トップページへ

臨床生理学  [Clinical Physiology]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1単位 選択・薬科学科:1単位 選択(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 非常勤講師 藤岡 重和 非常勤講師 和田 晋一  
備考
授業の目的と概要
 生体からの生理機能情報を収集するための理論と実際について解説します。また、計測技術演習や症例提示を行い、検査結果の解析と評価について学習します。
●一般目標(GIO)
 各検査領域において、その臨床的意義、生体情報を収集する技術、結果の解析、評価法を習得することを目標とします。
授業の方法
教科書と配付資料を中心に授業を行います。適宜、ビデオ・DVD・CDなどの教材による解説とパワーポイントを用いた症例提示を行います。
●準備学習や授業に対する心構え
生理機能検査学を習得するには、主要器官の構造と機能を理解しておく必要があります。授業の前に復習しておいて下さい。
●オフィスアワー
時間:講義終了後の1時間、場所:講義室
成績評価法
定期試験90%、平常点10%(レポートなど)
教科書
書名 著者名 出版社名
『臨床検査学講座 生理機能検査学(第2版)』 大久保善朗 他 医歯薬出版
参考書
書名 著者名 出版社名
『臨床検査技術学 生理検査学・画像検査学(第3版)』 清水加代子 他 医学書院
授業計画
項目 授業内容
1 臨床生理学の総論 生理検査の目的と業務範囲を説明できる。検査の注意事項を説明できる。
2 循環器系の検査
(1)心電図
心電図検査の臨床的意義、原理・装置、検査方法、検査結果を説明できる。
3 循環器系の検査
(2)ホルター心電図
  負荷心電図
ホルター心電図検査、負荷心電図検査の臨床的意義、原理・装置、検査方法、検査結果を説明できる。
4 循環器系の検査
(3)心音図
心音図検査の臨床的意義、原理・装置、検査方法、検査結果を説明できる。
5 循環器系の検査
(4)脈波、自動連続血圧計
脈波検査、自動連続血圧計の臨床的意義、原理・装置、検査方法、検査結果を説明できる。
6 神経・筋系の検査
(1)脳波
脳波検査の臨床的意義、原理・装置、検査方法、検査結果を説明できる。
7 神経・筋系の検査
(2)筋電図
筋電図検査の臨床的意義、原理・装置、検査方法、検査結果を説明できる。
8 呼吸器系の検査
(1)呼吸機能検査
呼吸機能検査の臨床的意義、原理・装置、検査方法、検査結果を説明できる。
9 呼吸器系の検査
(2)血液ガスと酸塩基平衡
血液ガス検査の臨床的意義、原理・装置、検査方法、検査結果を説明できる。
10 超音波検査
(1)超音波検査法の基礎
超音波の性質と超音波装置の構造と操作法を説明できる。
11 超音波検査
(2)心臓の超音波検査
心臓の正常像と代表的な異常像を説明し、結果を解釈できる。
12 超音波検査
(3)腹部臓器の超音波検査
腹部臓器の正常像と代表的な異常像を説明し、結果を解釈できる。
13 まとめと演習 臨床検査技師国家試験問題を用いて演習と解説を行います
▲PAGE TOP