各種方針等

  1. HOME
  2. 大学紹介
  3. 公表情報
  4. 各種方針等

大阪薬科大学では、教育研究の水準の向上を図り、適切な水準にあることを自らの責任で説明・証明していくため、次の内部質保証に関する方針等を定めています。

中期計画

内部質保証のための方針

内部質保証の目的

大阪薬科大学(以下「本学」という。)は、理念・目的を実現するため、内部質保証が重要であるという考えに基づき、自律的かつ恒常的に自己点検・評価を行い、PDCAサイクルを適切に機能させることによって教育研究の水準を維持し、また、学生の学習の充実と学習成果を向上させ、高等教育機関としての人材養成機能を強化することにより、もって社会的使命を果たすことを内部質保証の目的とする。
 

内部質保証に責任を負う組織の権限と役割

本学における内部質保証は、学長を中心に学内要職者等から組織する「内部質保証委員会」が全学的な教学マネジメントの観点から実施し、内部質保証に必要な各種方針の策定及び検証、学習成果、教育課程及び入学者選抜の成果の検証、外部認証評価の実施に責任を負うものとする。なお、教授会を始めとする学内委員会等組織は、内部質保証委員会による検証結果及び改善計画並びに教学マネジメントに関する目標及び方向性等を受け、教育活動を展開するとともに、具体的な改善及び改革のための施策を立案及び実行する。
 

内部質保証のための行動指針

  1. 学長を中心とする内部質保証委員会は、内部質保証の目的を達成するため、全学的な教学マネジメントの観点から内部質保証を推進する。また、客観的な視点を活用するため、外部認証評価を始めとする第三者からの評価に積極的に対応する。
  2. 内部質保証委員会は、内部質保証に必要な各種方針を策定及び検証するとともに、教育の企画・設計から運用、検証・改善のためのPDCAサイクルを明確にし、円滑に機能させる。
  3. 内部質保証委員会からの検証結果及び改善計画並びに教学マネジメントに関する目標及び方向性等を受けた教授会を始めとするその他学内委員会等組織は、改善及び改革が必要かつ重要であるとの共通認識を持って教育活動を展開し、本学における内部質保証を実効性のあるものとするために取り組む。

<PDCAサイクル>

PLAN(計画)

  1. 内部質保証委員会は、内部質保証に必要な各種方針、学習成果、教育課程及び入学者選抜の成果、外部認証評価結果における改善事項等への取組みについての検証及び改善計画を踏まえ、これに基づく教学マネジメントに関する目標や方向性等を取りまとめる。
  2. 検証結果や改善計画に基づく目標や方向性等は、学長又は内部質保証委員会委員から教授会(拡大教授会、大学院運営委員会)に報告するとともに、報告内容において改善又は改革を必要とする事案については、これを所掌する学内委員会等(以下「各委員会等」)に対し、具体的な対応策の立案を指示する。

DO(実行)

  1. 各委員会等は、目標や方向性等に基づく教育活動を展開するとともに、改善又は改革のために計画を立案し、当該計画を拡大教授会(学部事案)又は大学院運営委員会(大学院事案)に諮り、実行の承認を得る。なお、内部質保証委員会は、当該計画の立案を支援する。
  2. 各委員会等は、承認された改善又は改革のための計画を実行する。

CHECK(検証)

  1. 各委員会等は、目標や方向性等に基づく教育活動、実行した改善又は改革のための計画の結果やその検証内容等を拡大教授会又は大学院運営委員会に報告する。
  2. 内部質保証委員会は、報告内容等を踏まえ、目標や方向性等に基づく教育活動及びその成果、改善又は改革のための計画を検証し、これを基に内部質保証に必要な各種方針等の適切性や有効性を総合的に検証する。

ACTION(改善)

  1. 内部質保証委員会は、総合的な検証結果に基づき、内部質保証に必要な各種方針、学習成果、教育課程及び入学者選抜の成果、外部認証評価結果における改善事項等についての、改善計画を取りまとめる。

教育研究組織の編成方針

大阪薬科大学(以下「本学」という。)は、理念・目的を実現するため、以下のとおり、教育研究組織の編成方針を定める。
  1. 本学の理念・目的を実現するための学部、研究科を始めとする教育研究組織を編成するとともに、これらが横断的に機能・連携する体制を構築する。
  2. 設置する教育研究組織は、学問動向や社会的要請、大学をめぐる様々な環境に対応するよう配慮する。
  3. 教育研究組織は、管理・運営のための委員会等を設置し、これを学長が統括する。
  4. 教育研究組織は、定期的に検証し、その結果を改善・向上に繋げるものとする。

