トップページへ

ドイツ語2  [German 2 ]

開講情報
1年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 長谷川 健一    
備考
授業の目的と概要
 初級から中級程度のテキストの講読に必要な文法知識の習得を目指すが、これと並行してドイツ語圏の文化に対する関心を深めてもらう。概要は以下の通り。
(1)発音規則に則り、単語を正しく発音できるように練習する。
(2)初級レベルの文法を習得し、比較的平易なテキストを読む練習をする。
(3)ドイツ語圏の歴史や文化、そして現代ドイツの社会事情を知ることを通じて視野を広げ、物事を複眼的に見る態度を養ってもらう。
●一般目標
 ドイツ語の発音規則ならびに基本的なドイツ語文法を理解し、辞書を用いて初級レベルのテキストを読めるようにする。また、ドイツ語圏の文化について理解を深めることも目標とする。「ドイツ語1」(前期)、「ドイツ語3」(後期)と連携して授業を行う。
●到達目標
(1)ドイツ語の発音の特徴を理解し、未知の単語も綴りを見て正しく発音できる。
(2)ドイツ語の初級文法の仕組みを体系的に理解する。
(3)簡単な挨拶、自己紹介、買い物の際に使う表現など、初歩的な日常会話の表現を習得する。
授業の方法
教科書を用いて文法事項の解説を行い、適宜補助プリント等も利用しながら練習問題に取り組む。重要な文法事項については小テストを実施する。テーマに応じて課題レポートを出すこともある。また、ビデオ、DVD、CDなどの視聴覚教材や補助プリント等を用いて、ドイツ語圏の文化についての紹介を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
授業に必ず出席すること。欠席した場合には、教師・友人に授業の内容や宿題を尋ねるなどして、次の時間までに各自フォローしておくこと。学習の際には復習に力を入れ、宿題・課題(提出期限は厳守)に真剣に取り組むこと。その際に出てきた疑問点は放置せずに、必ず教師に質問するように。尚、配布したプリント類(A4サイズ)はファイリングし、辞書と一緒に毎回持参すること。
●オフィスアワー
月曜日の昼休みに講師室に来て下さい。質問は授業後も受け付けます。相談の内容によっては、上記以外にも別途時間を設けて対応します。
成績評価法
定期試験の成績、出席、授業態度、課題提出、小テストの成績等を総合的に判断して評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『楽しく学ぶドイツ語』[改訂版] 橋本政義、橋本淑恵 三修社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に随時紹介する。なお、独和辞典は、新正書法対応のものを購入すること。詳しくは初回の授業で紹介する。
授業計画
項目 授業内容
1 Lektion 0:文字と発音(2) ドイツ語のアルファベートと発音規則(母音・子音)を習得する。簡単な自己紹介の表現、数字・月名・季節等の読み方を練習する。
2 Lektion 1 動詞の現在人称変化についての文法説明と練習問題を行う。
3 Lektion 2 名詞と冠詞についての文法説明と練習問題を行う。
4 Lektion 3 不規則変化動詞・命令形についての文法説明と練習問題を行う。
5 Lektion 4 人称代名詞・前置詞についての文法説明と練習問題を行う。
6 Lektion 5 冠詞類・疑問代名詞についての文法説明と練習問題を行う。
7 Lektion 6 形容詞についての文法説明と練習問題を行う。
8 Lektion 7(1) 分離動詞についての文法説明と練習問題を行う。
9 Lektion 7(2) zu不定詞と副文についての文法説明と練習問題を行う。
10 Lektion 8 話法の助動詞・未来についての文法説明と練習問題を行う。
11 Lektion 9 動詞の三基本形と過去形についての文法説明と練習問題を行う。
12 予備日 とりわけ重要度の高い文法事項についての復習と補足説明を行う。
13 長文講読(2) これまでの文法の総復習を兼ねて、長文問題に取り組む。
▲PAGE TOP

ドイツ語3  [German 3]

