トップページへ

薬学/医学概論  [Introduction to pharmaceutical sciences and general clinical medicine]

開講情報
1年次 前期 0.5単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 学長 千熊 正彦 教授 田中 一彦 教授 松村 人志
准教授 恩田 光子    
備考
授業の目的と概要
  本講義は、「薬学教育モデル・コアカリキュラム」における「A 全学年を通して:ヒューマニズムについて学ぶ」および「B イントロダクション」に対応する。授業の目的は、講義全般を通じて、国民の健康を守るうえでの医学・薬学の役割を理解することである。
【薬学概論】:日本薬学会から発行されている冊子を用いて、これからの薬学を学ぼうとする学生へ、21世紀の“薬学”について概説する。併せて、薬学の歴史と共に歩んできた大阪薬科大学の歴史と教育目標を紹介する。また、代表的制癌剤を取り上げ、「薬」とは何かを多角的な切り口から考える。(担当:千熊)。
さらに、薬剤師として社会で活躍する諸君の将来像を展望するために、それぞれの立場で豊富な経験のある専門家からの講義を聞く。
「医療人としての薬剤師の現状と使命」(担当:外来講師)。
「化合物が薬になるまでの開発の流れ」(担当:外来講師)。
「薬と社会のかかわり:薬を管理する」(担当:恩田)。
【医学概論】: 薬学教育において、病棟活動における服薬指導などを遂行できうる高度な職能を付加するために、医療現場に即した知識の“広がり”と“充実”を図らなければならない。その一環として、早期における医療薬学導入教育として位置づける講義を行う。(担当:田中一彦、松村人志)
●一般目標(GIO)
  医療人あるいは薬の専門家として必要な基本姿勢を身につけるために、医療、社会における薬学の役割、薬剤師の使命を知り、どのように薬学が発展してきたかを理解する。
●到達目標(SBOs)
1.薬学の歴史的流れと医療において薬学が果たしてきた役割を概説できる。
2.本学の歴史および教育目標を概説できる。
3.薬剤師の活動分野(医療機関、製薬企業、衛生行政など)について概説できる。
4. 医療の担い手としてのこころ構えを説明できる。
5.薬剤師と共に働く医療チームの職種を挙げ、その仕事を概説できる。
6.医薬品の適正使用における薬剤師の役割について概説できる。
7.医薬品の創製における薬剤師の役割について概説できる。
8.疾病の予防および健康管理における薬剤師の役割について概説できる。
9.薬の発見の歴史を具体例を挙げて概説できる。
10.化学物質が医薬品として治療に使用されるまでの流れを概説できる。
11.「薬とは何か」を概説できる。
12.麻薬、大麻、覚せい剤などを乱用することによる健康への影響を概説できる。
13.一般用医薬品と医療用医薬品の違いを概説できる。
14.種々の剤形とその使いかたについて概説できる。
15.薬剤師に関わる法令について概説できる。
16.医療と薬剤師のかかわりについて考えを述べることができる。
授業の方法
複数の講師により、教科書にとらわれることなく、ビデオ、スライドや資料などを用いて、講義をすすめる。
●準備学習や授業に対する心構え
常に授業中に理解し、考えるよう心掛ける。
●オフィス・アワー 
16:30-17:30各担当研究室に来て下さい(会議などで留守をしていることがあります)。
成績評価法
講義への出席と課題レポート(薬学概論)
小テストの結果に、講義への出席を加味する。(医学概論)
教科書
書名 著者名 出版社名
『薬学としごと』 日本薬学会
『これから薬学をはじめるあなたに』 日本薬学会
参考書
書名 著者名 出版社名
『新・薬学概論』 廣部雅昭・山崎幹夫 廣川書店
『くすりの発明・発見史』 岡部 進 南山堂
授業計画
項目 授業内容
1 薬学とは何か 薬学の歴史的流れと医療において薬学が果たしてきた役割を概説できる。
本学の歴史および教育目標を概説できる。
薬剤師の活動分野(医療機関、製薬企業、衛生行政など)について概説できる。
2 くすりを創る 医薬品の創製における薬剤師の役割について概説できる。化学物質が医薬品として治療に使用されるまでの流れを概説できる。
「薬とは何か」を概説できる。
薬、医療、社会の関わりについて概説できる。
3 薬を管理する 「薬を管理する」とはどういうことか、法体系に沿って概説できる。
医薬品の開発から流通までの流れを理解する。
地域住民の健康の保持・増進への薬剤師の関わりを考える。
4 薬を使う 患者さんに薬が渡るまでを概説できる。
医薬品の適正使用における薬剤師の役割について概説できる。
一般用医薬品と医療用医薬品の違いを概説できる。
種々の剤形とその使い方について概説できる。
疾病の予防及び健康管理における薬剤師の役割について概説できる。
5 身体を知る(その1) 基準値の重要性;基準値を覚え、その病態を推測することができる。
基準値・病態と医薬品との関わりを理解する。
6 身体を知る(その2) 症候の重要性;バイタルサインと症候の重要性とその生じる原因を考えることができる。
症候・原因と医薬品との関わりを理解する。
7 身体を知る(その3) 診断の重要性;どの様にして診断され、医薬品が使われ、医療における薬剤師の関わりについて考えることができる。診断と医薬品との関わりを理解する。
▲PAGE TOP

