トップページへ

薬品合成化学2  [Synthetic Organic Chemistry 2]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1.5単位 選択・薬科学科:1.5単位 必修
担当教員
教授 春沢 信哉    
備考
授業の目的と概要
●授業の目的と概要
 3年次後期の「薬品合成化学1」では、酸化、還元反応を中心に官能基変換反応を授業したが、 「薬品合成化学2」では有機医薬品の骨格を形成する炭素‐炭素結合反応を主な授業の対象とし、代表的な縮合反応、付加反応、C-アルキル化、C-アシル化について講義する。
●一般目標(GIO)
 医薬品を含む目的化合物を合成するために、代表的な炭素骨格の構築法などに関する基本的知識を習得する。
授業の方法
●準備学習や授業に対する心構え
内容が1・2年生の有機化学の基礎から医薬品への応用となるので、基礎有機化学及び授業の復習し、普段から勉強すること。
●オフィス・アワー 
B棟6階 有機薬化学研究室に会議、実習等以外では随時来て下さい。
成績評価法
原則的には、定期試験の得点で評価するが、そこへ出席を加味する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『有機薬品製造化学第4版』 栗原拓史、内藤猛章(編集) 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『化学系薬学 II. ターゲット分子の合成と生体分子・医薬品の化学』 日本薬学会編 東京化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 アルドール縮合および関連反応 代表的な炭素酸のpKaと反応性の関係を説明できる。
2 アルドール縮合および関連反応 代表的な炭素-炭素結合生成反応について概説できる(選択的アルドール縮合)。
3 アルドール縮合および関連反応 代表的な炭素-炭素結合生成反応について概説できる(Knoevenagel, Mannich, Darzen等の反応)。
4 エステル縮合と関連反応 代表的な炭素-炭素結合生成反応について概説できる(Claisen縮合)。
5 エステル縮合と関連反応 代表的な炭素-炭素結合生成反応について概説できる(Dieckmann縮合)。
6 エステル縮合と関連反応 代表的な炭素-炭素結合生成反応について概説できる(Thorpe-Ziegler, Acylion縮合)。
7 付加的縮合 代表的な炭素-炭素結合生成反応について概説できる(Michael反応)。
8 付加的縮合 代表的な炭素-炭素結合生成反応について概説できる(Robinson反応)。
9 C-アルキル化、C-アシル化
代表的な炭素-炭素結合生成反応について概説できる(活性メチレンのアルキル化、アシル化)。
10 C-アルキル化、C-アシル化 代表的な位置選択的反応を列挙し、その応用例について説明できる。
11 O-アルキル化 エーテルの代表的な合成法について説明できる。
12 N-アルキル化 窒素を含む代表的な合成法について説明できる。
13 ラジカルアルキル化反応 代表的な位置選択的反応を列挙し、その応用例について説明できる(ラジカルアルキル化反応)。
▲PAGE TOP