トップページへ

医療薬剤学2  [Clinical Pharmaceutics 2]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1.5単位 必修・薬科学科:1.5単位 選択
担当教員
講師 西野 隆雄    
備考
授業の目的と概要
 「医療薬剤学2」では、患者本位の良質な医療を提供するための薬剤師職務に必要な基本的知識、技能、態度を修得することを目的とする。薬剤師に認められている専権行為として調剤がある。「医療薬剤学2」において、医療における薬剤師職務を理解し、処方せんに従って、個々の患者にあった有効かつ安全な医薬品の調製と投与に関する行為である調剤について講義を行う。
●一般目標(GIO)
 医療に参画できるようになるために、調剤および製剤、服薬指導などの薬剤師職務、特に処方せん授受から服薬指導に必要な基本的知識、技能、態度を修得する。
●到達目標(SBOs)
 1.医療における調剤、薬剤師の役割について説明できる。
 2.調剤の流れを説明できる。
 3.処方せんについて説明できる。
 4.調剤に関連する法令を列挙できる。
 5.調剤に必要な医薬品情報を説明できる。
 6.代表的な医薬品の用法・用量および投与計画について説明できる。
 7.患者に適した剤形を選択できる。
 8.処方せん鑑査と不適切な処方せんの疑義照会の意義について説明できる。
 9.剤形に応じた調剤方法を選択できる。
10.患者の基本的権利、インフォームド・コンセントなどについて説明できる。
11.患者情報と薬歴管理の注意点を列挙できる。
12.患者接遇、服薬指導の注意点を列挙できる。
13.調剤上の危険因子とその対策を列挙できる。
授業の方法
教科書、プリントを主として用い、Power Point を補足的に使用して講義を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
医療現場に直接関連した科目であることを認識して受講していただきたい。
●オフィス・アワー 
時間:随時  場所:臨床薬学実務教育研究室(B棟1階)、調剤実習関連実習室(C棟3階)
成績評価法
定期試験の成績を基に評価することを基本とし、レポート、出席等を加味して総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『第十二改訂 調剤指針 増補版』 日本薬剤師会(編) 薬事日報社
『わかりやすい調剤学 第6版』 岩川精吾 他(編) 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『薬学生・薬剤師のための医薬品選600』 日本薬学会(編) じほう
『第十五改正日本薬局方解説書』 日本薬局方解説書編集委員会(編) 廣川書店
『調剤学総論 第9版』 堀岡正義 南山堂
授業計画
項目 授業内容
1 序論 調剤学概説 1.医療における調剤、薬剤師の役割について説明できる。
2.調剤の流れを説明できる。
2 総論(1)処方と処方せん
     調剤に関する法令
3.処方せんについて説明できる。
4.調剤に関連する法令を列挙できる。
3 総論(2)調剤と医薬品情報 5.調剤に必要な医薬品情報を説明できる。
4 各論(1)処方鑑査、疑義照会 6.代表的な医薬品の用法・用量および投与計画について説明できる。
7.患者に適した剤形を選択できる。
8.処方せん鑑査と不適切な処方せんの疑義照会の意義について説明できる。
5 各論(2)内服薬の調剤1 9.剤形に応じた調剤方法を選択できる。(固形内用剤)
6 各論(3)内服薬の調剤2 9.剤形に応じた調剤方法を選択できる。(内用液剤)
7 各論(4)外用薬の調剤1 9.剤形に応じた調剤方法を選択できる。(軟膏剤等)
8 各論(5)外用薬の調剤2 9.剤形に応じた調剤方法を選択できる。(吸入剤等)
9 各論(6)無菌製剤の調剤1 9.剤形に応じた調剤方法を選択できる。(点眼剤等)
10 各論(7)無菌製剤の調剤2 9.剤形に応じた調剤方法を選択できる。(注射剤)
11 各論(7)薬剤服用歴の管理 10.患者の基本的権利、インフォームド・コンセントなどについて説明できる。
11.患者情報と薬歴管理の注意点を列挙できる。
12 各論(8)医薬品情報提供と服薬指導
12.患者接遇、服薬指導の注意点を列挙できる。
13 各論(9)医薬品管理、調剤事故と防止対策 13.調剤上の危険因子とその対策を列挙できる。
▲PAGE TOP

