トップページへ

基礎薬剤学  [Basic Pharmaceutics]

開講情報
3年次 前期 1.5単位 必修
担当教員
講師 岩永 一範    
備考
授業の目的と概要
 薬物は通常、原末のままで用いられるのではなく、様々な添加物と共に錠剤、カプセル剤等のような「製剤」としてヒトに投与される。その製剤は主薬がより効果的に薬理作用を発揮し、かつ安全な治療が行われるように設計されている。このような製剤の開発についての領域を取り扱うのが「製剤学」であるが、その背景には様々な物理化学的な理論が存在し、これらの理論が合理的に応用されている。「基礎薬剤学」では、この製剤学を学ぶのに必要不可欠である粉体の性質、薬物の溶解や分散等に関連する物理化学的な知識を修得することを目的とする。
●一般目標(GIO)
 薬物と製剤材料の性質を理解し、応用するために、それらの物性に関する基本的知識を身につける。
授業の方法
教科書及びプリントを使用して講義を行うが、適宜パワーポイントを用いて説明を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
授業に臨むにあたり特別な準備は必要ありませんが、疑問点は後日まで残さないように努めて下さい。
●オフィス・アワー
講義、会議で不在の場合以外は随時、平日の午後5時以降、B棟2階薬剤学研究室
成績評価法
出席および試験により評価を行う。
教科書
書名 著者名 出版社名
『わかりやすい物理薬剤学 第4版』 辻 彰、河島 進 (編) 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『新薬剤学』 辻 彰 (編) 南江堂
授業計画
項目 授業内容
1 総論
固形製剤に関連する物理化学的性質1
薬剤学、製剤学及び物理薬剤学の概要及び関連性について述べる。
粉体の性質について説明できる。
2 固形製剤に関連する物理化学的性質2 粉体の性質について説明できる。
3 固形製剤に関連する物理化学的性質3 粉体の性質について説明できる。
4 固形製剤に関連する物理化学的性質4 拡散および溶解速度について説明できる。
溶液の濃度と性質について説明できる。
物質の溶解とその速度について説明できる。
物質の溶解に対して酸・塩基反応が果たす役割を説明できる。
5 固形製剤に関連する物理化学的性質5 溶液の濃度と性質について説明できる。
物質の溶解とその速度について説明できる。
物質の溶解に対して酸・塩基反応が果たす役割を説明できる。
6 固形製剤に関連する物理化学的性質6 溶液の濃度と性質について説明できる。
物質の溶解とその速度について説明できる。
物質の溶解に対して酸・塩基反応が果たす役割を説明できる。
7 固形製剤に関連する物理化学的性質のまとめ 固形製剤に関連する物理化学的性質のまとめ
8 液体製剤に関連する物理化学的性質1
界面の性質について説明できる。
代表的な界面活性剤の種類と性質について説明できる。
9 液体製剤に関連する物理化学的性質2 乳剤の型と性質について説明できる。
代表的な分散系を列挙し、その性質について説明できる。
沈降現象について説明できる。
分散粒子の沈降現象について説明できる。
10 半固形製剤に関連する物理化学的性質1 流動と変形(レオロジー)の概念を理解し、代表的なモデルについて説明できる。
流動現象および粘度について説明できる。
11 半固形製剤に関連する物理化学的性質2
流動と変形(レオロジー)の概念を理解し、代表的なモデルについて説明できる。
製剤分野で汎用される高分子の物性について説明できる。
12 医薬品の安定性に関する理論1 反応次数と速度定数に付いて説明できる。
微分型速度式を積分型速度式に変換できる。
代表的な複合反応の特徴について説明できる。
13 医薬品の安定性に関する理論2
液体製剤,半固形製剤に関する物理化学的性質及び医薬品の安定性に関する理論のまとめ
反応速度と温度との関係を説明できる。
代表的な触媒反応について説明できる。
薬物と製剤材料の安定性に影響する要因、安定化法を列挙し、説明できる。
液体製剤,半固形製剤に関する物理化学的性質及び医薬品の安定性に関する理論のまとめ。
▲PAGE TOP