トップページへ

生物物理化学  [Biophysical Chemistry]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1.5単位 選択・薬科学科:1.5単位 必修
担当教員
准教授 友尾 幸司    
備考
授業の目的と概要
 生物物理化学とは、生物学の対象となる物質について、その物理的、化学的性質について探求する学問である。生体に関する研究は目覚ましい進歩を遂げ、生物学研究の対象は分子・原子を対象とするまでに至った。それらの生物学的に重要な分子は、様々な構造や物性を有し、その機能もまた非常に複雑である。本講義は、生体高分子の構造と機能についての理解を深めるために、生体高分子の物理化学的性質と機能解析法について解説を行う。
●一般目標(GIO)
 生体分子の機能および医薬品の働きを立体的、動的にとらえるために、タンパク質、核酸および脂質などの立体構造やそれらの相互作用に関する基本的知識を修得する。
授業の方法
教科書を用いて、講義形式で行う。
●準備学習や授業に対する心構え
講義内容を充分修得するために、復習を欠かさず行うこと。
●オフィス・アワー 
講義、実習、会議以外は随時。B棟4階 薬品物理化学研究室
成績評価法
定期試験、出席状況や受講態度などの平常点、課題などを総合的に評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
『薬学生のための生物物理化学入門』 加茂直樹、嶋林三郎 (編) 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『スタンダード薬学シリーズ・物理系薬学III』 市川 厚 他 東京化学同人
『生物物理化学』 相澤益男 他 講談社サイエンティフィク
授業計画
項目 授業内容
1 生体高分子の基礎と構造(1) アミノ酸やタンパク質などの立体構造について概説できる
2 生体高分子の基礎と構造(2) 核酸や糖の立体構造について概説できる
3 生体高分子の基礎と構造(3) 生体高分子の分子量測定について説明できる
4 生体高分子の電気化学的性質 酸塩基平衡などの生体高分子の電気化学的性質と電気泳動による分離法を説明できる
5 生体高分子の物理化学的性質(1) 紫外可視吸光度測定法の原理を説明し、生体分子の解析への応用例について説明できる
6 生体高分子の物理化学的性質(2) 蛍光光度法、赤外・ラマン分光スペクトルの原理と、生体分子の解析への応用例について説明できる
7 生体高分子の構造解析(1) 生体分子の解析への核磁気共鳴スペクトル測定法の原理を説明できる
8 生体高分子の構造解析(2) 生体分子の解析へのX線結晶解析の原理を概説できる
9 生体高分子の機能(1) 生体高分子の熱力学的性質について説明できる
10 生体高分子の機能(2) 酵素の働きについて説明できる
11 生体高分子の機能(3) 酵素反応とその機構について説明できる
12 生体高分子の分子間相互作用 静電相互作用、水素結合、疎水結合などの分子間相互作用について説明できる
13 生体界面の性質 生体膜の構造や膜輸送について説明できる
▲PAGE TOP

薬品合成化学2  [Synthetic Organic Chemistry 2]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1.5単位 選択・薬科学科:1.5単位 必修
担当教員
教授 春沢 信哉    
備考
授業の目的と概要
●授業の目的と概要
 3年次後期の「薬品合成化学1」では、酸化、還元反応を中心に官能基変換反応を授業したが、 「薬品合成化学2」では有機医薬品の骨格を形成する炭素‐炭素結合反応を主な授業の対象とし、代表的な縮合反応、付加反応、C-アルキル化、C-アシル化について講義する。
●一般目標(GIO)
 医薬品を含む目的化合物を合成するために、代表的な炭素骨格の構築法などに関する基本的知識を習得する。
授業の方法
●準備学習や授業に対する心構え
内容が1・2年生の有機化学の基礎から医薬品への応用となるので、基礎有機化学及び授業の復習し、普段から勉強すること。
●オフィス・アワー 
B棟6階 有機薬化学研究室に会議、実習等以外では随時来て下さい。
成績評価法
原則的には、定期試験の得点で評価するが、そこへ出席を加味する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『有機薬品製造化学第4版』 栗原拓史、内藤猛章(編集) 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『化学系薬学 II. ターゲット分子の合成と生体分子・医薬品の化学』 日本薬学会編 東京化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 アルドール縮合および関連反応 代表的な炭素酸のpKaと反応性の関係を説明できる。
2 アルドール縮合および関連反応 代表的な炭素-炭素結合生成反応について概説できる(選択的アルドール縮合)。
3 アルドール縮合および関連反応 代表的な炭素-炭素結合生成反応について概説できる(Knoevenagel, Mannich, Darzen等の反応)。
4 エステル縮合と関連反応 代表的な炭素-炭素結合生成反応について概説できる(Claisen縮合)。
5 エステル縮合と関連反応 代表的な炭素-炭素結合生成反応について概説できる(Dieckmann縮合)。
6 エステル縮合と関連反応 代表的な炭素-炭素結合生成反応について概説できる(Thorpe-Ziegler, Acylion縮合)。
7 付加的縮合 代表的な炭素-炭素結合生成反応について概説できる(Michael反応)。
8 付加的縮合 代表的な炭素-炭素結合生成反応について概説できる(Robinson反応)。
9 C-アルキル化、C-アシル化
代表的な炭素-炭素結合生成反応について概説できる(活性メチレンのアルキル化、アシル化)。
10 C-アルキル化、C-アシル化 代表的な位置選択的反応を列挙し、その応用例について説明できる。
11 O-アルキル化 エーテルの代表的な合成法について説明できる。
12 N-アルキル化 窒素を含む代表的な合成法について説明できる。
13 ラジカルアルキル化反応 代表的な位置選択的反応を列挙し、その応用例について説明できる(ラジカルアルキル化反応)。
▲PAGE TOP

医薬品化学1  [Medicinal Chemistry 1]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1.5単位 必修・薬科学科:1.5単位 必修
担当教員
教授 田中 麗子    
備考
授業の目的と概要
 「医薬品化学」は「創薬化学」、「メディシナルケミストリー (Medicinal Chemistry)」とも呼ばれ医薬品の創製に関する学問であります。「薬は生物に対して適用される物質」であり、「生命過程に影響をあたえる化学物質」とされています。医薬品化学を学ぶ目的は薬が持つ化学構造から得られる反応性や物理化学的性質、立体構造などの情報を基に、薬の本質を理解することであります。「どうしたら独創性の高い薬が設計できるか」という問に対する解答は、薬物と生体の関係に基づく薬物の合理的設計法の理解から得られます。ゆえに医薬品化学は初歩的な有機化学、薬理学、生化学、薬物動態学などのバックグラウンドで理解することを目的とします。「医薬品化学1」では医薬品開発のプロセス、リード化合物の創製と最適化、生体分子のコアとパーツについて講義します。
●一般目標(GIO)
 生体分子の機能を理解するために、生体分子の基本構造とその化学的性質に関する基本的知識を修得する。ドラッグデザインの科学的な考え方を理解するために、標的分子との相互作用および基盤となるサイエンスに関する基本的知識を修得する。
授業の方法
教科書および配布プリントを用いて、講義形式で授業を行います。
●準備学習や授業に対する心構え
教科書、プリント、黒板を使って授業を行うので、整理する必要があります。主に復習を重点的に行って下さい。
●オフィス・アワー 
(月)〜(金)の随時、B棟6階 医薬品化学研究室に来て下さい。
成績評価法
定期試験の成績ならびに出席状況を総合して評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
『NEW医薬品化学』 日比野俐、夏苅英昭、廣田耕作 (編集) 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『創薬科学・医薬化学』 橘高敦史 (編集) 化学同人
『創薬科学』 石橋弘行 (編集) 廣川書店
『メディシナルケミストリー』 北川 勳、柴崎正勝、富岡 清 (監訳) 丸善
授業計画
項目 授業内容
1 医薬品化学とは 古典的な医薬品開発から理論的な創薬への歴史、医薬品開発を計画する際に考慮すべき因子、非臨床試験、臨床試験の目的と実施概要を説明できる
2 リード化合物の創製と最適化 医薬品開発の標的となる代表的な生体分子、医薬品と標的生体分子の相互作用、立体異性体と生物活性の関係について説明できる
3 リード化合物の創製と最適化 医薬品の構造とアゴニスト活性、アンタゴニスト活性との関係、およびスクリーニングの対象となる化合物の起源と代表的スクリーニング法を概説できる
4 リード化合物の創製と最適化 定量的構造活性相関、生物学的等価性の意義、薬物動態を考慮したドラッグデザインについて概説できる
5 リード化合物の創製と最適化 ヒトゲノムの構造と多様性、ゲノム創薬の流れを説明できる
6 生体分子・医薬品を化学で理解する タンパク質、糖類、糖タンパク質、核酸、膜脂質の基本構造と化学的性質を説明できる
7 生体分子・医薬品を化学で理解する 生体内に存在する代表的な複素環化合物、核酸塩基、補酵素の構造と機能、および生体内で機能する金属イオン、錯体、活性酸素、一酸化窒素の性質を説明できる
8 医薬品のコアとパーツ 医薬品のコア構造、医薬品に含まれる複素環化合物、および医薬品に含まれる官能基を分類し、効果と結びつけて説明できる
9 カテコールアミン カテコールアミンアナログの医薬品を列挙し、それらの化学構造を比較できる
10 アドレナリン作用薬 カテコールアミンアナログの医薬品を列挙し、それらの化学構造を比較できる
11 抗アドレナリン作用薬 カテコールアミンアナログの医薬品を列挙し、それらの化学構造を比較できる
12 コリン作用薬・抗コリン作用薬 アセチルコリンアナログの医薬品を列挙し、それらの化学構造を比較できる
13 局所麻酔薬、骨格筋弛緩薬 古典的な医薬品開発から理想的な創薬への歴史を説明できる
▲PAGE TOP

薬局方総論  [Introdaution to the Japanese Pharmacopoeia]