社会薬学2  [Social Pharmacy 2]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1.5単位 必修・薬科学科:1.5単位 選択
担当教員
講師 西野 隆雄    
備考
授業の目的と概要
 社会において薬剤師が果たすべき責任、義務等を正しく理解できるようになるために、薬学を取り巻く法律、制度および経済に関する基本的知識を修得することを目的とする。特に、本講義では、公平で質の高い医療を受ける患者の権利を保障するしくみを理解するために、社会保障制度と薬剤経済の基本的知識を修得するための講義を行う。
●一般目標(GIO)
 公平で質の高い医療を受ける患者の権利を保障するしくみを理解するために、社会保障制度と薬剤経済の基本的知識を修得する。
●到達目標(SBOs)
○社会保障制度
1.日本における社会保障制度のしくみを説明できる。
2.社会保障制度の中での医療保険制度の役割を概説できる。
3.介護保険制度のしくみを説明できる。
4.高齢者医療制度のしくみを説明できる。
○医療保険
5.医療保険の成り立ちと現状を説明できる。
6.医療保険のしくみを説明できる。
7.医療保険の種類を列挙できる。
8.国民の福祉健康における医療保険の貢献と問題点について概説できる。
○薬剤経済
9.国民医療費の動向を概説できる。
10.保険医療と薬価制度の関係を概説できる。
11.診療報酬と薬価基準について説明できる。
12.医療費の内訳を概説できる。
授業の方法
講義
教科書、プリントを主として用い、Power Point を補足的に使用して講義を行う。 
●準備学習や授業に対する心構え
最近の日本における医療制度は、大きな変革期にあり、常に新聞等の関連ニュースに目を向けて受講していただきたい。
●オフィスアワー
時間:随時  場所:臨床薬学実務教育研究室(B棟1階)、調剤実習関連実習室(C棟3階)
成績評価法
定期試験の成績を基に評価することを基本とし、レポート、出席等を加味して総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『薬学と社会 第2版』 日本薬学会 (編) 東京化学同人
参考書
書名 著者名 出版社名
『薬事ハンドブック 2010』 じほう (編) じほう
『国民衛生の動向2009年』 厚生統計協会(編) 厚生統計協会
『知っておきたい医薬品業界のルール』 医薬教育研究会(編) じほう
『これからの社会薬学』 福島紀子、早瀬幸俊、宮本法子(編) 南江堂
授業計画
項目 授業内容
1 薬剤師を取巻く法律と制度 1.日本における社会保障制度のしくみを説明できる
2 社会保障制度 1.日本における社会保障制度のしくみを説明できる
3 医療保険の成り立ちと現状 2.社会保障制度の中での医療保険制度の役割を概説できる
5.医療保険の成り立ちと現状を説明できる
4 医療保険のしくみ 2.社会保障制度の中での医療保険制度の役割を概説できる
6.医療保険のしくみを説明できる
7.医療保険の種類を列挙できる
5 高齢者医療保険制度 4.高齢者医療制度医療保険のしくみを説明できる
6 医療現場における医療保険制度の実際と問題点1 8.国民の福祉健康における医療保険の問題点について概説できる
7 介護保険制度 3.介護保険制度のしくみを説明できる
8 医療現場における介護保険制度の実際と問題点 3.介護保険制度のしくみを説明できる
9 国民医療費 9.国民医療費の動向を概説できる
10 薬価制度 10.保険医療と薬価制度の関係を概説できる
11 診療報酬 11.診療報酬と薬価基準について説明できる
12 調剤報酬 11.診療報酬と薬価基準について説明できる
12.医療費の内訳を概説できる。
13 医療現場における医療保険制度の実際2 5.医療保険の成り立ちと現状を説明できる
6.医療保険のしくみを説明できる
7.医療保険の種類を列挙できる
8.国民の福祉健康における医療保険の問題点について概説できる
▲PAGE TOP

調剤学実習  [Practice in Dispensing Pharmacy ]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1単位 必修・薬科学科:1単位 選択(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 講師 西野 隆雄 助手 羽田 理恵  
備考
授業の目的と概要
