トップページへ

薬学英語1  [Technical English 1]

開講情報
4年次 前期 薬科学科:1.5単位 必修
担当教員
備考 薬学科名称:「薬学英語」
授業の目的と概要
・授業は5クラスを開講する。
・第1回目は授業内容を紹介(登録)する機会とする。
・第2回目から、本格的に授業を開始する。
●一般目標(GIO)
 薬学研究や薬剤師業務などにおいて、英語を言語とした各種専門的媒体からの情報収集、成果の公表、およびオーラルコミュニケーションなどで必要とされる専門的な英語力を身につけるために、薬学英語の基本知識と技能を修得する。 
●到達目標(SBOs)
・ 薬学関連分野でよく用いられる英単語を正確に記述できる。
・ 薬学関連分野の英語論文の内容を理解し説明できる
・ 英語で論文を書くために必要な基本構文を使用できる。
・ 薬の合成法や化学的性質などの基礎的情報を英文で収集し、内容を日本語で記述することが出来る。
・ 平易な英語を用いて研究成果の公表や、医療の現場での基本的な会話を英語で行うことが出来る。
クラス分けの決定
・本講義は、専門薬学系と総合薬学系の教員6名で行う。
・授業の概要、方法、成績評価法、教科書、参考書等については第1回目の講義で説明する。
・学生はシラバスと第1回目の講義を参考に、希望する講義を選択する。ただし、選択人数に偏りが生じた場合には、教務部が調整を行う。
担当者一覧
Aクラス Bクラス
友尾 幸司   佐久間 覚   
藤井  忍  和田 俊一    
大喜多 守
友尾 幸司   佐久間 覚   
藤井  忍  和田 俊一   
大喜多 守
薬学英語1 開講クラス一覧(クラス)
担当者 テキスト・内容紹介
准教授 友尾 幸司 ●授業の目的と概要
 化学・薬学英語の基本的な事柄から専門学術論文の講読まで、様々な観点から取り組むことにより、薬学英語に慣れ親しむことを目的とする。 
●授業の方法
 受講者自ら練習問題に取り組み解答をしてもらうとともに、解説を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
 講義内容を充分修得するために、復習を欠かさず行うこと。 
●成績評価法
 出席、授業中の態度、レポート、試験などにより総合的に評価する。
●教科書
 教科書は指定せず、プリントを配布します。
准教授 佐久間 覚 ●授業の目的と概要
 薬学の専門領域を学習する上で必要となる専門英語の読解力(英文の内容を読み取る力)を身に付けることを主な目標としています。
●授業の方法
 健康や環境問題をテーマとした英文著書、英語論文や英文記事から薬学生が知っておくべき内容や、社会的に話題となっているトピックスを抜粋し、輪読形式で和訳します。そのなかで専門英語特有の文法や表現を学ぶとともに、それぞれの内容を理解していきます。他に、薬学英語に特有の語句、専門用語を纏めた教材を用いて広範囲の科学記事を読み、科学論文を書く基礎を養います。
●準備学習や授業に対する心構え
 毎回の授業ごとに紹介する薬学英語に特有の語句、専門用語は次回の授業までに記憶しておくこと。さらに、事前に配布するプリントは必ず日本語訳し、発表できるように備えておくこと。これらを継続していくためには、一週間に3時間程度の自習時間を要する。また、課題レポートとして、学習者自らが学術論文を検索し、その内容を要約するために、講義期間中に6時間程度の学習時間を要する。
●成績評価法
 定期的に行う単語テスト(30%)、最終授業で行うまとめテスト(10%)、出席回数(30%)、積極性(発表回数と内容で評価し、10%)および課題レポート(20%)で評価する。
●教科書
 教科書は指定しない。授業は配布するプリントを用いて行う。参考書は適宜紹介する。
講師 藤井 忍 ●授業の目的と概要
 薬学を中心とした自然科学に関する考えや解釈などを英語で的確に表現できるようになるために、基本的な科学英語の知識と技能の修得を目的とする。具体的には、前半は単位、数式、化学反応などの英語表現が理解出来るようにテキストやCDを用いて練習する。後半は生物科学に関連した論文や記事を読み、専門英語に慣れると共に、自分の興味のある論文を見つけて読む練習を行う。
●授業の方法
 演習形式で行う。センテンス毎に英文を読み、日本語訳を発表してもらう。また同時に、CDを聞いて発音の確認をしてもらう。
●準備学習や授業に対する心構え
 予習していることを前提として授業を行う。従って、授業範囲内の不明な単語を事前に調べ、CDを聞いて来ることで授業に備える。
●成績評価法
 出席、授業中の態度、レポート、試験などにより総合的に評価する。
●教科書
 『総合科学英語[A]』 (A.F.W. Foong 著) イメックスジャパン
●参考書
 『実務文章で学ぶ薬学英語』 (野口ジュディー著) アルク
 『薬学英語1』(日本薬学英語研究会著) 成美堂
講師 和田 俊一 ●授業の目的と概要
 これまで学習してきた薬学の知識をもとに、薬学関連の英文を題材として、単に英語を和訳するのではなく内容を論理的に理解することに重点を置き、薬学英語に馴染むことを目的としています。
 導入として、薬学を中心とした自然科学に必須な単語や語彙を紹介し、それを踏まえ、英語で書かれた有機化学、生物化学等の教科書、ホームページから抜粋した医薬品関連の記事等を題材に授業を行う予定です。
●授業の方法
 演習形式で行います。英文を読んだり、英語の聞き取りなどを行い、毎回の授業で1人1回発表してもらいます。故に、授業への参加をきわめて重視します。
●準備学習や授業に対する心構え
 この授業は「薬学英語」の導入であり、さらに上達するには常日頃の努力が必要です。授業の内容だけではなく、広く英語に接することを希望します。
●成績評価法
 発表態度(20%)、小テスト2回(40%×2)の結果により評価します。
●教科書
 特に指定しません。教材は授業時に配布します。
講師 大喜多 守 ●授業の目的と概要
 学術論文は研究成果を公にする最大・最速の情報発信手段であり、全世界共通の言語として英語が用いられている。本講座では、自然科学分野、特に、基礎医学・薬学領域における専門英語の基本的知識と技能を修得することを目的とする。すなわち、日常会話で使用される英単語の語意が科学論文ではどのような表現に変化するのかなど、まずは基礎的な英語表現についての理解を深め、最終的には科学論文の読解力向上を目指す。 
●授業の方法
 主として講義中に配布するプリントに沿って授業を進める。また、より優れた医療技術・新薬に関する研究論文など、最先端な話題についても提供する。
●準備学習や授業に対する心構え
 基礎医学・薬学領域で用いられる英単語は、非常に覚えにくい面もあるが、常日頃の努力によって習得できるものである。したがって、講義だけでなく、様々な機会を通じて能動的に学習していくことが大切であると思われる。
●成績評価法
 出席、小テスト、授業参加態度などを複合して評価する。
●教科書
 プリントを使用する。
▲PAGE TOP