎学力の評価・判定を行い、入学者を選抜しています。
  3. 一般入学試験A、一般入学試験B
    理科(化学または生物)、数学(数学Ⅲを除く)、英語の学力試験により基礎学力の評価・判定を行い、入学者を選抜しています。一般入試Aでは、理科に秀でた学生を選抜するために、その配点を高くしています。
  4. センター試験利用入学試験
    大学入試センター試験により、理科2科目(化学必須、生物または物理)、数学(数学Ⅰ・数学A、数学Ⅱ・数学B)、英語の基礎学力の評価・判定を行い、入学者を選抜しています。

ページトップへ