 調剤は、薬剤師に認められている専権行為である。4年次〜5年次に実施される病院・薬局実務実習(臨床導入実習を含む)を受けるために、基礎的な知識、技能、態度を修得することを目的とする。本実習において、処方せんの授受から服薬指導に至る調剤の流れの基礎を身につける。
●一般目標(GIO)
 患者本位の良質な医療を提供するために、調剤および製剤、服薬指導などの薬剤師職務、特に処方せん授受から服薬指導に至る調剤に必要な基本的知識、技能、態度を修得する。
●到達目標(SBOs)
1.調剤の流れについて説明できる。
2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
3.代表的な処方せん例の鑑査をシミュレートできる。
4.処方せん鑑査の意義とその必要性について討議する。
5.疑義照会をシミュレートする。
6.処方せん例にしたがって、計数調剤をシミュレートできる。
7.処方せん例にしたがって、計量調剤をシミュレートできる。
8.調剤された医薬品の鑑査をシミュレートできる。
9.麻薬の取り扱いをシミュレートできる。
10.代表的な院内製剤を調製できる。
11.リスクを回避するための具体策を提案する。
12.医薬品の基本的な情報を収集できる。
13.医療スタッフのニーズに合った情報提供を体験する。
14.患者のニーズに合った情報提供を体験する。
15.インフォームド・コンセント、守秘義務などのに配慮する。
16.適切な言葉を選び、適切な手順を経て服薬指導する。
17.患者背景、情報を把握できる。
18.代表的な医薬品について、適切な服薬指導ができる。
授業の方法
1班13名程度の班を編成し、ローテーション方式で実習を行う。ただし、実習は原則として個人単位とする。
●準備学習や授業に対する心構え
医療現場に直接関連した実習であることを認識して受講していただきたい。
●オフィス・アワー 
時間:随時  場所:臨床薬学実務教育研究室(B棟1階)、調剤実習関連実習室(C棟3階)
成績評価法
 実習試験、実習への出席状態、レポートの内容により総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
実習テキスト及び「医療薬剤学2」の講義で使用した教科書を用いる。
授業計画
項目 授業内容
1 実習講義 1.調剤の流れについて説明できる。
2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
2 処方せん鑑査 3.代表的な処方せん例の鑑査をシミュレートできる。
4.処方せん鑑査の意義とその必要性について討議する。
5.疑義照会をシミュレートする。
3 計数調剤 2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
6.処方せん例にしたがって、計数調剤をシミュレートできる。8.調剤された医薬品の鑑査をシミュレートできる。
11.リスクを回避するための具体策を提案する。
4 計量調剤1(内用固形製剤) 2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
7.処方せん例にしたがって、計量調剤をシミュレートできる。8.調剤された医薬品の鑑査をシミュレートできる。
11.リスクを回避するための具体策を提案する。
5 計量調剤2(内用液剤、注射剤) 2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
7.処方せん例にしたがって、計量調剤をシミュレートできる。8.調剤された医薬品の鑑査をシミュレートできる。
9.麻薬の取り扱いをシミュレートできる。
11.リスクを回避するための具体策を提案する。
6 院内製剤の調製(半固形製剤) 2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
10.代表的な院内製剤を調製できる。
11.リスクを回避するための具体策を提案する。
7 医薬品の情報収集と提供 12.医薬品の基本的な情報を収集できる。
13.医療スタッフのニーズに合った情報提供を体験する。
8 患者接遇と服薬指導 12.医薬品の基本的な情報を収集できる。
14.患者のニーズに合った情報提供を体験する。
15.インフォームド・コンセント、守秘義務などのに配慮する。16.適切な言葉を選び、適切な手順を経て服薬指導する。
17.患者背景、情報を把握できる。
18.代表的な医薬品について、適切な服薬指導ができる。
▲PAGE TOP