トップページへ

特別演習(PBL) -分子構造・機能解析学領域-

開講情報
大学院 前期 2単位 必修
担当教員
教授 石田 寿昌 教授 辻坊 裕 教授 三野 芳紀
准教授 井上 晴嗣 准教授 友尾 幸司 講師 齊藤 睦弘
講師 大石 宏文 講師 宮本 勝城 講師 藤井 忍
講師 尹 康子 講師 佐藤 卓史 助教 箕浦 克彦
助教 土屋 孝弘    
備考
授業の目的と概要
 実験結果報告および研究内容に即した最新の学術論文の内容説明や質疑応答を通じて、自分自身の研究における問題点、およびその解決方法について学び、また、研究者としての発表態度、プレゼンテーション技術などを併せて修得することを目的とする。
授業の方法
学生が本人の研究内容に関連の深い内容を含んだ学術論文、および得られた研究結果について解説し、今後の研究の動向について自分自身の考えを述べ、更なる研究の進展を見据えた発表を行う。内容については、分子構造・機能解析学領域の教員と共に議論する。
●授業に対する心構え
学生は必要に応じて資料を作成し、参加者のスムーズな理解を念頭に置いた発表を心がける。
成績評価法
研究内容の理解度(20点)、問題提起能力(20点)、説明能力(20点)、質疑応答の的確さ(20点)、発表態度(20点)によって評価する。
授業計画
項目 授業内容
1 学生による学術論文紹介および研究成果発表(1) 蛋白質生合成開始機構の最近の進歩について理解する。
2 学生による学術論文紹介および研究成果発表(2) タウ蛋白質のフィラメント形成機構についての進展について理解する。
3 学生による学術論文紹介および研究成果発表(3) 病原細菌の宿主生体中における増殖機構について理解する。
4 学生による学術論文紹介および研究成果発表(4) 病原細菌の病原性発現メカニズムについて理解する。
5 学生による学術論文紹介および研究成果発表(5) 細菌のキチン分解機構について理解する。
6 学生による学術論文紹介および研究成果発表(6) タンパク質の取扱いや精製法等に関する原理と応用について理解する。
7 学生による学術論文紹介および研究成果発表(7) タンパク質の相互作用や酵素活性測定法に関する原理と応用について理解する。
8 学生による学術論文紹介および研究成果発表(8) 薬学研究における分析法の原理について理解する。
9 学生による学術論文紹介および研究成果発表(9) 薬学における分析法の応用について理解する。
10 総括 分子構造・機能解析学について総合的に理解する。
▲PAGE TOP

構造生物学特論 

開講情報
大学院 前期 1単位 選択必修
担当教員
教授 石田 寿昌 准教授 友尾 幸司 講師 大石 宏文
講師 尹 康子    
備考
授業の目的と概要
 X線回折法、核磁気共鳴法、分子動力学計算は極めて高い精度で分子の立体構造を決定し、多くの有益な構造化学的情報を得ることができる分析法である。本特論では、これらの生物物理化学的手法の基本原理を学び、それに基づく生体関連分子の立体構造と機能の解析、ならびに医薬品の分子設計に必要不可欠な構造生物科学解析法に関する基本知識とその応用法について修得する。
授業の方法
●授業に対する心構え
必要な資料を配付すると共に、スライドを用いて授業を進める
X線回折法、核磁気共鳴法、分光学、分子動力学計算を始め各種生物物理化学的手法の基本原理を講義し、それを駆使し、蛋白質、核酸を始めとする生体高分子の構造と機能の解明の実例について紹介する。
成績評価法
課題レポート(80%)と受講態度(20%)により評価
授業計画
項目 授業内容
1 X線結晶構造解析の原理 結晶、回折、フーリエ変換、電子密度
2 X線結晶構造解析の実際 位相問題、解析精度、信頼度因子
3 X線結晶構造解析の実際例:低分子 生理活性ペプチド、機能性有機分子、構造活性相関
4 X線結晶構造解析の実際例:高分子 蛋白質、核酸、複合体、分子認識
5 核磁気共鳴法の原理 溶液中での立体構造解析のための基本原理
6 核磁気共鳴法の実際 溶液中での立体構造解析のための具体的方法
7 核磁気共鳴法の実例 蛋白質、核酸、複合体、分子認識
8 分子動力学計算の基礎 分子動力学計算の原理
9 分子動力学計算の応用 分子動力学計算による薬物設計への応用
10 分光化学的手法による構造ー機能解析 熱分析、表面プラズモン共鳴、蛍光、赤外、紫外、CD
11 関連研究領域での構造ー機能解析に関する文献(1) 課題レポートの作成
12 関連研究領域での構造ー機能解析に関する文献(2) プレゼンテーション
▲PAGE TOP