開講情報
4年次 前期 薬科学科:1.5単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 掛見 正郎 講師 岩永 一範 講師 芝野 真喜雄
講師 佐藤 卓史    
備考
授業の目的と概要
 近年の医薬品開発にはめざましいものがあり、医療に大きく貢献している。しかし、一方では重篤な副作用による深刻な有害作用も発生している。医薬品の有効性と安全性が保証されるためには、医薬品としての優良な品質が確保され、使用方法が適切であることが必要である。医薬品の品質はそれぞれに設定された規格と試験方法で保証され、適切な使用方法は臨床試験によって確立される。薬局方は医薬品の品質とその品質を試験する方法を定めた公定の規格書であり、世界の数十カ国において制定されている。このうち日本薬局方は薬事法第41条第1項の規定に基づき、「医療上重要であると一般的に認められている医薬品の性状及び品質についての基準」をわが国が定めた公定書である。現行の日本薬局方は、平成18年3月31日厚生労働省告示285号による「第15改正日本薬局方(The Japanese Pharmacopoeia Fifteenth Edition」である。日本薬局方は、その時点での学問・技術の進歩と医療需要に応じて、わが国の医薬品の品質を確保するために必要な公的基準を示すものであり、医薬品全般の品質を総合的に保証するための規格及び試験法の標準を示すとともに、医療上重要とされる医薬品の品質等に係る判断基準を明確にする役割を有している。したがって、医薬品の製造、販売、使用に当たって日本薬局方は最も基本となる公定書であって、薬剤師にとってこれを理解し、有効に活用することは極めて重要である。本講義では、まず「通則」で薬局方全体にかかわる規則、定義、適否の判定基準などを示し、「製剤総則」で製剤に関する一般的規則と個々の剤形についての定義、製法、基準などを講述する。ついで、「生薬総則」では生薬の一般的な扱いや定義及び生薬総則と生薬試験法の適用を受ける生薬の種類を示し、「一般試験法」では、収載医薬品に共通して用いられる試験法、医薬品の品質評価に有用な試験法、標準品、標準液、試薬・試液、用器などを講述する。また医薬品各条では、収載医薬品の規格、試験方法、貯法について具体的に学ばせる。このように薬剤師をはじめとした医療関係者には、ここに示した医薬品の品質の他に、薬効、適用方法、服薬指導、更にはその基礎をなす副作用、薬物動態、相互作用などについても最新の情報を得ておく必要があり、これら関連科目と総合的に学んでおくことが望ましい。
●一般目標(GIO)
(1)試料中に存在する物質の種類および濃度を正確に知るために、代表的な医薬品、その他の化学物質の定性・定量法を含む各種の分離分析法の基本的知識と技能を修得する。
(2)医薬品の用途に応じた適切な剤形を調製するために、製剤の種類、有効性、安全性、品質などに関する基本的知識と、調製を行う際の基本的技能を修得する。
(3)医薬品開発と生産の実際を理解するために、医薬品創製と製造の各プロセスに関する基本的知識を修得し、社会的重要性に目を向ける態度を身につける。
●到達目標(SBOs)
【定性試験】
1)代表的な無機イオンの定性反応を説明できる。
2)日本薬局方収載の代表的な医薬品の確認試験を列挙し、その内容を説明できる。
3)日本薬局方収載の代表的な医薬品の純度試験を列挙し、その内容を説明できる。
【定量の基礎】
1)実験値を用いた計算および統計処理ができる。(技能)
2)医薬品分析法のバリデーションについて説明できる。
3)日本薬局方収載の重量分析法の原理および操作法を説明できる。
4)日本薬局方収載の容量分析法について列挙できる。
5)日本薬局方収載の生物学的定量法の特徴を説明できる。
【容量分析】
1)中和滴定の原理、操作法および応用例を説明できる。
2)非水滴定の原理、操作法および応用例を説明できる。
3)キレート滴定の原理、操作法および応用例を説明できる。
4)沈殿滴定の原理、操作法および応用例を説明できる。
5)酸化還元滴定の原理、操作法および応用例を説明できる。
6)電気滴定(電位差滴定、電気伝導度滴定など)の原理、操作法および応用例を説明できる。
7)日本薬局方収載の代表的な医薬品の容量分析を実施できる。(技能)
【生薬の同定と品質評価】
1)日本薬局方の生薬総則および生薬試験法について説明できる。
2)代表的な生薬を鑑別できる。(技能)
3)代表的な生薬の確認試験を実施できる。(技能)
4)代表的な生薬の純度試験を実施できる。(技能)
5)生薬の同定と品質評価法について概説できる。
【代表的な製剤】
1)代表的な剤形の種類と特徴を説明できる。
2)代表的な固形製剤の種類と性質について説明できる。
3)代表的な半固形製剤の種類と性質について説明できる。
4)代表的な液状製剤の種類と性質について説明できる。
5)代表的な無菌製剤の種類と性質について説明できる。
6)エアゾール剤とその類似製剤について説明できる。
7)代表的な製剤添加物の種類と性質について説明できる。
8)代表的な製剤の有効性と安全性評価法について説明できる。
【製剤化】
1)製剤化の単位操作および汎用される製剤機械について説明できる。
2)単位操作を組み合わせて代表的製剤を調製できる。(技能)
3)汎用される容器、包装の種類や特徴について説明できる。
【製剤試験法】
1)日本薬局方の製剤に関連する試験法を列挙できる。
2)日本薬局方の製剤に関連する代表的な試験法を実施し、品質管理に適用できる。(技能)
授業の方法
講義
●準備学習や授業に対する心構え
●オフィス・アワー 
随時
成績評価法
試験
教科書
書名 著者名 出版社名
『第15改正日本薬局方解説書』 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『第16改正日本薬局方(改正原案)』 独立行政法人医薬品医療機器総合機構
授業計画
項目 授業内容
1 薬局方総論 医薬品開発における国際的ハーモナイゼーション(ICH)について概説できる。
具体的には、日本薬局方の成り立ちとその内容、世界の主要な薬局方(アメリカ薬局方、ヨーロッパ薬局方、国際薬局方など)、薬局方国際調和会議
2 通則 試料中に存在する物質の種類および濃度を正確に知るために、代表的な医薬品、その他の化学物質の定性・定量法を含む各種の分離分析法の基本的知識と技能を修得する。
具体的には、日本薬局方全体にかかわる規則、定義、適否の判定基準など
3 製剤総則(1) 代表的な剤形の種類と特徴を説明できる。
代表的な製剤添加物の種類と性質について説明できる。
代表的な製剤の有効性と安全性評価法について説明できる。
日本薬局方の製剤に関連する試験法を列挙できる。
日本薬局方の製剤に関連する代表的な試験法を実施し、品質管理に適用できる。(技能)
具体的には、製剤通則:製剤に関する一般的規則と個々の剤形についての定義、製法、基準などを解説する。
4 製剤総則(2) 代表的な固形製剤の種類と性質について説明できる。
代表的な半固形製剤の種類と性質について説明できる。
代表的な液状製剤の種類と性質について説明できる。
代表的な製剤添加物の種類と性質について説明できる。
代表的な製剤の有効性と安全性評価法について説明できる。
日本薬局方の製剤に関連する試験法を列挙できる。
日本薬局方の製剤に関連する代表的な試験法を実施し、品質管理に適用できる。(技能)
具体的には、製剤各論(錠剤などの固形製剤、軟膏剤などの半固形製剤とそれらに関連する製剤試験法)などを解説する。
5 製剤総則(3) 代表的な無菌製剤の種類と性質について説明できる。
代表的な製剤添加物の種類と性質について説明できる。
代表的な製剤の有効性と安全性評価法について説明できる。
日本薬局方の製剤に関連する試験法を列挙できる。
日本薬局方の製剤に関連する代表的な試験法を実施し、品質管理に適用できる。(技能)
具体的には、製剤各論(注射剤などの無菌製剤とそれらに関連する製剤試験法、滅菌法、無菌操作法、生物学的試験法/生化学的試験法/微生物学的試験法)などを解説する。
6 製剤総則(4) 代表的な製剤添加物の種類と性質について説明できる。
代表的な製剤の有効性と安全性評価法について説明できる。
日本薬局方の製剤に関連する試験法を列挙できる。
日本薬局方の製剤に関連する代表的な試験法を実施し、品質管理に適用できる。(技能)
具体的には、製剤各論(貼付剤を含む外用製剤とそれらに関連する製剤試験法)などを解説する。
7 製剤総則(5) 日本薬局方の製剤に関連する試験法を列挙できる。
日本薬局方の製剤に関連する代表的な試験法を実施し、品質管理に適用できる。(技能)
具体的には、製剤各論(その他製剤とそれらに関連する製剤試験法)などを解説する。
8 生薬総則 日本薬局方の生薬総則および生薬試験法について説明できる。
代表的な生薬を鑑別できる。(技能)
代表的な生薬の確認試験を実施できる。(技能)
代表的な生薬の純度試験を実施できる。(技能)
生薬の同定と品質評価法について概説できる。
具体的には、局方における生薬の一般的な取り扱い、定義、生薬試験法、生薬の微生物限度試験法を解説する。
9 一般試験法(1) 日本薬局方収載の代表的な医薬品の確認試験を列挙し、その内容を説明できる。
日本薬局方収載の代表的な医薬品の純度試験を列挙し、その内容を説明できる。
日本薬局方収載の重量分析法の原理および操作法を説明できる。
医薬品分析法のバリデーションについて説明できる。
具体的には、粉体物性測定法を解説する。
10 一般試験法(2) 汎用される容器、包装の種類や特徴について説明できる。
具体的には、容器・包装材料試験法を解説する。
11 一般試験法(3) 日本薬局方収載の容量分析法について列挙できる。
具体的には、特に化学的試験法(アルコール数測定法、ヒ素試験法、鉱油試験法など)を解説する。
12 一般試験法(4) 日本薬局方収載の代表的な医薬品の容量分析を実施できる。(技能)
具体的には、物理的試験法(1)クロマトグラフィーを解説する。
13 一般試験法(5) 日本薬局方収載の代表的な医薬品の容量分析を実施できる。(技能)
具体的には、物理的試験法(2)分光学的測定法を解説する。
14 一般試験法(6) 日本薬局方収載の代表的な医薬品の容量分析を実施できる。(技能)
具体的には、物理的試験法(3)その他を解説する。
▲PAGE TOP

薬事関連法・制度  [Pharmaceutical Affairs Law and Enforcement Regulations]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1.5単位 必修・薬科学科:1.5単位 必修
担当教員
准教授 恩田 光子    
備考
授業の目的と概要
薬剤師の倫理や責任について法的な側面から理解する。
薬剤師法や薬事法をはじめとする各種薬事関係法規の体系及び内容を理解する。
薬剤師の業務遂行に必要な関連法規の内容を修得する。
医療の基本法である医療法、その他医事関係法規について理解する。
●一般目標(GIO)
患者の権利を考慮し、責任をもって医療に参画できるようになるために、薬事法、薬剤師法などの医療および薬事関係法規、制度の精神とその施行に関する基本的知識を修得し、それらを遵守する態度を身につける。
授業の方法
テキストと適時配付するプリントに沿った講義を中心とし、国家試験対策を視野に入れた問題演習を行うことによって知識の整理を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
網羅すべき範囲に比べ、講義時間が限られているため、講義中に十分説明できなかった部分や確認しておくよう指示した事項については、教科書や資料を用いて自習に努めること。
●オフィス・アワー 
随時(B棟3階 臨床実践薬学第二研究室)
成績評価法
定期試験80%、平常点20%(出席状況および毎回の講義終了時に行う確認テスト)に基づいて評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『薬事法規・制度マニュアル(最新版)』 恩田光子 他 南山堂
『薬事衛生六法(学生版:最新版)』 薬事日報社
参考書
書名 著者名 出版社名
『わかりやすい薬事関係法規・制度』 恩田光子 他 廣川書店
授業計画
項目 授業内容
1 法・倫理・責任 @薬剤師の医療の担い手としての倫理的責任
A薬剤師に関連する法令の構成
B製造物責任法
C個人情報の保護に関する法律
2 薬剤師法
任務、免許、調剤業務に関する諸規定、罰則
3 薬事法(1)
法の目的、規制体系、規制対象物の定義等
4 薬事法(2) 薬局、医薬品販売業、医療機器販売業等に関する規定等
5 薬事法(3) 製造業・製造販売業等に関する規定
6 薬事法(4) 承認・再審査・再評価等に関する規定
7 薬事法(5) 品質基準、毒薬劇薬・表示、添付文書、広告等に関する規定
8 薬事法(6) 監督、雑則、刑罰等に関する規定
9 麻薬等の取締法(1) 麻薬及び向精神薬取締法の概説
10 麻薬等の取締法(2) @覚せい剤取締法の概説
A大麻取締法およびあへん法の概説
11 医療法 薬剤師に関わる医療法、その他医事関係法規の概説
12 毒物劇物取締法 @毒物、劇物、特定毒物の定義
A登録
B取扱責任者
C特定毒物に関する諸規定
D毒劇物の取扱いに関する規定(譲渡、交付、表示、廃棄、回収、運搬、他)
13 医薬品医療機器総合機構法 @副作用被害救済業務
A承認審査・安全対策・立入検査等の業務
▲PAGE TOP

