トップページへ

物理・放射化学実習  [Practice in Physical Chemistry and Radiochemistry]

開講情報
2年次 後期 1単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 石田 寿昌 准教授 大桃 善朗 准教授 友尾 幸司
講師 尹 康子 助教 平田 雅彦 助教 山沖 留美
備考
授業の目的と概要
●一般目標(GIO)
 医薬品の物性や生体における作用機序を理解するために、安定性や溶解度など医薬品の代表的な性質や変化を定量的に取り扱う知識、技能を修得する。
授業の方法
実習項目、操作法等に関しての説明や諸注意を与えたうえで、数名のグループに分かれて実験を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
実習操作が円滑に進み、実習内容を深く理解するために予習を心がける。
●オフィス・アワー 
講義、会議以外は随時。B棟4階 薬品物理化学研究室 
成績評価法
学習内容の理解度、実習に対する積極性、実習後に提出するレポートの内容および実習終了後に行う実習試験の成績などによって総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
実習テキスト
参考書
書名 著者名 出版社名
『実験の手引き』 大阪薬科大学
『薬学のための物理化学』 西庄重次郎 (編) 化学同人
『物理化学』 石田寿昌 (編) 化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 緩衝液の調整と緩衝の原理 ・代表的な緩衝液の特徴とその調製法を説明できる
・緩衝作用について具体例を挙げて説明できる
・溶液のpHを計算できる
・溶液の水素イオン濃度(pH)を測定できる
2 反応速度論 ・反応次数と速度定数について説明できる
・微分型速度式を積分型速度式に変換できる
・代表的な反応次数の決定法を列挙し、説明できる
・代表的な(擬)一次反応の反応速度を測定し、速度定数を求めることができる
・反応速度と温度との関係(Arrheniusの式)を説明できる
・紫外可視吸光度測定法の原理を説明し、生体分子の解析への応用例について説明できる
3 弱電解質の溶解度 ・物質の溶解平衡について説明できる
・化学物質のpHによる分子形、イオン形の変化を説明できる
・紫外可視吸光度測定法の原理を説明し、生体分子の解析への応用例について説明できる
4 二相分配とpHの関係 ・分配平衡について説明できる
・化学物質のpHによる分子形、イオン形の変化を説明できる
・紫外可視吸光度測定法の原理を説明し、生体分子の解析への応用例について説明できる
5 希薄溶液の束一性 ・溶液の束一的性質(浸透圧、沸点上昇、凝固点降下など)について説明できる
6 溶液の物性 ・界面における平衡について説明できる
・エントロピーについて説明できる
・脂質の水中における分子集合構造(膜、ミセル、膜タンパク質など)について説明できる
7 物質の粘性 ・流動現象および粘度について説明できる
8 放射線の測定
放射線の性質とX線診断
・放射線の測定原理を理解し、身近な放射線を測定できる
・放射線の性質及びX線診断の原理について説明できる
9 放射性医薬品 ・代表的な放射性医薬品について、その調製法、品質管理、特徴等について説明できる
▲PAGE TOP