トップページへ

生物物理化学  [Biophysical Chemistry]

開講情報
4年次 前期 薬学科:1.5単位 選択・薬科学科:1.5単位 必修
担当教員
准教授 友尾 幸司    
備考
授業の目的と概要
 生物物理化学とは、生物学の対象となる物質について、その物理的、化学的性質について探求する学問である。生体に関する研究は目覚ましい進歩を遂げ、生物学研究の対象は分子・原子を対象とするまでに至った。それらの生物学的に重要な分子は、様々な構造や物性を有し、その機能もまた非常に複雑である。本講義は、生体高分子の構造と機能についての理解を深めるために、生体高分子の物理化学的性質と機能解析法について解説を行う。
●一般目標(GIO)
 生体分子の機能および医薬品の働きを立体的、動的にとらえるために、タンパク質、核酸および脂質などの立体構造やそれらの相互作用に関する基本的知識を修得する。
授業の方法
教科書を用いて、講義形式で行う。
●準備学習や授業に対する心構え
講義内容を充分修得するために、復習を欠かさず行うこと。
●オフィス・アワー 
講義、実習、会議以外は随時。B棟4階 薬品物理化学研究室
成績評価法
定期試験、出席状況や受講態度などの平常点、課題などを総合的に評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
『薬学生のための生物物理化学入門』 加茂直樹、嶋林三郎 (編) 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『スタンダード薬学シリーズ・物理系薬学III』 市川 厚 他 東京化学同人
『生物物理化学』 相澤益男 他 講談社サイエンティフィク
授業計画
項目 授業内容
1 生体高分子の基礎と構造(1) アミノ酸やタンパク質などの立体構造について概説できる
2 生体高分子の基礎と構造(2) 核酸や糖の立体構造について概説できる
3 生体高分子の基礎と構造(3) 生体高分子の分子量測定について説明できる
4 生体高分子の電気化学的性質 酸塩基平衡などの生体高分子の電気化学的性質と電気泳動による分離法を説明できる
5 生体高分子の物理化学的性質(1) 紫外可視吸光度測定法の原理を説明し、生体分子の解析への応用例について説明できる
6 生体高分子の物理化学的性質(2) 蛍光光度法、赤外・ラマン分光スペクトルの原理と、生体分子の解析への応用例について説明できる
7 生体高分子の構造解析(1) 生体分子の解析への核磁気共鳴スペクトル測定法の原理を説明できる
8 生体高分子の構造解析(2) 生体分子の解析へのX線結晶解析の原理を概説できる
9 生体高分子の機能(1) 生体高分子の熱力学的性質について説明できる
10 生体高分子の機能(2) 酵素の働きについて説明できる
11 生体高分子の機能(3) 酵素反応とその機構について説明できる
12 生体高分子の分子間相互作用 静電相互作用、水素結合、疎水結合などの分子間相互作用について説明できる
13 生体界面の性質 生体膜の構造や膜輸送について説明できる
▲PAGE TOP