薬理学4  [Pharmacology 4]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1.5単位 必修・薬科学科:1.5単位 選択
担当教員
講師 大喜多 守    
備考
授業の目的と概要
 各種疾患の治療において薬物療法は欠くことのできない手段である。薬理学とは医薬品の生体に及ぼす作用を調べる学問である。すなわち、医薬品の有効性、安全性、生体内動態などを幅広く理解することが要求される。本講義では、生化学、生理学(機能形態学)などの基礎知識と、「薬理学1、2、3」において習得した薬理学の基礎をふまえて、内分泌疾患・代謝性疾患治療薬および化学療法薬の作用機序について理解を深めることを目的とする。同時に各薬物に関する臨床的用途や有害作用についても学ぶ。
●一般目標(GIO)
 医薬品の作用する過程を理解するために、代表的な薬物の作用、作用機序、および体内での運命に関する基本的知識と態度を修得し、それらを応用する基本的技能を身につける。
授業の方法
主として教科書に沿って講義を進めるが、必要に応じてプリントを配布する。臨床的有用性の点で、より優れた新薬の開発が日進月歩のごとく行われていることから、そのような観点からの話題も随時提供する。
●準備学習や授業に対する心構え
習得すべき内容(薬物名・作用機序・臨床適応・副作用)が非常に多いため、不断の努力が必要である。
●オフィス・アワー
(月)〜(土)の午前9時より、B棟3階・病態分子薬理学第一研究室(講義・実習・会議・出張等で不在の場合を除く)
成績評価法
原則として定期試験の成績により評価する。なお、定期試験では講義出席の状況も加味する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『NEW薬理学 (改訂第5版)』 田中千賀子、加藤隆一 他 南江堂
参考書
書名 著者名 出版社名
『疾患別薬理学 (第4版)』 赤池昭紀、岡本 博 他 廣川書店
授業計画
項目 授業内容
1 内分泌疾患に対する治療薬 (1) 視床下部・脳下垂体ホルモンの生理・薬理作用および臨床適用について説明できる。
2 内分泌疾患に対する治療薬 (2) 抗利尿ホルモンの生理・薬理作用、代表的な尿崩症治療薬の作用機序と主な副作用について説明できる。
3 内分泌疾患に対する治療薬 (3) 甲状腺ホルモンの生理・薬理作用、代表的な甲状腺機能異常症治療薬の作用機序と主な副作用について説明できる。
4 内分泌疾患に対する治療薬 (4) 副腎皮質および髄質ホルモンの生理・薬理作用、臨床適用、副作用ついて説明できる。
5 内分泌疾患に対する治療薬 (5) 性ホルモンの生理・薬理作用、臨床適用、副作用ついて説明できる。
6 内分泌疾患に対する治療薬 (6) 膵臓ホルモンの生理作用および血糖調節機構について説明できる。
7 代謝性疾患に対する治療薬 (1) 代表的な糖尿病治療薬を挙げ、作用機序と主な副作用について説明できる。
8 代謝性疾患に対する治療薬 (2) 代表的な脂質異常症治療薬を挙げ、作用機序と主な副作用について説明できる。
9 代謝性疾患に対する治療薬 (3) 代表的な高尿酸血症・痛風治療薬を挙げ、作用機序と主な副作用について説明できる。
10 代謝性疾患に対する治療薬 (4) カルシウム代謝調節・骨代謝に関連する代表的な治療薬を挙げ、作用機序と主な副作用について説明できる。
11 化学療法薬 (1) 代表的な抗菌薬および抗原虫・寄生虫薬を挙げ、作用機序と主な副作用について説明できる。
12 化学療法薬 (2) 代表的な抗真菌薬および抗ウィルス薬を挙げ、作用機序と主な副作用について説明できる。
13 化学療法薬 (3) 代表的な抗悪性腫瘍薬を挙げ、作用機序と主な副作用について説明できる。
▲PAGE TOP

薬物動態学3  [Biopharmaceutics and Relevant Pharmacokinetics 3]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1.5単位 必修・薬科学科:1.5単位 選択
担当教員
教授 掛見 正郎    
備考
授業の目的と概要
 投与された医薬品は吸収、分布、代謝、排泄を受けながら、最終的に薬理効果・治療効果を発揮するが、これらの過程は一つ一つ完結しながら進行するのではなく、同時並行的に進行する。また標的臓器(Target Organ)中の濃度も時々刻々変化する中で、薬理効果・治療効果が発揮され、そして消失してゆく。このように、医薬品を患者に投与した後の薬物の生体内動態や、薬理効果・治療効果の消長は、時間の経過の中で「時間の関数」として取り扱う必要があり、これには速度論の概念を導入しなければならない。医薬品の吸収、分布、代謝、排泄を速度論的に取り扱い、その解析及び予測を行う領域を薬動学(pharmacokinetics:PK)という。さて、医薬品の生体内動態を速度論的に解析した最初の報告は、T.Teorelの一連の研究といわれており、今から実に70年も前のことである。これらの数式的な取り扱いを含め教科書として初めて纏めたのが F.H.Dost  である。また、現在でも繁用されている繰り返し投与や投与計画の理論は、E.Kruger-Thiemer の一連の研究に由来し、医薬品の吸収に関する速度論的取り扱いは、E.Nelson の研究に依っている。このように、現在コンパートメントモデルを含む「古典的な薬動学」といわれる領域のほぼ全ての理論は、1960年代初めには完成されおり、これらを集大成し教科書として纏めたのがM.GibaldiとD.Perrier  である。Gibaldiらのこの教科書は世界的に最も評価され、多くの国で使用されてきた。現在でもこれを超える教科書は出現していないとも言われており、「薬物動態学3」もこの教科書を参考にして、進めて行きたいと考えている。
 薬動学は、人あるいは実験動物に医薬品を投与後、(1)血液中、尿中、体液中、排泄物中、組織中などの薬物濃度の時間的推移を測定し、(2)それらのデータを合理的に解釈できる実験的仮説を導き、(3)この仮説を用いて臨床データの予測を行い、最終的に、安全で合理的な薬物投与計画を作成することを目的としている。例えば、医薬品を患者に投与後の血漿中濃度を解析する場合、まず行うことは血漿中濃度データを普通グラフと片対数グラフにプロットすることである。この片対数プロットの終わりの直線部分、これをターミナルフェーズというが、これから傾き(Slope)を、普通グラフのプロットから最高血漿中濃度の高さ(Height)と血漿中濃度−時間曲線の占める面積(Area)を、そしてこれらを複合してモーメント(Moment)を算出する。これらの手順は、その頭文字をとって、SHAM分析(SHAM Analysis)と呼ぶ。「傾き」は薬物の生体からの消失する速さを、「高さ」は薬効強度の強さを、「面積」は薬物の吸収総量を、「モーメント」は薬物の生体内動態全体を表している。したがって、SHAM分析は、薬物の生体内動態の概略を迅速に掴むことができるので、すべての薬動学解析の基本である。このSHAM分析を行ったのち、(2)の薬動学的解析に取り掛かるが、目的に応じて3つの解析法、すなわち、コンパートメントモデル解析法(Compartment Model Analysis)、生理学的モデル解析法(Physiological Model Analysis)、そして非モデル解析法(Model Independent Analysis)が用いられる。薬物動態学3もこの3つの方法を順に紹介したいと考えている。しかし、ここでどのような解析法が使われたとしても、要は(3)の過程が最も重要であって、安全で合理的な薬物投与計画を作成することが最終目的であることを忘れてはならない。
●一般目標(GIO)
(1)薬効や副作用を体内の薬物動態から定量的に理解できるようになるために、薬物動態の理論的解析に関する基本的知識と技能を修得する。
(2)作用部位に達した薬物の量と作用により薬効が決まることを理解するために、薬物の生体内における動きと作用に関する基本的知識、技能、態度を修得する。
(3)薬物治療に必要な情報を医療チームおよび患者に提供するために、医薬品情報ならびに患者から得られる情報の収集、評価、加工などに関する基本的知識を修得し、それらを活用するための基本的技能と態度を身につける。
(4)個々の患者に応じた投与計画を立案できるようになるために、薬物治療の個別化に関する基本的知識と技能を修得する。
●到達目標(SBOs)
【薬動学】
1)薬物動態に関わる代表的なパラメーターを列挙し、概説できる。
2)薬物の生物学的利用能の意味とその計算法を説明できる。
3)線形1-コンパートメントモデルを説明し、これに基づいた計算ができる。(知識・技能)
4)線形2-コンパートメントモデルを説明し、これに基づいた計算ができる。(知識・技能)
5)線形コンパートメントモデルと非線形コンパートメントモデルの違いを説明できる。
6)生物学的半減期を説明し、計算できる。(知識・技能)
7)全身クリアランスについて説明し、計算できる。(知識・技能)
8)非線形性の薬物動態について具体例を挙げて説明できる。
9)モデルによらない薬物動態の解析法を列挙し説明できる。
10)薬物の肝および腎クリアランス、肝固有クリアランスの計算ができる。(技能)
11)点滴静注の血中濃度計算ができる。(技能)
12)連続投与における血中濃度計算ができる。(技能)
【TDM (Therapeutic Drug Monitoring)】
1)治療的薬物モニタリング(TDM)の意義を説明できる。
2)TDMが必要とされる代表的な薬物を列挙できる。
3)薬物血中濃度の代表的な測定法を実施できる。(技能)
4)至適血中濃度を維持するための投与計画について、薬動学的パラメーターを用いて説明できる。
5)代表的な薬物についてモデルデータから投与計画をシミュレートできる。(技能)
【遺伝的素因】
1)薬物の作用発現に及ぼす代表的な遺伝的素因について、例を挙げて説明できる。
2)薬物動態に影響する代表的な遺伝的素因について、例を挙げて説明できる。
3)遺伝的素因を考慮した薬物治療について、例を挙げて説明できる。
【投与計画】
1)患者固有の薬動学的パラメーターを用いて投与設計ができる。(知識・技能)
2)ポピュレーションファーマコキネティクスの概念と応用について概説できる。
3)薬動力学的パラメーターを用いて投与設計ができる。(知識・技能)
4)薬物作用の日内変動を考慮した用法について概説できる。
授業の方法
●準備学習や授業に対する心構え