薬物治療学1  [Clinical Pharmacology and Therapeutics 1]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1.5単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 田中 一彦 教授 松村 人志 准教授 井尻 好雄
備考
授業の目的と概要
 病態時における各疾病における基礎知識を理解し、その上で各疾病に対する治療薬物およびその使用上の注意に関する知識を身に付けることを主眼とする。「薬の向こうにヒトがいる」ことを認識できるようにする。
●一般目標(GIO)
 疾病に伴う症状と臨床検査値の変化など的確な患者情報を収得し、患者個々また患者特性(新生児、小児、高齢者、妊婦等)に応じた薬の選択、用法・用量の設定および代表的医薬品の効能・効果、警告・禁忌・副作用、相互作用等を考慮した適正な薬物治療に参画できるようになるために、薬物治療に関する基本的知識と技能を習得することを目的とする。また、疑義照会の流れについても理解できることを目的とする。
授業の方法
教科書・プリント・スライドを用いて、主に質問形式で授業を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
予習・復習を行うと共に、授業中に理解し、考える力を身に付けることを心構える。
●オフィス・アワー
月〜金 16:30-17:30、B棟2階臨床薬剤学研究室・薬物治療学研究室。
成績評価法
定期試験の成績、小テスト、授業の出席状況と授業への貢献度等を総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『最新薬物治療学』 赤池昭紀,石井邦雄,越前宏俊,金子周司 (編集) 廣川書店
『病気の地図帳(新版)』 山口和克 (監修) 講談社
参考書
書名 著者名 出版社名
『実践処方例とその解説』 田中一彦,井尻好雄,荒川行生 (監修) じほう
授業計画
項目 授業内容
1 1-1 総論 その1 検査値の異常から推測される主な疾病を挙げることができる
病態と臨床検査
2 1-2 中枢系-1 その1 てんかん・パーキンソン病・アルツハイマー病等の代表的な疾患の病態生理を説明できる
3 1-2 中枢系-1 その2 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(1)
4 1-2 中枢系-1 その3 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(2)
5 1-3 中枢系-2 その1 総合失調症・うつ病・躁うつ病等の代表的な疾患の病態生理を説明できる
6 1-3 中枢系-2 その2 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(1)
7 1-3 中枢系-2 その3 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(2)
8 1-4 心臓・血管系 その1 不整脈・心不全・高血圧等の代表的な疾患の病態生理を説明できる
9 1-4 心臓・血管系 その2 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(1)
10 1-4 心臓・血管系 その3 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(2)
11 1-5 炎症・免疫 その1 炎症・アナフィラキシーショック・全身性エリテマトーデス等の代表的な疾患の病態生理を説明できる
12 1-5 炎症・免疫 その2 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(1)
13 1-5 炎症・免疫 その3 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(2)
▲PAGE TOP

薬物治療学2  [Clinical Pharmacology and Therapeutics 2]

開講情報
4年次 後期 薬学科:1.5単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 田中 一彦 教授 松村 人志 准教授 井尻 好雄
備考
授業の目的と概要
 病態時における各疾病における基礎知識を理解し、その上で各疾病に対する治療薬物およびその使用上の注意に関する知識を身に付けることを主眼とする。「薬の向こうにヒトがいる」ことを認識できるようにする。
●一般目標(GIO)
 疾病に伴う症状と臨床検査値の変化など的確な患者情報を収得し、患者個々また患者特性(新生児、小児、高齢者、妊婦等)に応じた薬の選択、用法・用量の設定および代表的医薬品の効能・効果、警告・禁忌・副作用、相互作用等を考慮した適正な薬物治療に参画できるようになるために、薬物治療に関する基本的知識と技能を習得することを目的とする。また、疑義照会の流れについても理解できることを目的とする。
授業の方法
教科書・プリント・スライドを用いて、主に質問形式で授業を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
予習・復習を行うと共に、授業中に理解し、考える力を身に付けることを心構える。
●オフィス・アワー
月〜金16:30-17:30、B棟2階臨床薬剤学研究室・薬物治療学研究室。
成績評価法
定期試験の成績、小テスト、授業の出席状況と授業への貢献度等を総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『最新薬物治療学』 赤池昭紀,石井邦雄,越前宏俊,金子周司 (編集) 廣川書店
『病気の地図帳(新版)』 山口和克 (監修) 講談社
参考書
書名 著者名 出版社名
『実践処方例とその解説』 田中一彦,井尻好雄,荒川行生 (監修) じほう
授業計画
項目 授業内容
1 2-6 総論 その2 代表的な症候と、生じる原因とそれらを伴う代表的疾患を説明できる
2 2-7 骨・関節・呼吸器 その1 骨粗鬆症・慢性関節リウマチ・気管支喘息等の代表的な疾患の病態生理を説明できる
3 2-7 骨・関節・呼吸器 その2 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(1)
4 2-7 骨・関節・呼吸器 その3 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(2)
5 2-8 消化器系 その1 消化性潰瘍・腸炎・肝炎等の代表的な疾患の病態生理を説明できる
6 2-8 消化器系 その2 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(1)
7 2-8 消化器系 その3 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(2)
8 2-9 内分泌・代謝 その1 甲状腺機能異常症・糖尿病・高脂血症等の代表的な疾患の病態生理を説明できる
9 2-9 内分泌・代謝 その2 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(1)
10 2-9 内分泌・代謝 その3 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(2)
11 2-10 血液・造血器 その1 貧血・白血病・播種性血管内凝固症候群等の代表的な疾患の病態生理を説明できる
12 2-10 血液・造血器 その2 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(1)
13 2-10 血液・造血器 その3 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(2)
▲PAGE TOP

