トップページへ

医薬品化学2  [Medicinal Chemistry 2]

開講情報
4年次 後期 薬学科:1.5単位 選択・薬科学科:1.5単位 必修
担当教員
教授 田中 麗子    
備考
授業の目的と概要
 「医薬品化学」は「創薬化学」、「メディシナルケミストリー (Medicinal Chemistry)」とも呼ばれ医薬品の創製に関する学問であります。「医薬品化学2」では「医薬品化学1」で習得した医薬品化学の知識をふまえた上で、医薬品の開発と生産、臨床試験と承認、医薬品に含まれる代表的な構造と性質を習得します。
●一般目標(GIO)
 医薬品の作用を化学構造と関連づけて理解するために、医薬品に含まれる代表的な構造と性質に関する基本的知識を修得する。医薬品開発と生産の実際を理解するために、医薬品創製と製造の各プロセスに関する基本的知識を修得し、社会的重要性に目を向ける態度を身につける。
授業の方法
教科書および配布プリントを用いて、講義形式で授業を行います。
●準備学習や授業に対する心構え
教科書、プリント、黒板を使って授業を行うので、整理する必要があります。主に復習を重点的に行って下さい。
●オフィス・アワー 
(月)〜(金)の随時、B棟6階 医薬品化学研究室に来て下さい。
成績評価法
定期試験の成績ならびに出席状況を総合して評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
『NEW医薬品化学』 日比野俐、夏苅英昭、廣田耕作 (編集) 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『メディシナルケミストリー』 北川 勳、柴崎正勝、富岡 清 (監訳) 丸善
『創薬科学・医薬化学』 橘高敦史 (編集) 化学同人
『創薬科学』 石橋弘行 (編集) 廣川書店
授業計画
項目 授業内容
1 医薬品の開発と生産 医薬品開発を計画する際に考慮すべき因子、日本の疾病の特徴、売上高上位の医薬品、ジェネリック医薬品の役割、オーファンドラッグの重要性について説明できる
2 医薬品の開発と生産 医薬品の創製における特許(知的財産権)、薬害について概説できる
3 医薬品の開発と生産 医薬品の工業的規模での製造工程の特色、品質管理の意義と環境保全を概説できる    
4 臨床試験と承認 治験の役割、内容、制度、および臨床試験の目的と実施概要、販売承認申請から申請までのプロセス、市販後調査の制度と意義を説明できる
5 全身麻酔薬・催眠鎮静薬・抗不安薬 スクリーニングの対象となる化合物の起源、薬物動態を考慮したドラッグデザインについて説明できる
6 統合失調症治療薬・抗うつ薬 古典的な医薬品開発から理想的な創薬への歴史について説明できる
7 モルヒネと受容体 医薬品と標的生体分子の相互作用を立体化学的観点から説明できる
8 オータコイド 代表的な芳香族複素環化合物の性質を芳香族性と関連づけて説明できる
9 ヒスタミン・セロトニン関連薬 医薬品開発の標的となる生体分子を列挙できる
10 ステロイド系ホルモン ステロイドアナログの医薬品を列挙し、化学構造を比較できる
11 アルキル化剤・代謝拮抗薬 アルキル化剤とDNA塩基の反応を説明できる
12 抗がん性抗生物質 インターカレーターの作用機序を図示し、説明できる
13 βーラクタム系抗生物質 βーラクタムを持つ医薬品の作用機序を化学的に説明できる
▲PAGE TOP