●オフィス・アワー 
随時
成績評価法
筆記試験
教科書
書名 著者名 出版社名
『広義 薬物動態学』 掛見正郎 (編) 京都廣川書店
授業計画
項目 授業内容
1 薬動学概説 薬効や副作用を体内の薬物動態から定量的に理解できるようになるために、薬物動態の理論的解析に関する基本的知識と技能を修得する。
具体的には、薬物動態に関わる代表的なパラメータなどについて解説する。また、コンパートメントモデル解析法(Compartment Model Analysis)、生理学的モデル解析法(Physiological Model Analysis)、非モデル解析法(Model Independent Analysis)の概略について説明し、安全で合理的な薬物療法を行うためには、このような薬動学的解析が必須であることを体得させる。
2 線形1−コンパートメントモデル解析(1) 線形1-コンパートメントモデルを説明し、これに基づいた計算ができる。(知識・技能)
生物学的半減期を説明し、計算できる。(知識・技能)全身クリアランスについて説明し、計算できる。(知識・技能)
具体的には、静脈内bolus投与後の血漿中濃度を片対数グラフ、普通グラフにプロットし、SHAM分析から、全身クリアランス、消失速度定数、分布容積、血漿中濃度下面積などの計算法を習得する。
3 線形1−コンパートメントモデル解析(2) 線形1-コンパートメントモデルを説明し、これに基づいた計算ができる。(知識・技能)
生物学的半減期を説明し、計算できる。(知識・技能)
薬物の肝および腎クリアランスの計算ができる。(技能)
具体的には、静脈内bolus投与後の尿中排泄データを普通グラフに、尿中排泄速度を片対数グラフにそれぞれプロットし、SHAM分析から、腎クリアランス、消失速度定数、生物学的半減期などの計算法を習得する。
4 線形1−コンパートメントモデル解析(3) 線形1-コンパートメントモデルを説明し、これに基づいた計算ができる。(知識・技能)
具体的には、経口投与後の血漿中濃度と尿中排泄データを用いて、逐次傾斜法、log rate プロット法、シグママイナスプロット法などから、生物学的利用能、吸収速度定数、最高血漿中濃度(Cmax)、最高血漿中濃度に到達する時間(tmax)などの計算法を習得する。絶対的バイオアベイラビリティと相対的速度的バイオアベイラビリティ。速度的バイオアベイラビリティ(RBA)と量的バイオアベイラビリティ(EBA)
5 線形1−コンパートメントモデル解析(4) 線形1-コンパートメントモデルを説明し、これに基づいた計算ができる。(知識・技能)
点滴静注の血中濃度計算ができる。(技能)
具体的には、連続定速静注(constant infusion:点滴静注)を行った後の、血漿中濃度、尿中排泄データの取り扱い、定常状態(steady-state)での血漿中濃度、初回投与量などの計算法を習得する。
6 線形2−コンパートメントモデル解析(1) 線形2-コンパートメントモデルを説明し、これに基づいた計算ができる。(知識・技能)
具体的には、静脈内bolus投与後の血漿中濃度(セントラルコンパートメント)、組織コンパートメント濃度、尿中排泄の解析法を習得する。分布容積(Vss,Vβ、Vc)全身クリアランス、腎クリアランス、分布クリアランス、分布相、消失相、逐次傾斜法、ハイブリッド定数、マイクロ定数。
7 線形2−コンパートメントモデル解析(2) 線形2-コンパートメントモデルを説明し、これに基づいた計算ができる。(知識・技能)
具体的には、経口投与あるいは点滴静注後の血漿中濃度、尿中排泄の取り扱い。
8 非線形コンパートメントモデル解析 非線形性の薬物動態について具体例を挙げて説明できる。
線形コンパートメントモデルと非線形コンパートメントモデルの違いを説明できる。
具体的には、静脈内bolus投与後の血漿中濃度のグラフによる解析法の習得。投与量と血漿中濃度との関係、投与量と血漿中濃度下面積との関係。フェニトインなどの非線形性を持つ医薬品の取り扱い。
9 繰り返し投与と最適投与計画(1) 連続投与における血中濃度計算ができる。(技能)
具体的には、静脈内bolus投与を繰り返した場合の、定常状態血漿中濃度(Css)、平均血漿中濃度(Cav)、投与間隔(τ)、蓄積率(R)、初回投与量(DL)と維持投与量(D)、投与計画、最小有効濃度
10 繰り返し投与と最適投与計画(2) 連続投与における血中濃度計算ができる。(技能)
具体的には、経口投与を繰り返した場合の、定常状態血漿中濃度(Css)、平均血漿中濃度(Cav)、投与間隔(τ)、蓄積率(R)、初回投与量(DL)と維持投与量(D)、投与計画、最小有効濃度
11 モーメント解析法、Wagner-Nelson法、デコンボリューション モデルによらない薬物動態の解析法を列挙し説明できる。
具体的には、平均滞留時間(MRT)、平均滞留時間の分散(VRT)、全身クリアランス(CL)、血漿中濃度下面積(AUC)、0次モーメント、1次モーメント、2次モーメント。Convolution integral、Laplace transformation
12 クリアランスの概念と生理学的モデル解析法 薬物の肝および腎クリアランスの計算ができる。(技能)
具体的には、臓器クリアランス、固有クリアランス、抽出率、アベイラビリティ、肝初回通過効果、ウエルスタードモデル、パラレルチューブモデル、ディスパーションモデル、ディストリビューテッドモデル
13 薬動学の応用(1) 治療的薬物モニタリング(TDM)の意義を説明できる。
TDMが必要とされる代表的な薬物を列挙できる。
薬物血中濃度の代表的な測定法を実施できる。(技能)
至適血中濃度を維持するための投与計画について、薬動学的パラメーターを用いて説明できる。
代表的な薬物についてモデルデータから投与計画をシミュレートできる。(技能)
14 薬動学の応用(2) 患者固有の薬動学的パラメーターを用いて投与設計ができる。(知識・技能)
薬動力学的パラメーターを用いて投与設計ができる。(知識・技能)
15 補講:微分方程式の解法入門 線形微分方程式、ラプラス変換、ラプラス逆変換、ラプラス変換対、部分分数への展開、ヘビサイドの展開定理、モーメントとラプラス変換
▲PAGE TOP

薬物治療学1  [Clinical Pharmacology and Therapeutics 1]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1.5単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 田中 一彦 教授 松村 人志 准教授 井尻 好雄
備考
授業の目的と概要
 病態時における各疾病における基礎知識を理解し、その上で各疾病に対する治療薬物およびその使用上の注意に関する知識を身に付けることを主眼とする。「薬の向こうにヒトがいる」ことを認識できるようにする。
●一般目標(GIO)
 疾病に伴う症状と臨床検査値の変化など的確な患者情報を収得し、患者個々また患者特性(新生児、小児、高齢者、妊婦等)に応じた薬の選択、用法・用量の設定および代表的医薬品の効能・効果、警告・禁忌・副作用、相互作用等を考慮した適正な薬物治療に参画できるようになるために、薬物治療に関する基本的知識と技能を習得することを目的とする。また、疑義照会の流れについても理解できることを目的とする。
授業の方法
教科書・プリント・スライドを用いて、主に質問形式で授業を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
予習・復習を行うと共に、授業中に理解し、考える力を身に付けることを心構える。
●オフィス・アワー
月〜金 16:30-17:30、B棟2階臨床薬剤学研究室・薬物治療学研究室。
成績評価法
定期試験の成績、小テスト、授業の出席状況と授業への貢献度等を総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『最新薬物治療学』 赤池昭紀,石井邦雄,越前宏俊,金子周司 (編集) 廣川書店
『病気の地図帳(新版)』 山口和克 (監修) 講談社
参考書
書名 著者名 出版社名
『実践処方例とその解説』 田中一彦,井尻好雄,荒川行生 (監修) じほう
授業計画
項目 授業内容
1 1-1 総論 その1 検査値の異常から推測される主な疾病を挙げることができる
病態と臨床検査
2 1-2 中枢系-1 その1 てんかん・パーキンソン病・アルツハイマー病等の代表的な疾患の病態生理を説明できる
3 1-2 中枢系-1 その2 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(1)
4 1-2 中枢系-1 その3 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(2)
5 1-3 中枢系-2 その1 総合失調症・うつ病・躁うつ病等の代表的な疾患の病態生理を説明できる
6 1-3 中枢系-2 その2 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(1)
7 1-3 中枢系-2 その3 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(2)
8 1-4 心臓・血管系 その1 不整脈・心不全・高血圧等の代表的な疾患の病態生理を説明できる
9 1-4 心臓・血管系 その2 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(1)
10 1-4 心臓・血管系 その3 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(2)
11 1-5 炎症・免疫 その1 炎症・アナフィラキシーショック・全身性エリテマトーデス等の代表的な疾患の病態生理を説明できる
12 1-5 炎症・免疫 その2 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(1)
13 1-5 炎症・免疫 その3 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(2)
▲PAGE TOP

医療薬剤学2  [Clinical Pharmaceutics 2]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1.5単位 必修・薬科学科:1.5単位 選択
担当教員
講師 西野 隆雄    
備考
授業の目的と概要
 「医療薬剤学2」では、患者本位の良質な医療を提供するための薬剤師職務に必要な基本的知識、技能、態度を修得することを目的とする。薬剤師に認められている専権行為として調剤がある。「医療薬剤学2」において、医療における薬剤師職務を理解し、処方せんに従って、個々の患者にあった有効かつ安全な医薬品の調製と投与に関する行為である調剤について講義を行う。
●一般目標(GIO)
 医療に参画できるようになるために、調剤および製剤、服薬指導などの薬剤師職務、特に処方せん授受から服薬指導に必要な基本的知識、技能、態度を修得する。
●到達目標(SBOs)
 1.医療における調剤、薬剤師の役割について説明できる。
 2.調剤の流れを説明できる。
 3.処方せんについて説明できる。
 4.調剤に関連する法令を列挙できる。
 5.調剤に必要な医薬品情報を説明できる。
 6.代表的な医薬品の用法・用量および投与計画について説明できる。
 7.患者に適した剤形を選択できる。
 8.処方せん鑑査と不適切な処方せんの疑義照会の意義について説明できる。
 9.剤形に応じた調剤方法を選択できる。
10.患者の基本的権利、インフォームド・コンセントなどについて説明できる。
11.患者情報と薬歴管理の注意点を列挙できる。
12.患者接遇、服薬指導の注意点を列挙できる。
13.調剤上の危険因子とその対策を列挙できる。
授業の方法
教科書、プリントを主として用い、Power Point を補足的に使用して講義を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
医療現場に直接関連した科目であることを認識して受講していただきたい。
●オフィス・アワー 
時間:随時  場所:臨床薬学実務教育研究室(B棟1階)、調剤実習関連実習室(C棟3階)
成績評価法
定期試験の成績を基に評価することを基本とし、レポート、出席等を加味して総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『第十二改訂 調剤指針 増補版』 日本薬剤師会(編) 薬事日報社
『わかりやすい調剤学 第6版』 岩川精吾 他(編) 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『薬学生・薬剤師のための医薬品選600』 日本薬学会(編) じほう
『第十五改正日本薬局方解説書』 日本薬局方解説書編集委員会(編) 廣川書店
『調剤学総論 第9版』 堀岡正義 南山堂
授業計画
項目 授業内容
1 序論 調剤学概説 1.医療における調剤、薬剤師の役割について説明できる。
2.調剤の流れを説明できる。
2 総論(1)処方と処方せん
     調剤に関する法令
3.処方せんについて説明できる。
4.調剤に関連する法令を列挙できる。
3 総論(2)調剤と医薬品情報 5.調剤に必要な医薬品情報を説明できる。
4 各論(1)処方鑑査、疑義照会 6.代表的な医薬品の用法・用量および投与計画について説明できる。
7.患者に適した剤形を選択できる。
8.処方せん鑑査と不適切な処方せんの疑義照会の意義について説明できる。
5 各論(2)内服薬の調剤1 9.剤形に応じた調剤方法を選択できる。(固形内用剤)
6 各論(3)内服薬の調剤2 9.剤形に応じた調剤方法を選択できる。(内用液剤)
7 各論(4)外用薬の調剤1 9.剤形に応じた調剤方法を選択できる。(軟膏剤等)
8 各論(5)外用薬の調剤2 9.剤形に応じた調剤方法を選択できる。(吸入剤等)
9 各論(6)無菌製剤の調剤1 9.剤形に応じた調剤方法を選択できる。(点眼剤等)
10 各論(7)無菌製剤の調剤2 9.剤形に応じた調剤方法を選択できる。(注射剤)
11 各論(7)薬剤服用歴の管理 10.患者の基本的権利、インフォームド・コンセントなどについて説明できる。
11.患者情報と薬歴管理の注意点を列挙できる。
12 各論(8)医薬品情報提供と服薬指導
12.患者接遇、服薬指導の注意点を列挙できる。
13 各論(9)医薬品管理、調剤事故と防止対策 13.調剤上の危険因子とその対策を列挙できる。
▲PAGE TOP

