トップページへ

物性化学  [Chemical and Physical Properties]

開講情報
3年次 前期 1単位 必修
担当教員
教授 土井 光暢    
備考
授業の目的と概要
 物性化学は、すでに履修した物理分析系科目を復習しながら、具体的な物質の物性や状態変化を算出できる技能の修得を目的とします。これによって、修得した知識のより深い理解と、高い計算能力の養成をめざします。
●一般目標(GIO)
 物質の状態および相互変換過程を物理化学的に理解するために必要な基本的知識と計算能力を修得する。
授業の方法
テキストやプリントを用いた講義形式で授業を行います。
●準備学習や授業に対する心構え
範囲が広く、計算も多いので、試験直前の勉強だけでは単位履修は不可能です。講義ごとの例題を一つずつ解きながら、理解度を深める努力を継続して下さい。
●オフィス・アワー 
時間:随時(平日) 場所:B棟4階・分子構造化学研究室
成績評価法
主に定期試験の結果で評価します。 
教科書
書名 著者名 出版社名
冊子・プリント配付
参考書
書名 著者名 出版社名
『物性物理化学-製剤学へのアプローチ-』 大島広行、半田哲朗 (編集) 南江堂
『現代薬学シリーズ9・物理化学』 宮崎利夫 (総編集) 朝倉書店
『わかりやすい化学計算』 島原健三、水林久雄 (共著) 三共出版
授業計画
項目 授業内容
1 熱力学計算(1) 仕事の単位をSI基本単位から誘導することができる。
2 熱力学計算(2) 代表的な過程(変化)における熱と仕事を計算できる。
3 熱力学計算(3) 代表的な物理変化、化学変化に伴うエントロピー変化を計算できる。
4 熱力学計算(4) 自由エネルギーの圧力と温度による変化を計算できる。
5 状態変化(1) Clausius-Clapeyronの式と相平衡について説明できる。
6 状態変化(2) 代表的な状態図(一成分系、二成分系)について説明できる。
7 固体の性質 固体の回折現象と熱分析について説明できる。
8 束一性 溶液の束一的性質について説明できる。
9 弱電解質 電離平衡と溶解平衡について説明できる。
10 反応速度(1) 0〜2次反応の反応速度について説明できる。
11 反応速度(2) Arrhenius式と代表的な複合反応の特徴について説明できる。
12 界面 界面における平衡と吸着平衡について説明できる。
13 まとめ
▲PAGE TOP