薬物治療学Ⅱ研究室の公募について

  1. HOME
  2. 大学紹介
  3. 採用情報
  4. 薬物治療学Ⅱ研究室の公募について

薬物治療学Ⅱ研究室の公募について

1. 募集内容
薬物治療学Ⅱ研究室 教授 1名
着任時期 2020年4月1日(予定)

2. 応募資格
 病態・薬物治療学関連分野の薬学教育に強い意欲を有し、教授としての優れた見識を有する者で、薬学部及び大学院薬学研究科における教育・研究に関し、明確な理念の下に高い指導能力を有する者。
 また、病態・薬物治療学関連分野において、独創的な研究を行い、顕著な業績(特許を含む)をあげており、今後もこれら分野の発展に寄与できる者。さらに、本学の教育研究組織の運営において、指導的な役割を果たすことができ、次の各号のいずれかに該当する薬剤師免許または医師免許を有する者。ただし、いずれの号においても医療現場における薬物治療に関わった十分な経験を有していることが望ましい。
(1) 博士の学位を有し、大学卒業後15年以上を経、優れた研究業績を有し、かつ本学が別に定める大学院博士後期課程又は博士課程指導の資格を有する者
(2) 博士の学位を有し、かつ前号に準じる学識、経歴があると認められる者

3. 教育内容
(1) 学部教育:薬学教育モデル・コアカリキュラムのE1およびE2領域をカバーする科目(主に病態・薬物治療学関連科目)を担当する。他に、早期体験学習、統合薬学演習、薬学総合演習など医療薬学系、薬学臨床系の演習等を担当または分担することがある。
(2)大学院教育:大学院薬学研究科薬学専攻博士課程、薬学研究科薬科学専攻博士前期課程及び後期課程における教育・研究指導を担当する。

4. 現在の研究室と教員構成
現在の研究室の名称は薬物治療学Ⅱであり、講師1名が在籍している(着任後に教員1名を増員可)。なお、本学には他に薬物治療学研究室があり、脳と精神と行動に関する障害の治療法に関する研究、酸化ストレス疾患の病態解明に関する研究、上皮細胞の活動機構に関する研究を行っている。

5.提出書類(各1部、A4版)
(1)履歴書(写真貼付、別紙様式1-1)
(2)研究業績一覧表(別紙様式3)
(3)主要論文(研究業績一覧表に記載した原著、総説、著書のうち主なもの10編以内)の目録・要旨(別紙様式4)と別刷
(4)科学研究費等研究助成実績(別紙様式5)
(5)研究業績の概要と今後の研究に対する抱負(主要論文の位置付け、成果の評価、具体的な研究計画と期待される成果などを含む、2000字程度、別紙様式6-1)
(6)教育経験の概要と薬学教育に対する抱負(薬剤師養成教育に関する考えを含む、2000字程度、別紙様式6-2)
(7)大学運営への参加実績と今後の大学運営に対する抱負(大学運営における役員・委員歴(入試出題委員を含む)、大学運営に関しての将来像に対する抱負など。様式任意、大学運営における委員歴等がない場合は抱負のみで可)
(8)社会貢献活動実績(各種法人、協会及び学会・研究会などの団体の役員・委員歴、行政機関における審議会・懇談会などの委員歴、法人・協会や行政機関などにおける一般的講演(教育研修、市民講座など)歴、国際交流(外国人研究生受け入れなど)など。様式任意、特筆すべき社会貢献活動がない場合は不要)
(9)推薦書(様式任意、自薦の場合は不要)
(10)教育・研究内容等に関し照会可能な者2名の氏名、連絡先及び本人との関係

提出書類は、必ず本学指定の様式に従って作成してください。
提出書類は以下よりダウンロードしてください。
 履歴書(別紙様式1-1)  PDF(79KB) Word(34KB)
 研究業績一覧表(別紙様式3)  PDF(76KB)  Word(33KB)
 主要論文の目録・要旨(別紙様式4)  PDF(40KB)  Excel(40KB)
 科学研究費等研究助成実績(別紙様式5)  PDF(43KB)  Word(35KB)
 研究業績の概要と今後の研究に対する抱負(別紙様式6-1)  PDF(44KB)  Word(29KB)
 教育経験の概要と薬学教育に対する抱負(別紙様式6-2)  PDF(44KB)  Word(29KB)
 全様式を一括ダウンロード  ZIP(48KB)

6.応募期限
2019年10月4日(金)必着

7.書類提出(郵送)先及び問い合わせ先
〒569-1094 大阪府高槻市奈佐原4-20-1
大阪薬科大学 薬物治療学Ⅱ教員人事選考委員会 委員長 中村 敏明
Tel:072-690-1258 E-mail:toshiaki-n@gly.oups.ac.jp

* 提出書類は原則として郵送(簡易書留)とし、封筒の表に「薬物治療学担当教員応募書類在中」と朱書してください。(ご提出いただいた書類は返却いたしません。)

* 事務的な内容についての問い合わせは、下記までご連絡をお願いします。
総務課長 松尾 真充
Tel:072-690-1010 Fax:072-690-1005 E-mail:somu@gly.oups.ac.jp

8.付 記 
書類選考の上、研究と教育に対する抱負に関するプレゼンテーション、病態・薬物治療学関連領域の模擬講義、及び質疑応答(それぞれ20分、合計60分以内)をしていただくことがあります。詳細は後日ご連絡いたします。


【大学統合計画について】
大阪薬科大学は2021年4月をもって大阪医科大学と統合し、大阪医科薬科大学(仮称)となる計画を進めています。

【大阪薬科大学 求める教員像】
1.優れた人格と見識を有し、かつ健康で、また、優れた教育研究指導上の能力と教育研究業績を有し、薬学教育及び研究に対して熱心な抱負を持つ者
2.「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)、入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」を十分に理解し、本学の理念・目的の実現のため教育研究に専念できる者
3.学術の発展に係る研究に熱意を持って取り組み、かつ新たな研究分野の開拓に取り組める者
4.高い倫理観・道徳観に基づく教育研究活動等が行える者
5.公正・公平に教育研究指導が行うことができ、かつ真摯に学生支援が行える者
6.社会貢献の意識が高く、本学における教育研究成果を社会に積極的に還元できる者
7.自己の資質向上に積極的に取り組むことができ、また、他者と円滑に協働できる者
8.大学をめぐる社会的動向への関心を有し、大学の発展のために積極的に大学運営に参画できる者

ページトップへ