社会薬学2  [Social Pharmacy 2]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1.5単位 必修・薬科学科:1.5単位 選択
担当教員
講師 西野 隆雄    
備考
授業の目的と概要
 社会において薬剤師が果たすべき責任、義務等を正しく理解できるようになるために、薬学を取り巻く法律、制度および経済に関する基本的知識を修得することを目的とする。特に、本講義では、公平で質の高い医療を受ける患者の権利を保障するしくみを理解するために、社会保障制度と薬剤経済の基本的知識を修得するための講義を行う。
●一般目標(GIO)
 公平で質の高い医療を受ける患者の権利を保障するしくみを理解するために、社会保障制度と薬剤経済の基本的知識を修得する。
●到達目標(SBOs)
○社会保障制度
1.日本における社会保障制度のしくみを説明できる。
2.社会保障制度の中での医療保険制度の役割を概説できる。
3.介護保険制度のしくみを説明できる。
4.高齢者医療制度のしくみを説明できる。
○医療保険
5.医療保険の成り立ちと現状を説明できる。
6.医療保険のしくみを説明できる。
7.医療保険の種類を列挙できる。
8.国民の福祉健康における医療保険の貢献と問題点について概説できる。
○薬剤経済
9.国民医療費の動向を概説できる。
10.保険医療と薬価制度の関係を概説できる。
11.診療報酬と薬価基準について説明できる。
12.医療費の内訳を概説できる。
授業の方法
講義
教科書、プリントを主として用い、Power Point を補足的に使用して講義を行う。 
●準備学習や授業に対する心構え
最近の日本における医療制度は、大きな変革期にあり、常に新聞等の関連ニュースに目を向けて受講していただきたい。
●オフィスアワー
時間:随時  場所:臨床薬学実務教育研究室(B棟1階)、調剤実習関連実習室(C棟3階)
成績評価法
定期試験の成績を基に評価することを基本とし、レポート、出席等を加味して総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『薬学と社会 第2版』 日本薬学会 (編) 東京化学同人
参考書
書名 著者名 出版社名
『薬事ハンドブック 2010』 じほう (編) じほう
『国民衛生の動向2009年』 厚生統計協会(編) 厚生統計協会
『知っておきたい医薬品業界のルール』 医薬教育研究会(編) じほう
『これからの社会薬学』 福島紀子、早瀬幸俊、宮本法子(編) 南江堂
授業計画
項目 授業内容
1 薬剤師を取巻く法律と制度 1.日本における社会保障制度のしくみを説明できる
2 社会保障制度 1.日本における社会保障制度のしくみを説明できる
3 医療保険の成り立ちと現状 2.社会保障制度の中での医療保険制度の役割を概説できる
5.医療保険の成り立ちと現状を説明できる
4 医療保険のしくみ 2.社会保障制度の中での医療保険制度の役割を概説できる
6.医療保険のしくみを説明できる
7.医療保険の種類を列挙できる
5 高齢者医療保険制度 4.高齢者医療制度医療保険のしくみを説明できる
6 医療現場における医療保険制度の実際と問題点1 8.国民の福祉健康における医療保険の問題点について概説できる
7 介護保険制度 3.介護保険制度のしくみを説明できる
8 医療現場における介護保険制度の実際と問題点 3.介護保険制度のしくみを説明できる
9 国民医療費 9.国民医療費の動向を概説できる
10 薬価制度 10.保険医療と薬価制度の関係を概説できる
11 診療報酬 11.診療報酬と薬価基準について説明できる
12 調剤報酬 11.診療報酬と薬価基準について説明できる
12.医療費の内訳を概説できる。
13 医療現場における医療保険制度の実際2 5.医療保険の成り立ちと現状を説明できる
6.医療保険のしくみを説明できる
7.医療保険の種類を列挙できる
8.国民の福祉健康における医療保険の問題点について概説できる
▲PAGE TOP

医療情報学  [Clinical Informatics]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1.5単位 必修
担当教員
非常勤講師 松村 泰志    
備考
授業の目的と概要
 医療の中でのコンピュータ利用の範囲は急速に広がっている。薬剤師の仕事は、診療情報や医薬品情報の伝送、検索、処理に関わる部分が大きく、コンピュータを利用する機会は多い。その範囲は、今後更に広がると思われる。本科目では、コンピュータシステムの基本を理解した上で、薬剤に関わる部分を中心に、現状のシステム、将来の可能性について学習する。こうしたシステムが扱う診療情報、医薬品情報について、その内容、記録の方法、利用の方法を学習する。加えて、情報処理における言葉、コードの問題について理解する。また、医療情報を扱う上でのリスク、守るべきルールなど、実務上の必須知識を習得する。
●一般目標(GIO)
 薬剤を中心とした医療情報システムの現状と、将来の可能性を理解する。こうしたシステムで扱う診療情報、医薬品情報について、情報の内容、記録方法、利用方法を理解する。更に、医療情報倫理を理解し、守るべきルールを習得する。
授業の方法
講義形式で行い、スライドと配布資料を利用する。
●準備学習や授業に対する心構え
準備学習は必要でないが、興味を持って、この新しい領域について学習していただきたい。個々の細部を記憶しようとするのではなく、個々の事例から一般化して理解し、様々な応用を自分でイメージできる能力を身につけていただきたい。
●オフィス・アワー
原則的には授業終了後。
成績評価法
定期試験ならびに出席状況を総合して評価する。
参考書
書名 著者名 出版社名
『医療情報サブノート』 日本医療情報学会医療情報技師育成部会 (編集) 篠原出版
『医療情報−医療情報システム編』 日本医療情報学会医療情報技師育成部会 (編集) 篠原出版
『医療情報−医学医療編』 日本医療情報学会医療情報技師育成部会 (編集) 篠原出版
『医療情報−情報処理技術編』 日本医療情報学会医療情報技師育成部会 (編集) 篠原出版
『医療情報システム実践シリーズ1−注射に関するシステムの現状と課題』 日本医療情報学会医療情報技師育成部会 (監修)、松村泰志 (編集) 篠原出版
授業計画
項目 授業内容
1 医療におけるコンピュータの利用の概要 医療の中でのコンピュータ利用の歴史
医療におけるコンピュータシステムの利用の現状
2 情報処理技術基礎
−コンピュータの仕組み−
情報処理技術の基礎
コンピュータの基本構成
ソフトウェア
3 情報処理技術基礎
−ネットワーク−
ネットワーク技術の基礎
4 情報処理技術基礎
−データベース−
データベースの目的
リレーショナルデータベースの構造
データベースの利用
5 病院情報システムの機能の概要 オーダエントリシステム、電子カルテシステム
部門システム、医事会計システム、その他
6 処方に関するシステム 処方オーダ、与薬指示、服薬記録の仕組み
薬剤部門システム
7 注射に関するシステム 注射オーダ、注射指示、注射薬の搬送の運用、
投与記録
8 データ分析のための仕組みと薬剤疫学への応用 データウェアハウスの目的、扱われる情報
データウェアハウスの薬剤疫学への利用
後向きコホート研究
9 システムによる処方監査 臨床意思決定支援システム(CDSS)の目的
CDSSの仕組み
CDSSの可能性と課題
10 診療録と電子カルテ 診療録情報の内容
Problem Oriented Medical Record
診療情報の電子保存のための条件
電子カルテの利点と問題点
現状の電子カルテの機能
11 医薬品情報 医薬品情報の内容、情報源
添付文書情報の内容
添付文書情報の検索システム
12 コンピュータで言葉を処理するための方法 −コード化、シソーラス、オントロジー− コンピュータで言葉を処理するための方法
医薬品コード
シソーラスの概念、オントロジーの概念
MeSH、MedDRA
13 医療情報倫理とシステムの安全管理 プライバシーの概念
個人情報保護法
システムのリスクと安全管理
14 臨床研究とEBM EBMの概念
臨床研究の方法
メタアナリシス
臨床研究結果の検索方法
▲PAGE TOP

臨床生理学  [Clinical Physiology]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1単位 選択・薬科学科:1単位 選択(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 非常勤講師 藤岡 重和 非常勤講師 和田 晋一  
備考
授業の目的と概要
 生体からの生理機能情報を収集するための理論と実際について解説します。また、計測技術演習や症例提示を行い、検査結果の解析と評価について学習します。
●一般目標(GIO)
 各検査領域において、その臨床的意義、生体情報を収集する技術、結果の解析、評価法を習得することを目標とします。
授業の方法
教科書と配付資料を中心に授業を行います。適宜、ビデオ・DVD・CDなどの教材による解説とパワーポイントを用いた症例提示を行います。
●準備学習や授業に対する心構え
生理機能検査学を習得するには、主要器官の構造と機能を理解しておく必要があります。授業の前に復習しておいて下さい。
●オフィスアワー
時間:講義終了後の1時間、場所:講義室
成績評価法
定期試験90%、平常点10%(レポートなど)
教科書
書名 著者名 出版社名
『臨床検査学講座 生理機能検査学(第2版)』 大久保善朗 他 医歯薬出版
参考書
書名 著者名 出版社名
『臨床検査技術学 生理検査学・画像検査学(第3版)』 清水加代子 他 医学書院
授業計画
項目 授業内容
1 臨床生理学の総論 生理検査の目的と業務範囲を説明できる。検査の注意事項を説明できる。
2 循環器系の検査
(1)心電図
心電図検査の臨床的意義、原理・装置、検査方法、検査結果を説明できる。
3 循環器系の検査
(2)ホルター心電図
  負荷心電図
ホルター心電図検査、負荷心電図検査の臨床的意義、原理・装置、検査方法、検査結果を説明できる。
4 循環器系の検査
(3)心音図
心音図検査の臨床的意義、原理・装置、検査方法、検査結果を説明できる。
5 循環器系の検査
(4)脈波、自動連続血圧計
脈波検査、自動連続血圧計の臨床的意義、原理・装置、検査方法、検査結果を説明できる。
6 神経・筋系の検査
(1)脳波
脳波検査の臨床的意義、原理・装置、検査方法、検査結果を説明できる。
7 神経・筋系の検査
(2)筋電図
筋電図検査の臨床的意義、原理・装置、検査方法、検査結果を説明できる。
8 呼吸器系の検査
(1)呼吸機能検査
呼吸機能検査の臨床的意義、原理・装置、検査方法、検査結果を説明できる。
9 呼吸器系の検査
(2)血液ガスと酸塩基平衡
血液ガス検査の臨床的意義、原理・装置、検査方法、検査結果を説明できる。
10 超音波検査
(1)超音波検査法の基礎
超音波の性質と超音波装置の構造と操作法を説明できる。
11 超音波検査
(2)心臓の超音波検査
心臓の正常像と代表的な異常像を説明し、結果を解釈できる。
12 超音波検査
(3)腹部臓器の超音波検査
腹部臓器の正常像と代表的な異常像を説明し、結果を解釈できる。
13 まとめと演習 臨床検査技師国家試験問題を用いて演習と解説を行います
▲PAGE TOP

医用工学概論  [Introduction to Medical Engineering]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1単位 選択・薬科学科:1単位 選択
担当教員
非常勤講師 藤原 英明    
備考
授業の目的と概要
 臨床検査技師国家試験受験資格科目を兼ねた選択科目であり、臨床検査領域における理工学的計測技術を中心に講義します。生体分析・生体計測・機器分析の基本は共通なので、薬学で利用される機器を幅広く理解するためにも役立つことを目的とします。
●一般目標(GIO)
 臨床検査領域における理工学的計測技術の基本を習得する。
授業の方法
基本的には、教科書を指定し、それに準じて講義を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
予習・復習は必要としないが、講義の間に感じた疑問は、その場か講義終了後に質問して解決しておく。
●オフィス・アワー
毎回、講義終了後の1時間 
成績評価法
出席状況と試験により評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『臨床検査学講座 医用工学概論』 嶋津秀明 他 医歯薬出版
参考書
書名 著者名 出版社名
『臨床検査技術学』 田頭 功 他 医学書院
授業計画
項目 授業内容
1 医用工学概論 臨床検査における医用理工学の役割、および臨床検査支援技術の背景・概要が説明できる。
2 医用電子技術(1)
電気・電子素子の基礎
電荷と電場、電流と磁場、直流・交流回路、能動素子などについて説明できる。
3 医用電子技術(2)
電子回路(増幅、電源)
増幅器、電源回路その他について説明できる。
4 医用電子技術(3)
電子回路(記録・表示)
データの記録・表示装置について説明できる。
5 生体からの情報収集(1)
生体の生理的・物理的性質
生体の電気・機械的性質や、超音波・熱・光・磁気・電磁波に対する性質が説明できる。
6 生体からの情報収集(2)
電極を用いる検査機器
種々の電極およびそれを用いる検査機器について説明できる。
7 生体からの情報収集(3)
変換器を用いる検査機器
種々の変換器(トランスデューサ)およびそれを用いる検査機器について説明できる。
8 生体からの情報収集(4)
画像診断装置(MRI、超音波)
画像診断装置として、MRIと超音波装置の基本原理と応用特性について説明できる。
9 生体からの情報収集(5)
画像診断装置(CT、核医学)
画像診断装置として、X線CT装置や核医学装置について、基本原理と応用特性を説明できる。
10 基本的な電子計測機器の取扱い 種々の基本的な電子計測機器について、実験方法や実験上の特性などを説明できる。
11 安全対策(1)
安全対策の基本
種々の医療機器の安全についての基本的考えが説明できる。
12 安全対策(2)
安全性の測定とシステム安全
種々の医療機器の安全性の試験方法やシステム的な安全性を説明できる。
13 まとめ 各項目の説明ができることを、試験などで確認する。
▲PAGE TOP

