トップページへ

医療薬学 I (薬剤学)  [Medical Pharmacy I]

開講情報
大学院 前期 1単位 選択
担当教員
教授 掛見 正郎    
備考
授業の目的と概要
 近年、医療における薬物療法への依存度は年々高まっている。薬物療法は、適切な診断に基づく治療薬の決定、最適な投与経路、投与方法、投与量、投与期間の決定、治療効果の評価などからなる。しかしながら背景の異なる患者一人ひとりを考慮した、「最適な」薬物療法を遂行するには、医師および薬剤師が、薬物治療学、薬物動態学の基礎理論を理解しておくばかりではなく、臨床での応用に関して十分訓練を積んでおくことが必要である。これまでの薬物療法は、医師が患者の治療効果を観察しながら、trial and error に基づくtitrationで行うのが基本であった。しかし予期せぬ副作用の出現などによって、近年では血中薬物濃度、体内薬物濃度などを指標とした薬物動態学に基づく方法も試み始められている。「医療薬学I」では、薬物動態学(pharmacokinetics:PK)と薬理効果(pharmacodynamics:PD)との関連性に焦点を当て、「薬理効果の速度論的取り扱い」の基礎から応用までを、最新の研究データを織り交ぜながら解説する。
授業の方法



●授業に対する心構え


授業計画
項目 授業内容
1 臨床薬物動態概論 薬物療法における最適投与計画、薬物動態の基礎理論
2 PK-PD の基礎(1) PK-PD概説、Pharmacokinetic (PK) モデルとPharmacodynamic (PD) モデル、基礎値のあるSigmoid Emax モデル
3 PK-PD の基礎(2) コンパートメントモデルとPDモデルとの融合、Sheinerの「薬効コンパートメントモデル」
4 PK-PD の臨床的応用(1) レセプター占有理論を用いた「薬剤予測学」入門
5 PK-PD の臨床的応用(2) PK-PDモデルを用いた薬理効果の予測
6 PK-PD の臨床的応用(3) 薬理効果のみを用いたバイオアベイラビリティーの予測
▲PAGE TOP