学位授与の方針・教育課程編成・実施の方針・入学者受入れの方針

求める教員像及び教員組織の編成方針

大阪薬科大学(以下「本学」という。)は、理念・目的を実現するため、以下のとおり、求める教員像及び教員組織の編成方針を定める。また、本学における求める教員像及び教員組織は、定期的に検証し、その結果を改善・向上に繋げるものとする。
 

求める教員像

  1. 優れた人格と見識を有し、かつ健康で、また、優れた教育研究指導上の能力と教育研究業績を有し、薬学教育及び研究に対して熱心な抱負を持つ者
  2. 「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)、入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」(以下「3ポリシー」という。)を十分に理解し、本学の理念・目的の実現のため教育研究に専念できる者
  3. 学術の発展に係る研究に熱意を持って取り組み、かつ新たな研究分野の開拓に取り組める者
  4. 高い倫理観・道徳観に基づく教育研究活動等が行える者
  5. 公正・公平に教育研究指導が行うことができ、かつ真摯に学生支援が行える者
  6. 社会貢献の意識が高く、本学における教育研究成果を社会に積極的に還元できる者
  7. 自己の資質向上に積極的に取り組むことができ、また、他者と円滑に協働できる者
  8. 大学をめぐる社会的動向への関心を有し、大学の発展のために積極的に大学運営に参画できる者

教員組織の編成方針

  1. 関連法令により定められた基準に基づき、適切な教員数を配置する。
  2. 収容定員における教員1人あたりの学生数に配慮した教員組織を編成する。
  3. 教育研究上の必要性を踏まえた上で、年齢構成等に配慮した教員組織を編成する。
  4. 教員組織の編成及び人事の立案並びに教育研究活動については学長が統括する。
  5. 教員の募集、採用、昇任等は、規程に基づき、公正かつ適切に実施する。なお、教員の募集については、広く人材を求めることを原則とし、人事の活性化を図る。
  6. FD活動を組織的に推進し、教員の資質の向上を図り、教育内容・方法等の改善に継続的に取り組む。
  7. 教員の教育研究活動の業績を評価し、その活性化を図る。
  8. 3ポリシーに基づく教育研究活動を適切に実施するための教員組織を編成する。

学生支援の方針

大阪薬科大学は、学生が安心して学業に打ち込むことができ、また、卒業後の豊かな人生を実現できるキャリアプランが醸成できるよう、以下のとおり、学生支援の方針を定める。

1. 修学支援

学生が日々学業に専念できるよう、学修の相談に応じるとともに、修学の意志がありながら継続する事が困難な学生への支援を行う。
具体的には、アドバイザー制度の活用、修学指導委員会による個別面談の実施、教務課による履修相談の実施、奨学金制度の整備、また、学生がグローバルな社会に適応できるよう国際交流制度の充実等の支援を行う。

2. 生活支援

学生が安心して豊かな学生生活が送れるよう、人権侵害等の防止、学生生活上の相談、心身の健康維持等を目的とした支援及び課外活動の充実を目的とした支援を行う。
具体的には、学生相談室の充実、ハラスメント関係のアンケート調査の実施、人権講演会の実施、薬物乱用防止に関する講演会の実施、課外活動を含む学生自治活動を担う学友会への支援を行う。

3. 進路支援

卒業後の長い人生を豊かなものにするために、学生が主体的に進路を選択し満足できる就職を実現できるよう、支援する。
具体的には、低学年次の学生も参加可能な業種・職種別キャリアセミナーなどの開催を通して多様な就職関連情報を学生に提供し、自己の主体的なキャリアプランの醸成を図る。また、実践的支援として、就職スキル関係の対策講座などを併せて実施する。さらに、個人相談によって学生一人ひとりに対してきめ細やかな支援を行う。

教育研究環境整備の方針

大阪薬科大学は、理念・目的及び社会的使命の下、更なる発展を実現するため、以下の方針をもって教育研究環境の整備に取り組む。
  1. 学生及び教員が安全に学修及び教育研究を進められ、安心して過ごせるキャンパス整備を推進する。
  2. 図書施設を充実させるとともに、ITリテラシーの向上を図り、教育研究活動を促進する。
  3. 先進的な薬学研究を進められる環境や設備を充実させる。
  4. 教育研究支援体制を充実させる。
  5. 研究倫理を遵守するための支援体制を充実させる。

