トップページへ

臨床栄養学  [Clinical Nutrition]

開講情報
5年次 前期 薬学科:0.5単位 必修
担当教員
非常勤講師 山東 勤弥    
備考
授業の目的と概要
 Nutrition Support Team(NST)という専門の知識と技術を持ったチーム内で、重要な役割を担う「臨床薬剤師」として知っておかねばならない事柄に重点を置いて講義を行う。
●一般目標(GIO)
 Nutrition Support Team(NST)という専門の知識と技術を持ったチームの必要性が臨床の場で認識されつつある。NST内で、他のメンバーと対等に会話ができ、実際の臨床の場で行われている臨床栄養の知識の習得を目指す。また、食品と医薬品の相互作用、医薬品が栄養に及ぼす影響について理解する。
●到達目標(SBOs)・・・授業内容のところに到達目標を記入していただきますが、この箇所に併記していただいても結構です。
授業の方法
DVDとスライドによる。(配布資料・プリントあり)
●準備学習や授業に対する心構え
受け身の参加ではなく、集中し、積極的態度で受講するように。
常に考え、何事にも疑問を持つようにしてもらいたい。
復習をしないと次回の講義が理解できないので、受講日に必ず復習すること。
●オフィス・アワー(時間帯や場所など)
非常勤なので困難であるが、授業の前後に質問を受けるようにする。
成績評価法
定期試験で100%評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『臨床栄養用語辞典』 山東勤弥 他 フリーク・セブン
『レジデントのための栄養管理基本マニュアル』 山東勤弥 他 文光堂
参考書
書名 著者名 出版社名
『NSTのための臨床栄養ブックレット疾患・病態別栄養管理の実際シリーズ(第1〜6巻)』 山東勤弥 他 文光堂
『臨床栄養治療の実践(基礎編)』 山東勤弥 他 金原出版
『臨床栄養治療の実践 (病態別編)』 山東勤弥 他 金原出版
『臨床栄養医学』 山東勤弥 他 南山堂
『Q&Aで学ぶ栄養療法と薬学管理 薬局 臨時増刊59巻』 山東勤弥 他 南山堂
『栄養サポートチームQ&A ―患者ケアの基本は栄養管理から―』 山東勤弥 他 じほう
『<連載>処方から学ぶ must/must not 輸液・栄養療法のエッセンス essence 月刊薬事 49巻8号(平成19年8月)〜 連載中』 山東勤弥 他 じほう
『大阪樟蔭女子大学大学院 人間科学研究科 人間栄養学専攻DVDシリーズVol.5臨床栄養学実践講座 胃腸のメカニズム』 山東勤弥 他 フリーク・セブン
『とっつきにくい輸液 「これでわかる!もう怖くない!」』 山東勤弥 他 フリーク・セブン
『大阪樟蔭女子大学大学院 人間科学研究科 人間栄養学専攻DVDシリーズVol.6 症例に学ぶ!ここまでわかる栄養アセスメント2008改訂版』 山東勤弥 他 フリーク・セブン
『セミナーシリーズVol.2症例に学ぶ! パワーアップスキル:アセスメントSGA+褥瘡DESIGN』 山東勤弥 他 フリーク・セブン
『大阪樟蔭女子大学大学院 人間科学研究科 人間栄養学専攻DVDシリーズVol.7』 山東勤弥 他 フリーク・セブン
授業計画
項目 授業内容
1 NSTとは NSTの現状を知り、「臨症薬剤師」の役割を理解する。
2 臨床生化学 臨床栄養に直結した「生化学」の知識を理解する。
3 輸液の基本 中心静脈栄養法の基となる輸液の基本を理解する。
4 栄養療法:病態別栄養管理 栄養療法の両輪をなす経腸栄養と静脈栄養法を理解する。
5 栄養病態各論@:Marasmus 栄養病態の典型例の栄養管理(アセスメントからプラング、モニタリング)を理解する。
6 栄養病態各論A:Kwashiorkor 栄養病態の典型例の栄養管理(アセスメントからプラング、モニタリング)を理解する。
7 栄養病態各論B:飢餓状態 栄養病態の典型例の栄養管理(アセスメントからプラング、モニタリング)を理解する。
8 食品と医薬品の相互作用 食品と医薬品の相互作用、医薬品が栄養に及ぼす影響について、人間栄養学的観点から、理解する。
▲PAGE TOP