トップページへ

特別演習(PBL) -創薬化学領域-

開講情報
大学院 前期 2単位 必修
担当教員
教授 馬場 きみ江 教授 土井 光暢 教授 田中 麗子
教授 浦田 秀仁 教授 春沢 信哉 准教授 大桃 善朗
准教授 谷口 雅彦 講師 宇佐美 吉英 講師 芝野 真喜雄
講師 山田 剛司 講師 和田 俊一 助教 平田 雅彦
助教 浅野 晶子    
備考
授業の目的と概要
 医薬品をデザインするためには、生体に作用する化合物を見いだし、構造活性相関に基づいて候補化合物を設計し、実際に合成してそれら化合物の生理活性を検証することが必要である。この過程で必要な基礎知識をPBL形式で修得する。
●一般目標(GIO)
 創薬化学の基礎知識を習得する。
授業の方法
PBL形式
●授業に対する心構え
自力で学習課題を発見し、自主学習により解決をしていく訓練を身につけるための学習であることを自覚する。
成績評価法
発表内容、理解度、討論の内容から総合評価する。
参考書
書名 著者名 出版社名
『新しい薬をどう創るか』 京都大学大学院薬学研究科(偏) 講談社
授業計画
項目 授業内容
1 薬をデザインする1 医薬品のデザインの現状と問題点を説明できる
2 薬をデザインする2 チュートリアル
3 薬をデザインする3 チュートリアル(チューターなし)
4 薬をデザインする4 チュートリアル(チューターなし)
5 発表・討論
6 薬を創る1 医薬品の合成法の現状と問題点を説明できる
7 薬を創る2 チュートリアル
8 薬を創る3 チュートリアル(チューターなし)
9 薬を創る4 チュートリアル(チューターなし)
10 発表・討論
▲PAGE TOP