トップページへ

応用分析学  [Official Methods for Drug Analysis]

開講情報
3年次 前期 1.5単位 必修
担当教員
教授 藤田 芳一    
備考
授業の目的と概要
 「応用分析学」では、「分析化学」、「機器分析学」で学んだ分析化学の基礎知識に基づいて、それらがいかに応用されているのかを理解するために、「日本薬局方」、「衛生試験法」などの公定書の各項目に記載されている定量法を中心に、化学・分析化学の基礎的事項を復習しながら、演習問題を多く取り入れつつ、解説・講述します。
●一般目標(GIO)
 日本薬局方収載医薬品等の定量法を理解する。
授業の方法
「日本薬局方」、「衛生試験法」などの公定書の分析法を適宜抜粋しながら、配付プリントを用いて解説する。毎講義時間の開始直後と終了直前に、基礎的事項やその日の講義の復習を兼ねた演習問題を課し、理解の助けとします。場合によっては、演習問題について何人かを指名し、板書等で解答してもらいます。
●準備学習や授業に対する心構え
化学、分析化学の基礎的知識を復習しておくこと。
●オフィス・アワー 
月曜日〜金曜日のお昼の休み時間、臨床化学研究室。
成績評価法
定期試験の成績の他、平常点、課題、出席などを総合的に評価します。 
教科書
書名 著者名 出版社名
日本薬局方要説 菊川清見・長坂達夫・伊奈郊二・加藤哲太 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『日本薬局方解説書』 廣川書店
『衛生試験法解説書』 廣川書店、南山堂
授業計画
項目 授業内容
1 分析法概論1 化学反応と分析化学
2 分析法概論2 標準物質の意義と容量分析用標準液
3 日本薬局方医薬品分析1 容量分析法概論
4 日本薬局方医薬品分析2 容量分析法各論1 酸塩基滴定
5 日本薬局方医薬品分析3 容量分析法各論2 酸化還元滴定 
6 日本薬局方医薬品分析4 容量分析法各論3 酸化還元滴定
7 日本薬局方医薬品分析5 容量分析法各論4 キレート滴定
8 日本薬局方医薬品分析6 一般試験法1
9 日本薬局方医薬品分析7 一般試験法2
10 日本薬局方医薬品分析8 一般試験法3
11 日本薬局方医薬品分析9 機器分析法1
12 日本薬局方医薬品分析10 機器分析法2 
13 衛生試験法1 水質試験法1
14 衛生試験法2 水質試験法2
▲PAGE TOP