大学基準協会

  1. HOME
  2. 大学紹介
  3. 大学基準協会

2017年度 自己点検・評価

認証評価(2017年度 自己点検・評価)

 学校教育法に基づき、「教育研究水準の向上に資するため、教育研究等の状況について自ら点検及び評価を行い、その結果を公表すること」が大学には求められており、これに加えて「大学の教育研究等の総合的な状況について、定められた期間毎に認証評価機関による認証評価を受けること」が必要となっています。
 大阪薬科大学では、この法的な「認証評価機関による認証評価」に対応するため、公益財団法人大学基準協会が実施する認証評価を受審しています。これまでに必要な自己点検・評価を実施した後、第1期として2004年度に、第2期として2011年度にこれを受審し、この結果、大学基準協会が定める大学基準に適合していることがそれぞれ認定されていました[認定期間:2005年4月1日~2012年3月31日(第1期)、2012年4月1日~2019年3月1日(第2期)]。

 大阪薬科大学では、引き続き法的な認定を得るため、2017年度に必要な点検・評価報告書を作成し、2018年度に大学基準協会による第3期認証評価を受審しました。この第3期認証評価では、「大学における内部質保証への取組み」がこれまで以上に重視され、大きくは本学の理念・目的を実現するための全学的な教学マネジメントが有効に機能しているかどうかが評価されました。 この結果、大学基準協会が定める大学基準に適合していることが認定されました[認定期間:2019年4月1日~2026年3月31日(第3期)]。
今回の認証評価の結果を受け、本学における教育研究活動の更なる充実・向上に向けて継続して取り組んでいくとともに、明らかになった問題点の改善を進めていきます。
 大学基準協会による認証評価結果、本学の点検・評価報告書については、次のとおりです。

過去の自己点検・評価

ページトップへ