開講情報
1年次 後期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 長谷川 健一    
備考
授業の目的と概要
 「ドイツ語1」「ドイツ語2」に引き続き、初級から中級程度のテキストの講読に必要な文法知識の習得を目指し、これと並行してドイツ語圏の文化に対する関心を深めてもらう。概要は以下の通り。
(1)発音規則に則り、単語を正しく発音できるように練習する。
(2)中級レベルの文法を習得し、比較的平易なテキストを読む練習をする。
(3)ドイツ語圏の歴史や文化、そして現代ドイツの社会事情を知ることを通じて視野を広げ、物事を複眼的に見る目を養ってもらう。
●一般目標
 「ドイツ語1」「ドイツ語2」と同じ教科書を使って基本的なドイツ語文法を学び、ドイツ文法全体を体系的に理解できるようにする。また、辞書を用いて初級から中級レベルのテキストを読めるようにする。前期に引き続き、ドイツ語圏の文化について理解を深めることも目標とする。
●到達目標
(1)ドイツ語の発音の特徴を理解し、未知の単語も綴りを見て正しく発音できる。
(2)ドイツ語文法の仕組み全体を体系的に理解する。
(3)助動詞・現在完了形・再帰動詞などを使った日常会話の表現を習得する。
授業の方法
教科書を用いて文法事項の解説を行い、適宜補助プリント等も利用しながら練習問題に取り組む。重要な文法事項については小テストを実施する。テーマに応じて課題レポートを出すこともある。また、ビデオ、DVD、CDなどの視聴覚教材や補助プリント等を用いて、ドイツ語圏の文化についての紹介を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
授業に必ず出席すること。欠席した場合には、教師・友人に授業の内容や宿題を尋ねるなどして、次の時間までに各自フォローしておくこと。学習の際には復習に力を入れ、宿題・課題(提出期限は厳守)に真剣に取り組むこと。その際に出てきた疑問点は放置せずに、必ず教師に質問するように。尚、配布したプリント類(A4サイズ)はファイリングし、辞書と一緒に毎回持参すること。
●オフィスアワー
月曜日の昼休みに講師室に来て下さい。質問は授業後も受け付けます。相談の内容によっては、上記以外にも別途時間を設けて対応します。
成績評価法
定期試験の成績、出席、授業態度、課題提出、小テストの成績等を総合的に判断して評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『楽しく学ぶドイツ語』[改訂版] 橋本政義、橋本淑恵 三修社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に随時紹介する。なお、独和辞典は、新正書法対応のものを購入すること。
授業計画
項目 授業内容
1 「ドイツ語1」、「ドイツ語2」の復習 前期に学習した文法事項の総復習を行う。
2 Lektion 10 現在完了・分詞についての文法説明と練習問題をする。
3 Lektion 10 現在完了・分詞に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
4 Lektion 11 再帰動詞・非人称動詞・比較についての文法説明と練習問題をする。
5 Lektion 11 再帰動詞・非人称動詞・比較に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
6 Lektion 12 関係代名詞についての文法説明と練習問題をする。
7 Lektion 12 関係代名詞についての発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
8 Lektion 13 受動態についての文法説明と練習問題をする。
9 Lektion 13 受動態についての発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
10 Lektion 14 接続法I式・II式についての文法説明と練習問題をする。
11 Lektion 14 接続法についての発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
12 長文講読(3) これまでの文法の総復習を兼ねて長文問題に取り組む。
13 長文講読(4) これまでの文法の総復習を兼ねて長文問題に取り組む。
▲PAGE TOP

ドイツ語4  [German 4 ]

開講情報
2年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 長谷川 健一    
備考
授業の目的と概要
1)既習のドイツ語文法の復習と補完をする。 
2)ドイツ語の文法を駆使して、正確に初級のドイツ語文を読む練習をする。
3)ドイツの歴史や文化・現代ドイツの歴史や社会事情を知ってもらう。異文化に接することによって、視野を広げてもらう。
●一般目標
 薬学と関係の深いドイツ語を学ぶことによって、ドイツの歴史や文化に触れ、日本の歴史や文化との相違点・共通点を探し出し、幅広い思考力を養ってほしい。
授業の方法
1)テキストの講読を行う。その際ドイツ語の正しい発音と読み方の練習をし、1年次に習得した文法の復習と補完をする。
2)各学生にはあらかじめテキストの一分を分担して、授業中に発表してもらい、発表後、その内容をレポートとして提出してもらう。
3)重要な文法事項ならびに単語・表現等についての小テストを適宜、実施する。
4)適時、視聴覚資料や補助プリントを用いて、ドイツの文化・歴史や現代の社会事情などを知ってもらう。
●準備学習や授業に対する心構え
@ 授業にはできるだけ出席する。
A 提出物は期限を守る。
B 授業には必ず長文テキストの予習をして臨むこと。
●オフィスアワー
木曜日の昼休みに講師室に来て下さい。質問は授業後も受け付けます。相談の内容によっては、上記以外にも別途時間を設けて対応します。
成績評価法
定期試験の成績、出席状況、授業における発表とレポート提出、小テスト、授業態度などを総合的に判断して評価する。なお授業時間中の発表は平常点として成績に加味するので、必ず行うこと。
教科書
書名 著者名 出版社名
『Deutschland: Land und Leute 異文化としてのドイツ』 岩村偉史、岩村玉慶 白水社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に、随時紹介する。
授業計画
項目 授業内容
1 イントロダクション 発音規則ならびに重要な文法事項についての総復習を行う。
2 Lektion 1 「ドイツと日本」をテーマにした長文を読み、文法事項については、動詞の人称変化と語順を中心に復習する。
3 Lektion 2 「ドイツの連邦制」をテーマにした長文を読み、文法事項については、名詞と冠詞を中心に復習する。
4 Lektion 3 「青少年」をテーマにした長文を読み、文法事項については、前置詞と人称・疑問代名詞を中心に復習する。
5 Lektion 4 「大学制度」をテーマにした長文を読み、文法事項については、定冠詞類・不定冠詞類と複数形を中心に復習する。
6 Lektion 5 「職業と社会構造」をテーマにした長文を読み、文法事項については、形容詞の格変化を中心に復習する。
7 Lektion 6 「経済システムと消費生活」をテーマにした長文を読み、文法事項については形容詞・副詞の比較変化を中心に復習する。
8 Lektion 7 「都市と交通」をテーマにした長文を読み、文法事項については、分離動詞、Zu不定詞、副文を復習する。
9 Lektion 8 「住宅事情」をテーマにした長文を読み、文法事項については、再帰表現・命令形の復習をする。
10 Lektion 9 「文化施設と余暇活動」をテーマにした長文を読み、文法事項については話法の助動詞を中心に復習する。
11 Lektion 10 「外国人労働者とドイツ系移民」をテーマにした長文を読み、文法事項については動詞の三基本形と過去形の復習をする。
12 Lektion 11 「欧州連合( EU )とドイツ」をテーマにした長文を読み、文法事項については現在完了形を中心に復習する。
13 Lektion 12 「暮らしの中のお祭り」をテーマにした長文を読み、文法事項については受動態・関係代名詞を中心に復習する。
▲PAGE TOP