成績の評定について  

  1. HOME
  2. 大学紹介
  3. 公表情報
  4. 学修にあたって
  5. 成績の評定について  

学部(平成30年度以降入学生適用)

成績の評定について

 授業科目を履修した後、各試験(定期試験、追試験、再試験、特別再試験)の成績、平常の成績などを考査して授業科目修了の認定が行われ、単位が与えられます。

  1. 試験を重視する講義科目においても、試験の成績に平常の成績などが付加されることがありますので、講義には必ず出席し、積極的に授業に参加することが肝要です。
  2. 授業科目修了の認定で「定期試験」による成績の評定は、定期試験の評点および平常の成績などが考慮されて、100点を満点とした点数で表示されます。
    「追試験」による成績の評定は、追試験の評点および平常の成績などが考慮されて、定期試験欠席理由に応じ設定された評定上限点による点数で表示されます。
    また、「再試験」「特別再試験」による成績の評定は、各試験の評点および平常の成績などが考慮されて、60点を限度とした点数で表示されます。
  3. 演習、実習および実技の授業科目の成績の評定は、筆記試験、レポート、課題研究などと併せて評価され、実習および実技の成績は点数で、また特別実習および演習などの成績の評定は、論文あるいは報告書などの審査により判定されます。
授業科目の成績の評定は
 S (100〜90点)
 A (89〜80点)
 B (79〜70点)
 C (69〜60点)
 D (59〜30点)
 E (29点以下)
と表示され、C以上が合格で、その授業科目の単位が認定されます。

学部(平成27年度~平成29年度入学生適用)

成績の評定について

授業科目を履修した後、各試験(定期試験、再試験、特別再試験など)の成績、出席、平常の成績などを考査して授業科目修了の認定が行われ、単位が与えられます。
  1. 試験を重視する講義科目においても、試験の成績に平常の成績および出席などが付加されますので、講義には必ず出席することが肝要です。
  2. 演習、実習および実技の授業科目の成績の評定は、試験の成績の考査、レポート、課題研究などと併せて評価され、実習および実技の成績は点数で、また特別実習および演習などの成績の評定は、論文あるいは報告書などの審査により合否として判定されます。
  3. 授業科目修了の認定で「定期試験」による成績の評定は、定期試験の評点および平常の成績と出席などが考慮されて、100点を満点とした点数で表示されます。
    また、「再試験」「特別再試験」による成績の評定は、各試験の評点および平常の成績と出席などが考慮されて、それぞれ70点、60点を限度とした点数で表示されます。
    ただし、定期試験を欠席した場合の再試験は60点を上限としますが、正当な理由により定期試験を欠席した場合の再試験は、上限点などが配慮されます。
授業科目の成績の評定は
 A (100〜80点)
 B (79〜70点)
 C (69〜60点)
 D (59点以下)
と表示され、C以上が合格で、その授業科目の単位が認定されます。

大学院(平成31年度以降入学者適用)

成績の評定について

薬科学専攻博士前期課程(2年制)・薬科学専攻博士後期課程(3年制)・薬学専攻博士課程(4年制)・薬学専攻博士課程(4年制)[がん専門薬剤師養成コース]  
履修科目の単位修得の認定は、試験(又は研究報告等)により担当教員が行います。 また、所定の在学期間中に所定の科目を履修した者は、指導教員の承認を得て、学位論文を提出し、最終試験を受けることができます。学位論文及び最終試験の合否は、大学院委員会が認定します。

履修科目の成績の評価は
 A (100〜80点)
 B (79〜70点)
 C (69〜60点)
 D (59点以下)

と表示され、C以上が合格で、その授業科目の単位が認定されます。

大学院(平成30年度以前入学者適用)

成績の評定について

 薬科学専攻博士前期課程(2年制)・薬科学専攻博士後期課程(3年制)・薬学専攻博士課程(4年制)・薬学専攻博士課程(4年制)[がん専門薬剤師養成コース]

 履修科目の単位修得の認定は、試験(又は研究報告等)により担当教員が行います。 また、所定の在学期間中に所定の科目を履修した者は、指導教員の承認を得て、学位論文を提出し、最終試験を受けることができます。学位論文及び最終試験の合否は、大学院委員会が認定します。

履修科目の成績の評価は

A (100〜80点)
B (79〜70点)
C (69〜60点)
D (59点以下)

と表示され、C以上が合格で、その授業科目の単位が認定されます。

ページトップへ