薬剤学実習  [Practice in Pharmaceutics]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1単位 必修・薬科学科:1単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 掛見 正郎 講師 岩永 一範 講師 宮崎 誠
備考
授業の目的と概要
 化学合成技術を駆使し、あるいは様々な医薬資源から医薬品候補化合物は探索されるが、疾病に対して有効な薬理作用を有し、安全性の高い化合物が探索されたとしても、これだけでは「新しい医薬品」にはならない。すなわち次のステップとして、(1)薬物自体の生体内動態を解析し、(2)最適な投与計画を設定すると同時に、(3)最適な製剤設計、(4)効率的な製剤製造法の開発、(5)保存時における有効性及び安全性の確認(品質管理)が必要である。この全体の流れには生物薬剤学、臨床薬剤学、薬品工学、製剤学、そして製剤の品質管理として日本薬局方(日局15)が含まれる。「薬剤学実習」では、最も基礎的な実験を通して、これら全体の流れを理解させる。
●一般目標(GIO)
(1)医薬品の作用する過程を理解するために、代表的な薬物の作用、作用機序、および体内での運命に関する基本的知識と態度を修得し、それらを応用する基本的技能を身につける。
(2)作用部位に達した薬物の量と作用により薬効が決まることを理解するために、薬物の生体内における動きと作用に関する基本的知識、技能、態度を修得する。
(3)薬物の生体内運命を理解するために、吸収、分布、代謝、排泄の過程に関する基本的知識とそれらを解析するための基本的技能を修得する。
(4)薬効や副作用を体内の薬物動態から定量的に理解できるようになるために、薬物動態の理論的解析に関する基本的知識と技能を修得する。
(5)個々の患者に応じた投与計画を立案できるようになるために、薬物治療の個別化に関する基本的知識と技能を修得する。
(6)薬物と製剤材料の性質を理解し、応用するために、それらの物性に関する基本的知識、および取扱いに関する基本的技能を修得する。
(7)医薬品の用途に応じた適切な剤形を調製するために、製剤の種類、有効性、安全性、品質などに関する基本的知識と、調製を行う際の基本的技能を修得する。
(8)医薬品開発、薬剤疫学、薬剤経済学などの領域において、データ解析、および評価に必要な統計学の基本的知識と技能を修得する。
●到達目標(SBOs)
【薬の運命】
1)薬物の体内動態と薬効発現の関わりについて説明できる。
2)薬物の代表的な投与方法(剤形、投与経路)を列挙し、その意義を説明できる。
3)薬物の生体内分布における循環系の重要性を説明できる。
4)生体内の薬物の主要な排泄経路を、例を挙げて説明できる。
【動物実験】
1)動物実験における倫理について配慮する。(態度)
2)代表的な実験動物を適正に取り扱うことができる。(技能)
3)実験動物での代表的な薬物投与法を実施できる。(技能)
【分布】
1)薬物の体液中での存在状態(血漿タンパク結合など)を組織への移行と関連づけて説明できる。
2)薬物分布の変動要因(血流量、タンパク結合性、分布容積など)について説明
3)代表的な薬物のタンパク結合能を測定できる。(技能)
【排泄】
1)腎における排泄機構について説明できる。
2)腎クリアランスについて説明できる。
【相互作用】
1)薬物動態に起因する相互作用の代表的な例を挙げ、回避のための方法を説明できる。
【薬動学】
1)薬物動態に関わる代表的なパラメーターを列挙し、概説できる。
2)薬物の生物学的利用能の意味とその計算法を説明できる。
3)線形2-コンパートメントモデルを説明し、これに基づいた計算ができる。(知識・技能)
4)生物学的半減期を説明し、計算できる。(知識・技能)
5)全身クリアランスについて説明し、計算できる。(知識・技能)
6)モデルによらない薬物動態の解析法を列挙し説明できる。
7)薬物の肝および腎クリアランスの計算ができる。(技能)
【TDM (Therapeutic Drug Monitoring)】
1)治療的薬物モニタリング(TDM)の意義を説明できる。
2)TDMが必要とされる代表的な薬物を列挙できる。
3)薬物血中濃度の代表的な測定法を実施できる。(技能)
4)至適血中濃度を維持するための投与計画について、薬動学的パラメーターを用いて説明できる。
5)代表的な薬物についてモデルデータから投与計画をシミュレートできる。(技能)
【投与計画】
1)患者固有の薬動学的パラメーターを用いて投与設計ができる。(知識・技能)
2)ポピュレーションファーマコキネティクスの概念と応用について概説できる。
3)薬動力学的パラメーターを用いて投与設計ができる。(知識・技能)
【製剤化】
1)製剤化の単位操作および汎用される製剤機械について説明できる。
2)単位操作を組み合わせて代表的製剤を調製できる。(技能)
【製剤試験法】
1)日本薬局方の製剤に関連する試験法を列挙できる。
2)日本薬局方の製剤に関連する代表的な試験法を実施し、品質管理に適用できる。(技能)
【生物統計の基礎】
1)主な二群間の平均値の差の検定法(t-検定、Mann-Whitney U 検定)について、適用できるデータの特性を説明し、実施できる。(知識・技能)
2)χ2 検定の適用できるデータの特性を説明し、実施できる。(知識・技能)
3)最小二乗法による直線回帰を説明でき、回帰係数の有意性を検定できる。(知識・技能)
4)主な多重比較検定法(分散分析、Dunnett 検定、Tukey 検定など)の概要を説明できる。
授業の方法
12班構成、項目2〜4と5〜7の順番は班によって入れ替わる。レポート提出は個人単位とする。
●準備学習や授業に対する心構え

●オフィス・アワー 
随時
成績評価法
実習への出席状態、レポートの提出状況を総合的に評価する。また実習試験を行うことがある。
教科書
書名 著者名 出版社名
実習テキスト
参考書
書名 著者名 出版社名
『第15改正日本薬局方解説書』 日本公定書協会 廣川書店
『広義薬物動態学』 掛見正郎 京都廣川書店
『わかりやすいい物理薬剤学』(第4版) 辻 彰 (編) 廣川書店
授業計画
項目 授業内容
1 実習講義
2 薬物の血漿中濃度とその解析1 フェノールレッドの血中濃度の測定 項目2〜3は、薬物動態学的概念と解析方法に関する理解を助けることを目的とする。従来の血中PR濃度測定1日目の内容(PR単独、プロベネシド併用)とほぼ同等の予定。ただし、投与・採血はスタッフがラット2匹について実施し、定量(プレートリーダー使用)のみを各班で実施。各班は検量線作成と血中濃度の算出までを行う。
3 薬物の血漿中濃度とその解析2 グラフ法とコンピュータによるコンパートメントモデル解析 前日の血中PR濃度についてグラフ法による解析と、その結果を初期値として非線形最小二乗法によるあてはめ解析を行う。得られた薬物動態学的パラメータ値について、統計学的な検定を行うことで、プロベネシド併用がPRの体内動態に与える影響を統計学的および生物学的視点から考察する。
4 母集団薬物動態解析とベイズ推定による投与計画の設計 母集団薬物動態解析の概念と薬物速度論を根拠にした投与計画立案の手法について理解を助けることを目的とする。75例の糖尿病患者における血中薬物濃度データについて、NONMEMを使って患者体重、性別、人種を考慮したポピュレーションPK解析を行い、母集団パラメータの算出を行う。また、ベイズ推定による投与計画を立案する。
5 薬物のタンパク結合測定 数種の薬物について、限外ろ過法によるタンパク結合率の測定を行い、その測定結果をスキャッチャードプロット法等により解析し、タンパク結合に関する種々のパラメータを算出し考察を行う。これらを通して、タンパク結合測定の意義やその原理、測定方法、病態時(タンパク濃度の低下等)における薬物のタンパク結合率の変動やタンパク結合における薬物間相互作用に関しての知識、技能を身につける。
6 製剤学試験 顆粒剤および錠剤を製造する。顆粒剤は湿式押出造粒法を用いる。錠剤の製造には「セミ直打法」および「顆粒圧縮法」を用い、ともに打錠機で製造する。製造した顆粒剤および錠剤は、次の「局方試験」に供する。
これらを通して顆粒剤、錠剤の製法に関する知識と技能を身につける。
7 薬局方試験 日本薬局方一般試験法 (1)粉体物性試験法:「かさ密度」、「タップ密度」、[安息角」、 (2)製剤に関連する試験法:「製剤均一性試験」、顆粒剤の「粒度」、[含水率」、錠剤、カプセル剤の「溶出試験」、「崩壊試験」、錠剤の「摩損度」、「硬度」に関する試験を行う。
これらを通して、薬局方一般試験法の実施、結果に対する判定方法についての知識、技能を身につける。
8 実習試験・演習
▲PAGE TOP

調剤学実習  [Practice in Dispensing Pharmacy ]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1単位 必修・薬科学科:1単位 選択(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 講師 西野 隆雄 助手 羽田 理恵  
備考
授業の目的と概要
 調剤は、薬剤師に認められている専権行為である。4年次〜5年次に実施される病院・薬局実務実習(臨床導入実習を含む)を受けるために、基礎的な知識、技能、態度を修得することを目的とする。本実習において、処方せんの授受から服薬指導に至る調剤の流れの基礎を身につける。
●一般目標(GIO)
 患者本位の良質な医療を提供するために、調剤および製剤、服薬指導などの薬剤師職務、特に処方せん授受から服薬指導に至る調剤に必要な基本的知識、技能、態度を修得する。
●到達目標(SBOs)
1.調剤の流れについて説明できる。
2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
3.代表的な処方せん例の鑑査をシミュレートできる。
4.処方せん鑑査の意義とその必要性について討議する。
5.疑義照会をシミュレートする。
6.処方せん例にしたがって、計数調剤をシミュレートできる。
7.処方せん例にしたがって、計量調剤をシミュレートできる。
8.調剤された医薬品の鑑査をシミュレートできる。
9.麻薬の取り扱いをシミュレートできる。
10.代表的な院内製剤を調製できる。
11.リスクを回避するための具体策を提案する。
12.医薬品の基本的な情報を収集できる。
13.医療スタッフのニーズに合った情報提供を体験する。
14.患者のニーズに合った情報提供を体験する。
15.インフォームド・コンセント、守秘義務などのに配慮する。
16.適切な言葉を選び、適切な手順を経て服薬指導する。
17.患者背景、情報を把握できる。
18.代表的な医薬品について、適切な服薬指導ができる。
授業の方法
1班13名程度の班を編成し、ローテーション方式で実習を行う。ただし、実習は原則として個人単位とする。
●準備学習や授業に対する心構え
医療現場に直接関連した実習であることを認識して受講していただきたい。
●オフィス・アワー 
時間:随時  場所:臨床薬学実務教育研究室(B棟1階)、調剤実習関連実習室(C棟3階)
成績評価法
 実習試験、実習への出席状態、レポートの内容により総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
実習テキスト及び「医療薬剤学2」の講義で使用した教科書を用いる。
授業計画
項目 授業内容
1 実習講義 1.調剤の流れについて説明できる。
2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
2 処方せん鑑査 3.代表的な処方せん例の鑑査をシミュレートできる。
4.処方せん鑑査の意義とその必要性について討議する。
5.疑義照会をシミュレートする。
3 計数調剤 2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
6.処方せん例にしたがって、計数調剤をシミュレートできる。8.調剤された医薬品の鑑査をシミュレートできる。
11.リスクを回避するための具体策を提案する。
4 計量調剤1(内用固形製剤) 2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
7.処方せん例にしたがって、計量調剤をシミュレートできる。8.調剤された医薬品の鑑査をシミュレートできる。
11.リスクを回避するための具体策を提案する。
5 計量調剤2(内用液剤、注射剤) 2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
7.処方せん例にしたがって、計量調剤をシミュレートできる。8.調剤された医薬品の鑑査をシミュレートできる。
9.麻薬の取り扱いをシミュレートできる。
11.リスクを回避するための具体策を提案する。
6 院内製剤の調製(半固形製剤) 2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
10.代表的な院内製剤を調製できる。
11.リスクを回避するための具体策を提案する。
7 医薬品の情報収集と提供 12.医薬品の基本的な情報を収集できる。
13.医療スタッフのニーズに合った情報提供を体験する。
8 患者接遇と服薬指導 12.医薬品の基本的な情報を収集できる。
14.患者のニーズに合った情報提供を体験する。
15.インフォームド・コンセント、守秘義務などのに配慮する。16.適切な言葉を選び、適切な手順を経て服薬指導する。
17.患者背景、情報を把握できる。
18.代表的な医薬品について、適切な服薬指導ができる。
▲PAGE TOP

