トップページへ

有機化学実習  [Practice in Organic Chemistry]

開講情報
3年次 前期 1単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 浦田 秀仁 教授 春沢 信哉 講師 和田 俊一
備考
授業の目的と概要
 「有機化学1〜4」で学ぶ反応のうち、比較的高度な技術を要するGrignard反応など、代表的な反応を題材に取り上げ、特に安全面や環境面に配慮しながら、実験器具の使用法など有機化学実験の基本操作法について学ぶ。同時に、単離した反応生成物の各種スペクトルについて考察する。通常の講義ではほとんど学習対象としない『反応混合物から目的化合物を取り出す精製・単離過程』は、有機化合物の性質を考え・知る上で重要である。こうした『過程』を実際に体験し、有機化学の理論を見つめ直す機会としてもらいたい。
●一般目標(GIO)
 本実習では、有機化合物の性質および官能基の反応性を理解するために、合成反応および反応物の単離・精製と構造確認に関する基本的知識・技能を修得することを目的とする。
●到達目標(SBOs)
授業計画の中に示したSBO以外にも以下のSBOが含まれる
・官能基の性質を利用した分離精製を実施できる
・代表的な官能基を他の官能基に変換できる
・代表的な官能基選択的反応を列挙し、その機構と応用例について説明できる
・反応廃液を適切に処理する
・代表的化合物の部分構造を1H NMRから決定できる
・IRスペクトル上の基本的な官能基の特性吸収を列挙し、帰属することができる
授業の方法
実習講義による概略説明ののち、原則として3人1組で実験を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
「有機化学実習」では、危険を伴う試薬や操作が少なくないため、注意をよく聞き・実行するという姿勢が重要である。安全確保の観点から、本実習では保護メガネの着用を義務づける。
●オフィス・アワー 
講義・会議等で不在の場合以外は随時。
B棟6階 機能分子創製化学研究室
B棟6階 薬品合成化学研究室
成績評価法
筆記試験(70点)および実習レポート(30点)により評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
有機化学実習テキスト(実習初日に配布する)
参考書
書名 著者名 出版社名
『ソロモンの新有機化学 第9版上下巻』 池田正澄、上西潤一、奥山 格、花房昭静(監訳) 廣川書店
『有機薬品製造化学 第4版』 栗原拓史、内藤猛章 (編集) 廣川書店
『第7版 実験を安全に行うために』 化学同人編集部 化学同人
『第3版 続 実験を安全におこなうために』 化学同人編集部 化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 実習講義 「有機化学実習」の目的と内容および実験器具の取り扱いについて
2 NaBH4による還元反応 アルコールの代表的な合成法について説明できる
3 Wittig-Horner反応 アルデヒド類およびケトン類の性質と、代表的な求核付加反応を列挙し、説明できる
4 Diels-Alder反応 Diels-Alder反応の特徴を具体例を用いて説明できる
phthalic Anhydrideの合成
5 Fisherのエステル化 カルボン酸誘導体(エステル)の代表的な合成法について説明できる
6 Grignard反応 代表的な炭素-炭素結合生成反応(Grignard反応)について説明できる
7 求電子置換反応 芳香族化合物の求電子置換反応の機構を説明できる
8 実習試験
▲PAGE TOP