トップページへ

医療薬剤学1  [Introductory Lectures on Hospital Pharmacy Practice]

開講情報
3年次 後期 1.5単位 必修
担当教員
非常勤講師 小川 賀偉    
備考
授業の目的と概要
 本科目における講義は、「実務実習モデル・コアカリキュラム」のうちの「実務実習事前学習」で示されている講義項目の一部であり、薬学科4年次で行われる「臨床導入実習」および「薬学総合演習2」の序論を成すもので、さらに同5年次で行われる「病院・薬局実務実習」のための準備学習となることを目的とする。授業では、薬剤師業務の基礎、処方せんの基礎、医薬品管理、院内製剤の基礎および院内感染対策(消毒薬を含む)について講義する。なお、「コミュニティファーマシー」、「薬物治療学1・2」および「医薬品安全性学」は、それら講義内容の一部に実務実習に関する講義内容を含み、本科目と合わせて「実務実習事前学習」の講義部分(一部)を構成する。
●一般目標(GIOs)
@事前学習に積極的に取り組むために、病院と薬局での薬剤師業務の概要と社会的使命を理解する。
A医療チームの一員として調剤を正確に実施できるようになるために、処方せんに関連する基本的知識を修得する。
B病院・薬局における医薬品の管理と供給を正しく行うために、内服薬、注射剤などの取扱い、および院内製剤に関する基本的知識を修得する。
C薬剤師業務が人命にかかわる仕事であることを認識し、患者が被る危険を回避できるようになるために、院内感染に関する基本的知識を修得する。
授業の方法
主に教科書およびプリント等の資料を用い、補足的にパワーポイントを使用する。
●準備学習や授業に対する心構え
@実際の医療現場で行われる実務実習の基礎となる講義であることをよく理解し、知識の修得はもとより、医療人としてあるべき態度について考えるきっかけとし、さらにその涵養に努めること。
A講義範囲に比べ、講義時間の制限があることより、十分に講義できなかった部分については教科書や資料での復習に努めること。
●オフィス・アワー 
随時(質問等は授業終了後に受け付けます)
成績評価法
定期試験、出席状況および授業態度について総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『病院薬局研修ガイドブック』 荒川行生 (編) ハイサム
参考書
書名 著者名 出版社名
『スタンダード薬学シリーズ10 実務実習事前学習−病院・薬局実習に行く前に』 日本薬学会 (編) 東京化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 薬剤師業務1 医療における薬剤師の使命や倫理などについて概説できる。
2 薬剤師業務2 医療の現状をふまえて、薬剤師の位置づけと役割について概説できる。
3 処方せん1 @処方せんの法的位置づけと機能について説明できる。
A処方オーダリングシステムを概説できる。
4 処方せん2 調剤を法的根拠に基づいて説明できる。
5 医薬品管理1 医薬品管理の意義と必要性について説明できる。
6 医薬品管理2 代表的な剤形の安定性、保存性について説明できる。
7 医薬品管理3 @毒薬・劇薬の管理および取扱いについて説明できる。
A麻薬、向精神薬などの管理と取扱い(投薬、廃棄など)について説明できる。
8 医薬品管理4 @血漿分画製剤の管理および取扱いについて説明できる。A輸血用血液製剤の管理および取扱いについて説明できる。
9 医薬品管理5 @代表的な生物製剤の種類と適応を説明できる。
A生物製剤の管理と取扱い(投薬、廃棄など)について説明できる。
10 医薬品管理6 @代表的な放射性医薬品の種類と用途を説明できる。
A放射性医薬品の管理と取扱い(投薬、廃棄など)について説明できる。
11 院内製剤 院内製剤の意義、調製上の手続き、品質管理などについて説明できる。
12 消毒薬 @代表的な消毒薬の用途、使用濃度を説明できる。
A消毒薬調製時の注意点を説明できる。
13 院内感染(病院感染) 院内感染の回避方法について説明できる。
▲PAGE TOP