トップページへ

タンパク質機能学 II -タンパク質の構造と機能- [Protein Functions II]

開講情報
大学院 後期 1単位 選択
担当教員
准教授 井上 晴嗣 講師 坂口 実 講師 藤井 忍
備考
授業の目的と概要
 タンパク質の構造という分子レベルの研究の現状を紹介し、これらの研究成果から複雑な生命現象を分子レベルで理解することを目的とする。
授業の方法
パワーポイントを用いたプレゼンテーションや、プリントを用いた講義形式で行う。 
●授業に対する心構え
講義内容を理解し、疑問点や問題点について、講義担当者と直接討論できるような積極性を持っていただきたい。なお、タンパク質の構造に関する基本的な内容は理解しているものとして講義を行うため、講義が始まるまでにタンパク質やアミノ酸の基本的知識については十分に復習しておくこと。
成績評価法
講義への積極的な態度(建設的な質問など)も参考にしながら、主に出席とレポートにより評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
特に指定しない。
参考書
書名 著者名 出版社名
講義時に指定する。
授業計画
項目 授業内容
1 血液タンパク質の構造と機能 自然免疫に関わる血液タンパク質の構造と機能について説明できる。
2 細胞周期制御因子の構造と機能 細胞周期に関わる制御因子タンパク質の構造と機能について説明できる。
3 リン脂質加水分解酵素の触媒機構 数種類のリン脂質加水分解酵素の触媒機構について説明できる。
4 タンパク質の構造と機能に関する最近の話題 (1) 種々のタンパク質の構造と機能についての最新の研究を、例をあげて説明できる。
5 タンパク質の構造と機能に関する最近の話題 (2) 種々のタンパク質の構造と機能についての最新の研究を、例をあげて説明できる。
6 タンパク質の構造と機能に関する最近の話題 (3) 種々のタンパク質の構造と機能についての最新の研究を、例をあげて説明できる。
▲PAGE TOP