トップページへ

薬剤学実習  [Practice in Pharmaceutics]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1単位 必修・薬科学科:1単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 掛見 正郎 講師 岩永 一範 講師 宮崎 誠
備考
授業の目的と概要
 化学合成技術を駆使し、あるいは様々な医薬資源から医薬品候補化合物は探索されるが、疾病に対して有効な薬理作用を有し、安全性の高い化合物が探索されたとしても、これだけでは「新しい医薬品」にはならない。すなわち次のステップとして、(1)薬物自体の生体内動態を解析し、(2)最適な投与計画を設定すると同時に、(3)最適な製剤設計、(4)効率的な製剤製造法の開発、(5)保存時における有効性及び安全性の確認(品質管理)が必要である。この全体の流れには生物薬剤学、臨床薬剤学、薬品工学、製剤学、そして製剤の品質管理として日本薬局方(日局15)が含まれる。「薬剤学実習」では、最も基礎的な実験を通して、これら全体の流れを理解させる。
●一般目標(GIO)
(1)医薬品の作用する過程を理解するために、代表的な薬物の作用、作用機序、および体内での運命に関する基本的知識と態度を修得し、それらを応用する基本的技能を身につける。
(2)作用部位に達した薬物の量と作用により薬効が決まることを理解するために、薬物の生体内における動きと作用に関する基本的知識、技能、態度を修得する。
(3)薬物の生体内運命を理解するために、吸収、分布、代謝、排泄の過程に関する基本的知識とそれらを解析するための基本的技能を修得する。
(4)薬効や副作用を体内の薬物動態から定量的に理解できるようになるために、薬物動態の理論的解析に関する基本的知識と技能を修得する。
(5)個々の患者に応じた投与計画を立案できるようになるために、薬物治療の個別化に関する基本的知識と技能を修得する。
(6)薬物と製剤材料の性質を理解し、応用するために、それらの物性に関する基本的知識、および取扱いに関する基本的技能を修得する。
(7)医薬品の用途に応じた適切な剤形を調製するために、製剤の種類、有効性、安全性、品質などに関する基本的知識と、調製を行う際の基本的技能を修得する。
(8)医薬品開発、薬剤疫学、薬剤経済学などの領域において、データ解析、および評価に必要な統計学の基本的知識と技能を修得する。
●到達目標(SBOs)
【薬の運命】
1)薬物の体内動態と薬効発現の関わりについて説明できる。
2)薬物の代表的な投与方法(剤形、投与経路)を列挙し、その意義を説明できる。
3)薬物の生体内分布における循環系の重要性を説明できる。
4)生体内の薬物の主要な排泄経路を、例を挙げて説明できる。
【動物実験】
1)動物実験における倫理について配慮する。(態度)
2)代表的な実験動物を適正に取り扱うことができる。(技能)
3)実験動物での代表的な薬物投与法を実施できる。(技能)
【分布】
1)薬物の体液中での存在状態(血漿タンパク結合など)を組織への移行と関連づけて説明できる。
2)薬物分布の変動要因(血流量、タンパク結合性、分布容積など)について説明
3)代表的な薬物のタンパク結合能を測定できる。(技能)
【排泄】
1)腎における排泄機構について説明できる。
2)腎クリアランスについて説明できる。
【相互作用】
1)薬物動態に起因する相互作用の代表的な例を挙げ、回避のための方法を説明できる。
【薬動学】
1)薬物動態に関わる代表的なパラメーターを列挙し、概説できる。
2)薬物の生物学的利用能の意味とその計算法を説明できる。
3)線形2-コンパートメントモデルを説明し、これに基づいた計算ができる。(知識・技能)
4)生物学的半減期を説明し、計算できる。(知識・技能)
5)全身クリアランスについて説明し、計算できる。(知識・技能)
6)モデルによらない薬物動態の解析法を列挙し説明できる。
7)薬物の肝および腎クリアランスの計算ができる。(技能)
【TDM (Therapeutic Drug Monitoring)】
1)治療的薬物モニタリング(TDM)の意義を説明できる。
2)TDMが必要とされる代表的な薬物を列挙できる。
3)薬物血中濃度の代表的な測定法を実施できる。(技能)
4)至適血中濃度を維持するための投与計画について、薬動学的パラメーターを用いて説明できる。
