トップページへ

調剤学実習  [Practice in Dispensing Pharmacy ]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1単位 必修・薬科学科:1単位 選択(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 講師 西野 隆雄 助手 羽田 理恵  
備考
授業の目的と概要
 調剤は、薬剤師に認められている専権行為である。4年次〜5年次に実施される病院・薬局実務実習(臨床導入実習を含む)を受けるために、基礎的な知識、技能、態度を修得することを目的とする。本実習において、処方せんの授受から服薬指導に至る調剤の流れの基礎を身につける。
●一般目標(GIO)
 患者本位の良質な医療を提供するために、調剤および製剤、服薬指導などの薬剤師職務、特に処方せん授受から服薬指導に至る調剤に必要な基本的知識、技能、態度を修得する。
●到達目標(SBOs)
1.調剤の流れについて説明できる。
2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
3.代表的な処方せん例の鑑査をシミュレートできる。
4.処方せん鑑査の意義とその必要性について討議する。
5.疑義照会をシミュレートする。
6.処方せん例にしたがって、計数調剤をシミュレートできる。
7.処方せん例にしたがって、計量調剤をシミュレートできる。
8.調剤された医薬品の鑑査をシミュレートできる。
9.麻薬の取り扱いをシミュレートできる。
10.代表的な院内製剤を調製できる。
11.リスクを回避するための具体策を提案する。
12.医薬品の基本的な情報を収集できる。
13.医療スタッフのニーズに合った情報提供を体験する。
14.患者のニーズに合った情報提供を体験する。
15.インフォームド・コンセント、守秘義務などのに配慮する。
16.適切な言葉を選び、適切な手順を経て服薬指導する。
17.患者背景、情報を把握できる。
18.代表的な医薬品について、適切な服薬指導ができる。
授業の方法
1班13名程度の班を編成し、ローテーション方式で実習を行う。ただし、実習は原則として個人単位とする。
●準備学習や授業に対する心構え
医療現場に直接関連した実習であることを認識して受講していただきたい。
●オフィス・アワー 
時間:随時  場所:臨床薬学実務教育研究室(B棟1階)、調剤実習関連実習室(C棟3階)
成績評価法
 実習試験、実習への出席状態、レポートの内容により総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
実習テキスト及び「医療薬剤学2」の講義で使用した教科書を用いる。
授業計画
項目 授業内容
1 実習講義 1.調剤の流れについて説明できる。
2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
2 処方せん鑑査 3.代表的な処方せん例の鑑査をシミュレートできる。
4.処方せん鑑査の意義とその必要性について討議する。
5.疑義照会をシミュレートする。
3 計数調剤 2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
6.処方せん例にしたがって、計数調剤をシミュレートできる。8.調剤された医薬品の鑑査をシミュレートできる。
11.リスクを回避するための具体策を提案する。
4 計量調剤1(内用固形製剤) 2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
7.処方せん例にしたがって、計量調剤をシミュレートできる。8.調剤された医薬品の鑑査をシミュレートできる。
11.リスクを回避するための具体策を提案する。
5 計量調剤2(内用液剤、注射剤) 2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
7.処方せん例にしたがって、計量調剤をシミュレートできる。8.調剤された医薬品の鑑査をシミュレートできる。
9.麻薬の取り扱いをシミュレートできる。
11.リスクを回避するための具体策を提案する。
6 院内製剤の調製(半固形製剤) 2.調剤に必要な機器・器具を適切に取り扱うことができる。
10.代表的な院内製剤を調製できる。
11.リスクを回避するための具体策を提案する。
7 医薬品の情報収集と提供 12.医薬品の基本的な情報を収集できる。
13.医療スタッフのニーズに合った情報提供を体験する。
8 患者接遇と服薬指導 12.医薬品の基本的な情報を収集できる。
14.患者のニーズに合った情報提供を体験する。
15.インフォームド・コンセント、守秘義務などのに配慮する。16.適切な言葉を選び、適切な手順を経て服薬指導する。
17.患者背景、情報を把握できる。
18.代表的な医薬品について、適切な服薬指導ができる。
▲PAGE TOP