社会連携・社会貢献の方針

大阪薬科大学(以下「本学」という。)は、建学から薬剤師を始めとする質の高い薬学人を多数輩出することで、医療を通じた福祉と文化の向上に寄与してきた。今後も社会貢献できる人材を永続的に輩出していくとともに、地域や社会との連携を通して、医療系大学として更なる社会貢献を実現するため、以下のとおり、社会連携・社会貢献の方針を定める。
  1. 教育研究機関・医療機関・企業等と連携し、薬学を始めとする医療の発展に寄与する。
  2. 高槻市を始めとする地方自治体と連携し、地域社会のための事業を推進する。
  3. 生涯学習を推進し、医療を通じた社会貢献に寄与する。
  4. 国際交流を推進する。
  5. 社会連携・社会貢献を通じて、本学の教育研究成果を社会に還元する。
  6. 本学の社会連携・社会貢献について定期的に検証し、もって社会的要請に応える。

管理運営の方針

大阪薬科大学(以下「本学」という。)は、理念・目的を実現するため、以下のとおり、管理運営の方針を定める。また、本学における管理運営体制は、定期的に検証し、その結果を改善・向上に繋げるものとする。
 

中期計画・事業計画

  1. 本学の更なる発展を目指し、将来を見据えた計画として、中期計画を策定する。
  2. 中期計画の堅実な履行を目指し、単年度毎の事業計画を策定する。なお、単年度毎の事業計画は、中期計画の履行状況に鑑み、策定するものとし、大学運営に関する事項については、学長のリーダーシップの下で「教員及び事務職員」(以下「職員」という。)の意見を集約して策定する。

大学運営・ガバナンス

  1. 学長は、職員を統括し、本学の校務に関する事項について決定する。
  2. 本学の校務の執行は、法人が定める諸規則に従い適切かつ公正に行う。
  3. 学長は、教授会を始めとする委員会等組織から教育研究に関する事項についての意見を聴き、自身のリーダーシップの下で本学を運営する。
  4. 法人は、永続的に社会へ寄与する大学となるよう、本学を経営する。また、学長の選任並びに本学の経営に関して責任を負う。
  5. 法人運営にあたっては、理事長が主宰する理事会が最終的な意思決定を行う。また、法人運営並びに大学運営を機能的かつ効率的に行うため、法人運営会議、理事長、副理事長、学長に理事会の業務決定権限の一部を委任する。
  6. 理事長が設置する大学運営会議は、法人と教学が連携して対応すべき事項等について迅速かつ円滑に対応するため、その対応方針等を決定する。

予算編成・予算執行

  1. 法人は、財政を取巻く状況を念頭に、重要課題への対応を中心とする予算編成方針を策定する。
  2. 本学の予算編成は、予算編成方針に基づき編成する。また、具体的な編成にあたっては、予算委員会が取りまとめ、最終的には理事会が決定する。
  3. 法人全体の予算執行は、予算業務統括責任者である理事長が統括し、本学の予算執行は学長及び事務局長が責任を負う。
  4. 本学の予算執行にあたっては、編成された予算に基づき厳格に執行する。

事務組織の運営

  1. 本学の運営を円滑かつ効率的に行うため、適切な事務組織を編成する。
  2. 事務組織の運営は、理事長、副理事長又は学長の指示を受け、事務局長が統括する。
  3. 事務職員は、法人運営並びに大学運営にとって必要な人材を広く募集することを原則とし、公正かつ適切な手続きをもって、優秀な人材の確保に努める。
  4. 事務組織は、教員と協働させることにより、適切に運営する。また、業務の多様化や専門化に対応するため、必要な事務職員を配置する。

職員の資質向上

  1. 本学の運営を適切かつ効果的に行うため、法人の基本方針に基づくSD(Staff -Development)実施計画を策定する。
  2. SD実施計画に定めるSD活動を推進し、職員の資質を向上させる。
  3. SD活動に留まらず、職員の誠実性と自律性を涵養するため、SSD(Staff Self -Development)を推進する。

大学運営の担保

  1. 法人運営のための必要な監査に合わせ、法人監査室による内部監査を実施し、適正な大学運営を担保する。

ページトップへ