5)代表的な薬物についてモデルデータから投与計画をシミュレートできる。(技能)
【投与計画】
1)患者固有の薬動学的パラメーターを用いて投与設計ができる。(知識・技能)
2)ポピュレーションファーマコキネティクスの概念と応用について概説できる。
3)薬動力学的パラメーターを用いて投与設計ができる。(知識・技能)
【製剤化】
1)製剤化の単位操作および汎用される製剤機械について説明できる。
2)単位操作を組み合わせて代表的製剤を調製できる。(技能)
【製剤試験法】
1)日本薬局方の製剤に関連する試験法を列挙できる。
2)日本薬局方の製剤に関連する代表的な試験法を実施し、品質管理に適用できる。(技能)
【生物統計の基礎】
1)主な二群間の平均値の差の検定法(t-検定、Mann-Whitney U 検定)について、適用できるデータの特性を説明し、実施できる。(知識・技能)
2)χ2 検定の適用できるデータの特性を説明し、実施できる。(知識・技能)
3)最小二乗法による直線回帰を説明でき、回帰係数の有意性を検定できる。(知識・技能)
4)主な多重比較検定法(分散分析、Dunnett 検定、Tukey 検定など)の概要を説明できる。
授業の方法
12班構成、項目2〜4と5〜7の順番は班によって入れ替わる。レポート提出は個人単位とする。
●準備学習や授業に対する心構え

●オフィス・アワー 
随時
成績評価法
実習への出席状態、レポートの提出状況を総合的に評価する。また実習試験を行うことがある。
教科書
書名 著者名 出版社名
実習テキスト
参考書
書名 著者名 出版社名
『第15改正日本薬局方解説書』 日本公定書協会 廣川書店
『広義薬物動態学』 掛見正郎 京都廣川書店
『わかりやすいい物理薬剤学』(第4版) 辻 彰 (編) 廣川書店
授業計画
項目 授業内容
1 実習講義
2 薬物の血漿中濃度とその解析1 フェノールレッドの血中濃度の測定 項目2〜3は、薬物動態学的概念と解析方法に関する理解を助けることを目的とする。従来の血中PR濃度測定1日目の内容(PR単独、プロベネシド併用)とほぼ同等の予定。ただし、投与・採血はスタッフがラット2匹について実施し、定量(プレートリーダー使用)のみを各班で実施。各班は検量線作成と血中濃度の算出までを行う。
3 薬物の血漿中濃度とその解析2 グラフ法とコンピュータによるコンパートメントモデル解析 前日の血中PR濃度についてグラフ法による解析と、その結果を初期値として非線形最小二乗法によるあてはめ解析を行う。得られた薬物動態学的パラメータ値について、統計学的な検定を行うことで、プロベネシド併用がPRの体内動態に与える影響を統計学的および生物学的視点から考察する。
4 母集団薬物動態解析とベイズ推定による投与計画の設計 母集団薬物動態解析の概念と薬物速度論を根拠にした投与計画立案の手法について理解を助けることを目的とする。75例の糖尿病患者における血中薬物濃度データについて、NONMEMを使って患者体重、性別、人種を考慮したポピュレーションPK解析を行い、母集団パラメータの算出を行う。また、ベイズ推定による投与計画を立案する。
5 薬物のタンパク結合測定 数種の薬物について、限外ろ過法によるタンパク結合率の測定を行い、その測定結果をスキャッチャードプロット法等により解析し、タンパク結合に関する種々のパラメータを算出し考察を行う。これらを通して、タンパク結合測定の意義やその原理、測定方法、病態時(タンパク濃度の低下等)における薬物のタンパク結合率の変動やタンパク結合における薬物間相互作用に関しての知識、技能を身につける。
6 製剤学試験 顆粒剤および錠剤を製造する。顆粒剤は湿式押出造粒法を用いる。錠剤の製造には「セミ直打法」および「顆粒圧縮法」を用い、ともに打錠機で製造する。製造した顆粒剤および錠剤は、次の「局方試験」に供する。
これらを通して顆粒剤、錠剤の製法に関する知識と技能を身につける。
7 薬局方試験 日本薬局方一般試験法 (1)粉体物性試験法:「かさ密度」、「タップ密度」、[安息角」、 (2)製剤に関連する試験法:「製剤均一性試験」、顆粒剤の「粒度」、[含水率」、錠剤、カプセル剤の「溶出試験」、「崩壊試験」、錠剤の「摩損度」、「硬度」に関する試験を行う。
これらを通して、薬局方一般試験法の実施、結果に対する判定方法についての知識、技能を身につける。
8 実習試験・演習
▲PAGE TOP