臨床導入実習  [Practice in Clinical Introduction]

開講情報
4年次 前期 薬学科:4単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 荒川 行生 教授 長舩 芳和 教授 佐藤 健太郎
教授 鈴木 芳郎 教授 花山 加代子 教授 新田 剛
特任教授 金 啓二 特任教授 二見 高弘 特任教授 山本 克己
准教授 恩田 光子 特任講師 鈴木 靖規 非常勤講師 笠原 伸元
非常勤講師 人見 滋樹    
備考
授業の目的と概要
 本科目は、「実務実習モデル・コアカリキュラム」のうちの「実務実習事前学習」で示されている実習、演習および講義の項目(一部)に基づいてこれを行うもので、薬学科5年次で行われる「病院・薬局実務実習」のための準備学習となることを目的とする。授業では、薬剤師業務、処方せんと調剤、疑義照会、医薬品の管理と供給および服薬指導と管理指導、薬物モニタリングおよび中毒医療について実習、演習および講義を行う。
●一般目標(GIOs)
@事前学習に積極的に取り組むために、病院と薬局での薬剤師業務の概要と社会的使命を理解する。
A医療チームの一員として調剤を正確に実施できるようになるために、処方せん授受から服薬指導までの流れに関連する基本的知識、技能、態度を修得する。
B病院・薬局における医薬品の管理と供給を正しく行うために、内服薬、注射剤などの取扱い、および院内製剤・薬局製剤に関する基本的技能を修得する。
C処方せん上の問題点が指摘できるようになるために、用法・用量、禁忌、相互作用などを含む調剤上注意すべき事項に関する基本的知識、技能、態度を修得する。
D病院・薬局における医薬品の管理と供給を正しく行うために、内服薬、注射剤などの取扱い、および院内製剤に関する基本的知識と技能を修得する。
E患者の安全確保とQOL向上に貢献できるようになるために、服薬指導などに関する基本的知識、技能、態度を修得する。
F患者個々の状況に応じた適切な剤形の医薬品を提供するため、院内製剤の必要性を認識し、院内製剤の調製ならびにそれらの試験に必要とされる基本的知識、技能、態度を修得する。
授業の方法
専用の学内施設において、グループ別に演習・実習を行う。授業内容の順序はグループにより異なる(初回の授業で説明する)。
●準備学習や授業に対する心構え
@実際の医療現場で行われる実務実習の準備実習であることをよく理解し、実践的な知識・技能および技術的態度の修得はもとより、医療人および実習生としてあるべき態度について、その涵養に努めること。
A演習・実習の裏づけとなる知識について、適宜、その修得および確認を行いながら臨むこと。
●オフィス・アワー 
随時(B棟3階 臨床実践薬学研究室)
成績評価法
学習態度、出席状況、適宜の小テスト・レポート、および実習試験の結果に基づいて総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『実務実習事前学習テキスト』 荒川行生 他 ネオメディカル
参考書
書名 著者名 出版社名
『病院薬局研修ガイドブック』 黒川信夫 (監修) ハイサム
『ビジュアル薬剤師実務シリーズ1・薬局調剤の基本』 上村直樹、下平秀夫 (編) 羊土社
『ビジュアル薬剤師実務シリーズ2・薬局管理の基本』 上村直樹、下平秀夫 (編) 羊土社
『ビジュアル薬剤師実務シリーズ3・病院調剤と医薬品管理の基本』 阿部宏子 (編) 羊土社
『ビジュアル薬剤師実務シリーズ4・病棟業務の基本』 阿部宏子 (編) 羊土社
授業計画
項目 授業内容
1 第1-3細目
チーム医療
@医療チームの構成や各構成員の役割、連携と責任体制を説明できる(講義)。
Aチーム医療における薬剤師の役割を説明できる(講義)。
B自分の能力や責任範囲の限界と他の医療従事者との連携について討議する(演習)。
2 第4-22細目
処方せんと調剤
@処方せんの種類、特徴、必要記載事項について説明できる(講義・演習)。
A代表的な処方せん例の鑑査における注意点を説明できる(演習)。
B不適切な処方せんの処置について説明できる(講義・演習)。
C患者に適した剤形を選択できる(講義・演習)。
D患者の特性に適した用量を計算できる(演習)。
E病態(腎、肝疾患)に適した用量設定について説明できる(講義・演習)。
F代表的な処方せん例の鑑査をシミュレートできる(実習)。G処方せん例に従って、計数調剤をシミュレートできる(実習)。
H処方せん例に従って、計量調剤をシミュレートできる(実習)。
I調剤された医薬品の鑑査をシミュレートできる(実習)。
J処方せん鑑査の意義とその必要性について討議する(演習)。
3 第23-24細目
特別管理医薬品
@毒薬・劇薬の管理および取扱いについて説明できる(実習)。
A血漿分画製剤の管理および取扱いについて説明できる(実習)。
B輸血用血液製剤の管理および取扱いについて説明できる(実習)。
C代表的な生物製剤の種類と適応を説明できる(実習)。
D生物製剤の管理と取扱い(投薬、廃棄)について説明できる(実習)。
E麻薬の取扱いをシミュレートできる(実習)。
4 第25-26細目
薬剤師業務
薬剤師が行う業務が患者本位のファーマシューティカルケアの概念にそったものであることについて討議する(演習)。
5 第27-28細目
中毒医療
薬物中毒患者の中毒原因物質の検出方法と解毒方法について討議する(演習)。
6 第29-31細目
院内製剤
代表的な院内製剤を調製できる(実習)。
7 第32-37細目
配合変化
@代表的な配合変化の組合せとその理由を説明できる(実習)。
A特定の配合によって生じる医薬品の性状、外観の変化を観察する(実習)。
B注射剤の代表的な配合変化を列挙し、その原因を説明できる(実習)。
C代表的な配合変化を検出できる(実習)。
8 第38-39細目
薬物モニタリング
実際の患者例に基づきTDMのデータを解析し、薬物治療の適正化について討議する(実習または演習)。
9 第40-42細目
無菌操作
無菌操作の原理を説明し、基本的な無菌操作を実施できる(実習)。
10 第43-45細目
抗悪性腫瘍剤
抗悪性腫瘍剤などの取扱いにおけるケミカルハザードの回避の基本的手技を実施できる(実習)。
11 第46-48細目
輸液・経管栄養剤
@代表的な輸液と経管栄養剤の種類と適応を説明できる(実習)。
A体内電解質の過不足を判断して補正できる(実習)。
12 第49-58細目
疑義照会
@疑義照会の意義について、法的根拠を含めて説明できる(講義)。
A不適切な処方せん例について、その理由を説明できる(講義)。
B処方せんの問題点を解決するための薬剤師と医師の連携の重要性を討議する(演習)。
C代表的な医薬品について効能・効果、用法・用量を列挙できる(実習・演習)。
D代表的な医薬品について警告、禁忌、副作用を列挙できる(実習・演習)。
E代表的な医薬品について相互作用を列挙できる(実習・演習)。
13 第59-61細目
患者情報
@服薬指導に必要な患者情報を列挙できる(講義・演習)。
A患者背景、情報(コンプライアンス、経過、診療録、薬歴など)を把握できる(講義・演習)。
B医師、看護師などとの情報の共有化の重要性を説明できる(講義・演習)。
C患者接遇に際し、配慮しなければならない注意点を列挙できる(講義・演習)。
14 第62-72細目
服薬指導
@患者の基本的権利、自己決定権、インフォームド・コンセント、守秘義務などについて具体的に説明できる(講義)。
A代表的な医薬品の服薬指導上の注意点を列挙できる(講義)。
B代表的な疾患において注意すべき生活指導項目を列挙できる(講義)。
C患者接遇に際し、配慮しなければならない注意点を列挙できる(講義)。
Dインフォームド・コンセント、守秘義務などに配慮する(演習)。
E適切な言葉を選び、適切な手順を経て服薬指導する(演習)。
F医薬品に不安、抵抗感を持つ理由を理解し、それを除く努力をする(演習)。
G代表的な医薬品について、適切な服薬指導ができる(演習)。
H共感的態度で患者インタビューを行う(演習)。
I患者背景に配慮した服薬指導ができる(演習)。
J代表的な症例についての服薬指導の内容を適切に記録できる(演習)。
▲PAGE TOP

特別研究(前期)  [Special Laboratory Works]

開講情報
4年次 前期 薬科学科:5単位 必修
担当教員
備考
授業の目的と概要
●概要
 薬科学科の学生は、4年次前期・後期の1年間、所属研究室の教員からマンツーマンの直接指導を受けることにより、 研究活動に必要な知識、技能、態度ならびに探求心、論理的思考力、語学力、プレゼンテーション力などを身につけることができる。
●一般目標(GIO) 
 研究活動に参画できるようになるために、必要な基本的知識、技能、態度を修得する。
●到達目標(SBOs) 
1. 研究課題を理解し、その達成に向けて積極的に取り組む。
2. 研究課題を達成するために、論理的思考を行い、問題点を解決しようと努力する。
3. 研究課題を達成するために、他者の意見を理解し、討論する能力を身につける。
4. 研究活動に関わる規則を守り、倫理に配慮して研究に取り組む。
5. 環境に配慮して、研究に取り組む。
成績評価法
研究態度、研究課題発表と質疑応答などから総合的に評価する。
▲PAGE TOP

