トップページへ

医用工学概論  [Introduction to Medical Engineering]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1単位 選択・薬科学科:1単位 選択
担当教員
非常勤講師 藤原 英明    
備考
授業の目的と概要
 臨床検査技師国家試験受験資格科目を兼ねた選択科目であり、臨床検査領域における理工学的計測技術を中心に講義します。生体分析・生体計測・機器分析の基本は共通なので、薬学で利用される機器を幅広く理解するためにも役立つことを目的とします。
●一般目標(GIO)
 臨床検査領域における理工学的計測技術の基本を習得する。
授業の方法
基本的には、教科書を指定し、それに準じて講義を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
予習・復習は必要としないが、講義の間に感じた疑問は、その場か講義終了後に質問して解決しておく。
●オフィス・アワー
毎回、講義終了後の1時間 
成績評価法
出席状況と試験により評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『臨床検査学講座 医用工学概論』 嶋津秀明 他 医歯薬出版
参考書
書名 著者名 出版社名
『臨床検査技術学』 田頭 功 他 医学書院
授業計画
項目 授業内容
1 医用工学概論 臨床検査における医用理工学の役割、および臨床検査支援技術の背景・概要が説明できる。
2 医用電子技術(1)
電気・電子素子の基礎
電荷と電場、電流と磁場、直流・交流回路、能動素子などについて説明できる。
3 医用電子技術(2)
電子回路(増幅、電源)
増幅器、電源回路その他について説明できる。
4 医用電子技術(3)
電子回路(記録・表示)
データの記録・表示装置について説明できる。
5 生体からの情報収集(1)
生体の生理的・物理的性質
生体の電気・機械的性質や、超音波・熱・光・磁気・電磁波に対する性質が説明できる。
6 生体からの情報収集(2)
電極を用いる検査機器
種々の電極およびそれを用いる検査機器について説明できる。
7 生体からの情報収集(3)
変換器を用いる検査機器
種々の変換器(トランスデューサ)およびそれを用いる検査機器について説明できる。
8 生体からの情報収集(4)
画像診断装置(MRI、超音波)
画像診断装置として、MRIと超音波装置の基本原理と応用特性について説明できる。
9 生体からの情報収集(5)
画像診断装置(CT、核医学)
画像診断装置として、X線CT装置や核医学装置について、基本原理と応用特性を説明できる。
10 基本的な電子計測機器の取扱い 種々の基本的な電子計測機器について、実験方法や実験上の特性などを説明できる。
11 安全対策(1)
安全対策の基本
種々の医療機器の安全についての基本的考えが説明できる。
12 安全対策(2)
安全性の測定とシステム安全
種々の医療機器の安全性の試験方法やシステム的な安全性を説明できる。
13 まとめ 各項目の説明ができることを、試験などで確認する。
▲PAGE TOP