薬物治療学3  [Clinical Pharmacology and Therapeutics 3]

開講情報
5年次 前期 薬学科:0.5単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 田中 一彦 教授 松村 人志 准教授 井尻 好雄
備考
授業の目的と概要
 病態時における各疾病における基礎知識を理解し、その上で各疾病に対する治療薬物およびその使用上の注意に関する知識を身に付けることを主眼とする。「薬の向こうにヒトがいる」ことを認識できるようにする。 
●一般目標(GIO) 
 疾病に伴う症状と臨床検査値の変化など的確な患者情報を収得し、患者個々また患者特性(新生児、小児、高齢者、妊婦等)に応じた薬の選択、用法・用量の設定および代表的医薬品の効能・効果、警告・禁忌・副作用、相互作用等を考慮した適正な薬物治療に参画できるようになるために、薬物治療に関する基本的知識と技能を習得することを目的とする。また、疑義照会の流れについても理解できることを目的とする。
授業の方法
教科書・プリント・スライドを用いて、主に質問形式で授業を行う。 
●準備学習や授業に対する心構え 
予習・復習を行うと共に、授業中に理解し、考える力を身に付けることを心構える。 
●オフィス・アワー 
月〜金16:30-17:30、B棟2階臨床薬剤学研究室・薬物治療学研究室。
成績評価法
定期試験の成績、小テスト、授業の出席状況と授業への貢献度等を総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『最新薬物治療学』 赤池昭紀、石井邦雄、越前宏俊、金子周司 (編集) 廣川書店
『病気の地図帳(新版)』 山口和克 (監修) 講談社
参考書
書名 著者名 出版社名
『実践処方例とその解説』 田中一彦、井尻好雄、荒川行生 (監修) じほう
授業計画
項目 授業内容
1 3-1 腎・泌尿器・生殖器・感覚器 その1 腎・泌尿器・生殖器・感覚器の代表的な疾患の病態生理を説明できる
2 3-1 腎・泌尿器・生殖器・感覚器 その2 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる
3 3-2 感染症 その1 細菌、ウイルスなどで起こる代表的な疾患の病態生理を説明できる
4 3-2 感染症 その2              適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる
5 3-3 悪性腫瘍 その1 代表的な悪性腫瘍の病態生理を説明できる
6 3-3 悪性腫瘍 その2 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(1)
7 3-3 悪性腫瘍 その3 適切な治療薬およびその使用上の注意について説明できる(2)
▲PAGE TOP

病態生理学実習演習  [Practical Exercises in Pathophysiology]

開講情報
5年次 前期 薬学科:1単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
教授 田中 一彦 ☆ 教授 藤田 芳一 教授 松村 人志
准教授 井尻 好雄 助教 山口 敬子 助教 幸田 祐佳
助教 加藤 隆児    
備考
授業の目的と概要
 薬学教育6年制に伴い、これまで以上に臨床現場における臨床知識や実践的技能が求められている。本実習演習は、これを踏まえて新たに導入された科目であり、フィジカルアセスメントの中で特に重要な位置付けであるバイタルサインなどに関して実施し、それらの概念の理解と測定法等について学ぶ。
●一般目標(GIO)
 バイタルサインを列挙して、それぞれの意義を理解する。
●到達目標(SBOs)
 バイタルサイン等について、説明と測定ができる。
授業の方法
プリント等を用いて、実習全体及び個々の項目の内容について講義を行い、概略説明した後、グループに分かれて実習演習を実施する。実習終了時に、グループで実験結果について討論する。場合によっては、出された課題についてグループ討論等も行う予定である。実習項目については、初年度なので変更することがある。
●準備学習や授業に対する心構え
薬学の基礎知識や臨床知識を十分復習し、実験の予習の一助とする。
●オフィス・アワー 
随時、各担当教員居室
成績評価法
出席、レポート、筆記試験等を総合的に評価する。
授業計画
項目 授業内容
1 心電図の測定および解析
2 エコーを用いた拍動心の観察
3 血圧の測定
4 聴診器を用いて心音・呼吸音の聴取
5 AED・蘇生の実際
6 呼吸機能及び酸素飽和度の測定
7 尿検査の実際
8 TDMの実際
▲PAGE TOP