トップページへ

分析化学実習  [Practice in Analytical Chemistry]

開講情報
2年次 前期 1単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 三野 芳紀 講師 齊藤 睦弘 講師 佐藤 卓史
備考
授業の目的と概要
 「分析化学実習」では、容量分析法や機器分析法により医薬品の定量分析を行う。定量分析で用いる器具や機器の使用法を体得するとともに、定量原理についての理解を深めることも目指して実習する。
●一般目標(GIO)
 本実習では、化学物質をその性質に基づいて分析できるようになるために、物質の定性、定量などに必要な知識と技能を修得することを目的とする。
授業の方法
各実習項目の内容と操作上の注意点について説明した後、数名ずつのグループに分かれて実習を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
実習テキストを予め読んで予習してくること。
実習のはじめに行う実習講義は集中して聴くこと。
レポートは早めに書き、必ず期限内に提出すること。
●オフィス・アワー 
時間:不在のとき以外は随時
場所:B棟4階 生体分析化学第2研究室
成績評価法
レポート(40%)、筆記試験(40%)、および平常点(20%)とする。
教科書
書名 著者名 出版社名
実習テキスト
参考書
書名 著者名 出版社名
『実験の手引き』 (大阪薬科大学)
授業計画
項目 授業内容
1 実習講義 実習内容の概略を説明できる
2 器具点検と試液調製 実験に用いる器具の名称とその正しい使い方を説明できる実験に用いる試液を調製できる
3 酸塩基滴定 中和滴定の原理、操作法および応用例を説明できる
日本薬局方収載の代表的な医薬品の容量分析を実施できる
4 酸化還元滴定 酸化還元滴定の原理、操作法および応用例を説明できる
日本薬局方収載の代表的な医薬品の容量分析を実施できる
5 紫外可視吸光分析(1) 紫外可視吸光度測定法の原理を説明し、測定を実施できる
6 紫外可視吸光分析(2)、蛍光分析 紫外可視吸光度測定法の原理を説明し、測定を実施できる蛍光光度法の原理を説明し、測定を実施できる
7 高速液体クロマトグラフィー(1) クロマトグラフィーの種類を列挙し、それぞれの分離機構を説明できる
液体クロマトグラフィーを用いて代表的な化学物質を分析できる
8 高速液体クロマトグラフィー(2) 液体クロマトグラフィーを用いて代表的な化学物質を分析できる
代表的な生体試料について、目的に即した前処理と適切な取り扱いができる
▲PAGE TOP