薬学英語  [Technical English]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1.5単位 必修
担当教員
備考 薬科学科名称:「薬学英語1」
授業の目的と概要
・授業は5クラスを開講する。
・第1回目は授業内容を紹介する機会とする。
・第2回目から、本格的に授業を開始する。
●一般目標(GIO)
 薬学研究や薬剤師業務などにおいて、英語を言語とした各種専門的媒体からの情報収集、成果の公表、およびオーラルコミュニケーションなどで必要とされる専門的な英語力を身につけるために、薬学英語の基本知識と技能を修得する。
●到達目標(SBOs)
・ 薬学関連分野でよく用いられる英単語を正確に記述できる。
・ 薬学関連分野の英語論文の内容を理解し説明できる。
・ 英語で論文を書くために必要な基本構文を使用できる。
・ 薬の合成法や化学的性質などの基礎的情報を英文で収集し、内容を日本語で記述することが出来る。
・ 平易な英語を用いて研究成果の公表や、医療の現場での基本的な会話を英語で行うことが出来る。
クラス分けの決定
・本講義は、専門薬学系と総合薬学系の教員6名で行う。
・授業の概要、方法、成績評価法、教科書、参考書等については第1回目の講義で説明する。
・学生はシラバスと第1回目の講義を参考に、希望する講義を選択する。ただし、選択人数に偏りが生じた場合には、教務部が調整を行う。
担当者一覧
Aクラス Bクラス
友尾 幸司   佐久間 覚   
藤井  忍   和田 俊一  
大喜多 守
友尾 幸司   佐久間 覚  
藤井  忍   和田 俊一  
大喜多 守
薬学英語 開講クラス一覧(クラス)
担当者 テキスト・内容紹介
准教授 友尾 幸司 ●授業の目的と概要
 化学・薬学英語の基本的な事柄から専門学術論文の講読まで、様々な観点から取り組むことにより、薬学英語に慣れ親しむことを目的とする。
●授業の方法
 受講者自ら練習問題に取り組み解答をしてもらうとともに、解説を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
 講義内容を充分修得するために、復習を欠かさず行うこと。 
●成績評価法
 出席、授業中の態度、レポート、試験などにより総合的に評価する。
●教科書
 教科書は指定せず、プリントを配布します。
准教授 佐久間 覚 ●授業の目的と概要
 薬学の専門領域を学習する上で必要となる専門英語の読解力(英文の内容を読み取る力)を身に付けることを主な目標としています。
●授業の方法
 健康や環境問題をテーマとした英文著書、英語論文や英文記事から薬学生が知っておくべき内容や、社会的に話題となっているトピックスを抜粋し、輪読形式で和訳します。そのなかで専門英語特有の文法や表現を学ぶとともに、それぞれの内容を理解していきます。他に、薬学英語に特有の語句、専門用語を纏めた教材を用いて広範囲の科学記事を読み、科学論文を書く基礎を養います。
●準備学習や授業に対する心構え
 毎回の授業ごとに紹介する薬学英語に特有の語句、専門用語は次回の授業までに記憶しておくこと。さらに、事前に配布するプリントは必ず日本語訳し、発表できるように備えておくこと。これらを継続していくためには、一週間に3時間程度の自習時間を要する。また、課題レポートとして、学習者自らが学術論文を検索し、その内容を要約するために、講義期間中に6時間程度の学習時間を要する。
●成績評価法
 定期的に行う単語テスト(30%)、最終授業で行うまとめテスト(10%)、出席回数(30%)、積極性(発表回数と内容で評価し、10%)および課題レポート(20%)で評価する。
●教科書
 教科書は指定しない。授業は配布するプリントを用いて行う。参考書は適宜紹介する。
講師 藤井 忍 ●授業の目的と概要
 薬学を中心とした自然科学に関する考えや解釈などを英語で的確に表現できるようになるために、基本的な科学英語の知識と技能の修得を目的とする。具体的には、前半は単位、数式、化学反応などの英語表現が理解出来るようにテキストやCDを用いて練習する。後半は生物科学に関連した論文や記事を読み、専門英語に慣れると共に、自分の興味のある論文を見つけて読む練習を行う。
●授業の方法
 演習形式で行う。センテンス毎に英文を読み、日本語訳を発表してもらう。また同時に、CDを聞いて発音の確認をしてもらう。
●準備学習や授業に対する心構え
 予習していることを前提として授業を行う。従って、授業範囲内の不明な単語を事前に調べ、CDを聞いて来ることで授業に備える。
●成績評価法
 出席、授業中の態度、レポート、試験などにより総合的に評価する。
●教科書
 『総合科学英語[A]』 (A.F.W. Foong 著) イメックスジャパン
●参考書
 『実務文章で学ぶ薬学英語』 (野口ジュディー著) アルク
 『薬学英語1』 (日本薬学英語研究会著) 成美堂
講師 和田 俊一 ●授業の目的と概要
 これまで学習してきた薬学の知識をもとに、薬学関連の英文を題材として、単に英語を和訳するのではなく内容を論理的に理解することに重点を置き、薬学英語に馴染むことを目的としています。
 導入として、薬学を中心とした自然科学に必須な単語や語彙を紹介し、それを踏まえ、英語で書かれた有機化学、生物化学等の教科書、ホームページから抜粋した医薬品関連の記事等を題材に授業を行う予定です。
●授業の方法
 演習形式で行います。英文を読んだり、英語の聞き取りなどを行い、毎回の授業で1人1回発表してもらいます。故に、授業への参加をきわめて重視します。
●準備学習や授業に対する心構え
 この授業は「薬学英語」の導入であり、さらに上達するには常日頃の努力が必要です。授業の内容だけではなく、広く英語に接することを希望します。
●成績評価法
 発表態度(20%)、小テスト2回(40%×2)の結果により評価します。
●教科書
 特に指定しません。教材は授業時に配布します。
講師 大喜多 守 ●授業の目的と概要
 学術論文は研究成果を公にする最大・最速の情報発信手段であり、全世界共通の言語として英語が用いられている。本講座では、自然科学分野、特に、基礎医学・薬学領域における専門英語の基本的知識と技能を修得することを目的とする。すなわち、日常会話で使用される英単語の語意が科学論文ではどのような表現に変化するのかなど、まずは基礎的な英語表現についての理解を深め、最終的には科学論文の読解力向上を目指す。 
●授業の方法
 主として講義中に配布するプリントに沿って授業を進める。また、より優れた医療技術・新薬に関する研究論文など、最先端な話題についても提供する。
●準備学習や授業に対する心構え
 基礎医学・薬学領域で用いられる英単語は、非常に覚えにくい面もあるが、常日頃の努力によって習得できるものである。したがって、講義だけでなく、様々な機会を通じて能動的に学習していくことが大切であると思われる。
●成績評価法
 出席、小テスト、授業参加態度などを複合して評価する。
●教科書
 プリントを使用する。
▲PAGE TOP

薬学英語1  [Technical English 1]

開講情報
4年次 前期 薬科学科:1.5単位 必修
担当教員
備考 薬学科名称:「薬学英語」
授業の目的と概要
・授業は5クラスを開講する。
・第1回目は授業内容を紹介(登録)する機会とする。
・第2回目から、本格的に授業を開始する。
●一般目標(GIO)
 薬学研究や薬剤師業務などにおいて、英語を言語とした各種専門的媒体からの情報収集、成果の公表、およびオーラルコミュニケーションなどで必要とされる専門的な英語力を身につけるために、薬学英語の基本知識と技能を修得する。 
●到達目標(SBOs)
・ 薬学関連分野でよく用いられる英単語を正確に記述できる。
・ 薬学関連分野の英語論文の内容を理解し説明できる
・ 英語で論文を書くために必要な基本構文を使用できる。
・ 薬の合成法や化学的性質などの基礎的情報を英文で収集し、内容を日本語で記述することが出来る。
・ 平易な英語を用いて研究成果の公表や、医療の現場での基本的な会話を英語で行うことが出来る。
クラス分けの決定
・本講義は、専門薬学系と総合薬学系の教員6名で行う。
・授業の概要、方法、成績評価法、教科書、参考書等については第1回目の講義で説明する。
・学生はシラバスと第1回目の講義を参考に、希望する講義を選択する。ただし、選択人数に偏りが生じた場合には、教務部が調整を行う。
担当者一覧
Aクラス Bクラス
友尾 幸司   佐久間 覚   
藤井  忍  和田 俊一    
大喜多 守
友尾 幸司   佐久間 覚   
藤井  忍  和田 俊一   
大喜多 守
薬学英語1 開講クラス一覧(クラス)
担当者 テキスト・内容紹介
准教授 友尾 幸司 ●授業の目的と概要
 化学・薬学英語の基本的な事柄から専門学術論文の講読まで、様々な観点から取り組むことにより、薬学英語に慣れ親しむことを目的とする。 
●授業の方法
 受講者自ら練習問題に取り組み解答をしてもらうとともに、解説を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
 講義内容を充分修得するために、復習を欠かさず行うこと。 
●成績評価法
 出席、授業中の態度、レポート、試験などにより総合的に評価する。
●教科書
 教科書は指定せず、プリントを配布します。
准教授 佐久間 覚 ●授業の目的と概要
 薬学の専門領域を学習する上で必要となる専門英語の読解力(英文の内容を読み取る力)を身に付けることを主な目標としています。
●授業の方法
 健康や環境問題をテーマとした英文著書、英語論文や英文記事から薬学生が知っておくべき内容や、社会的に話題となっているトピックスを抜粋し、輪読形式で和訳します。そのなかで専門英語特有の文法や表現を学ぶとともに、それぞれの内容を理解していきます。他に、薬学英語に特有の語句、専門用語を纏めた教材を用いて広範囲の科学記事を読み、科学論文を書く基礎を養います。
●準備学習や授業に対する心構え
 毎回の授業ごとに紹介する薬学英語に特有の語句、専門用語は次回の授業までに記憶しておくこと。さらに、事前に配布するプリントは必ず日本語訳し、発表できるように備えておくこと。これらを継続していくためには、一週間に3時間程度の自習時間を要する。また、課題レポートとして、学習者自らが学術論文を検索し、その内容を要約するために、講義期間中に6時間程度の学習時間を要する。
●成績評価法
 定期的に行う単語テスト(30%)、最終授業で行うまとめテスト(10%)、出席回数(30%)、積極性(発表回数と内容で評価し、10%)および課題レポート(20%)で評価する。
●教科書
 教科書は指定しない。授業は配布するプリントを用いて行う。参考書は適宜紹介する。
講師 藤井 忍 ●授業の目的と概要
 薬学を中心とした自然科学に関する考えや解釈などを英語で的確に表現できるようになるために、基本的な科学英語の知識と技能の修得を目的とする。具体的には、前半は単位、数式、化学反応などの英語表現が理解出来るようにテキストやCDを用いて練習する。後半は生物科学に関連した論文や記事を読み、専門英語に慣れると共に、自分の興味のある論文を見つけて読む練習を行う。
●授業の方法
 演習形式で行う。センテンス毎に英文を読み、日本語訳を発表してもらう。また同時に、CDを聞いて発音の確認をしてもらう。
●準備学習や授業に対する心構え
 予習していることを前提として授業を行う。従って、授業範囲内の不明な単語を事前に調べ、CDを聞いて来ることで授業に備える。
●成績評価法
 出席、授業中の態度、レポート、試験などにより総合的に評価する。
●教科書
 『総合科学英語[A]』 (A.F.W. Foong 著) イメックスジャパン
●参考書
 『実務文章で学ぶ薬学英語』 (野口ジュディー著) アルク
 『薬学英語1』(日本薬学英語研究会著) 成美堂
講師 和田 俊一 ●授業の目的と概要
 これまで学習してきた薬学の知識をもとに、薬学関連の英文を題材として、単に英語を和訳するのではなく内容を論理的に理解することに重点を置き、薬学英語に馴染むことを目的としています。
 導入として、薬学を中心とした自然科学に必須な単語や語彙を紹介し、それを踏まえ、英語で書かれた有機化学、生物化学等の教科書、ホームページから抜粋した医薬品関連の記事等を題材に授業を行う予定です。
●授業の方法
 演習形式で行います。英文を読んだり、英語の聞き取りなどを行い、毎回の授業で1人1回発表してもらいます。故に、授業への参加をきわめて重視します。
●準備学習や授業に対する心構え
 この授業は「薬学英語」の導入であり、さらに上達するには常日頃の努力が必要です。授業の内容だけではなく、広く英語に接することを希望します。
●成績評価法
 発表態度(20%)、小テスト2回(40%×2)の結果により評価します。
●教科書
 特に指定しません。教材は授業時に配布します。
講師 大喜多 守 ●授業の目的と概要
 学術論文は研究成果を公にする最大・最速の情報発信手段であり、全世界共通の言語として英語が用いられている。本講座では、自然科学分野、特に、基礎医学・薬学領域における専門英語の基本的知識と技能を修得することを目的とする。すなわち、日常会話で使用される英単語の語意が科学論文ではどのような表現に変化するのかなど、まずは基礎的な英語表現についての理解を深め、最終的には科学論文の読解力向上を目指す。 
●授業の方法
 主として講義中に配布するプリントに沿って授業を進める。また、より優れた医療技術・新薬に関する研究論文など、最先端な話題についても提供する。
●準備学習や授業に対する心構え
 基礎医学・薬学領域で用いられる英単語は、非常に覚えにくい面もあるが、常日頃の努力によって習得できるものである。したがって、講義だけでなく、様々な機会を通じて能動的に学習していくことが大切であると思われる。
●成績評価法
 出席、小テスト、授業参加態度などを複合して評価する。
●教科書
 プリントを使用する。
▲PAGE TOP