トップページへ

薬理学1  [Pharmacology 1]

開講情報
2年次 後期 1.5単位 必修
担当教員
教授 松村 靖夫    
備考
授業の目的と概要
 各種疾患の治療において薬物療法は欠くことのできない手段である。薬理学とは医薬品の生体に及ぼす作用を調べる学問である。すなわち、医薬品の有効性、安全性、生体内動態などを幅広く理解することが要求される。本講義では、生化学、生理学(機能形態学)などの基礎知識を重視しながら、薬物がどのようなしくみで生体に作用するかについて理解を深めることを目的とする。
●一般目標(GIO)
 薬物作用に関する基本的知識を修得した上で、自律神経系に作用する薬物の作用機序、薬理作用、臨床応用に関する知識を理解する事を目的とする。
授業の方法
薬物の作用機構を理解するため、最初に薬理学総論について講義を進める。次に、末梢神経系に作用する薬物の薬理作用並びに臨床的応用について解説する。
●準備学習や授業に対する心構え・・・毎回新たに理解しなければならない事項の積み重ねである。予習・復習が極めて重要な作業となる。
●オフィス・アワー
原則として、昼休み:教授室で対応
成績評価法
原則として定期試験の成績により評価する。定期試験では、講義出席の状況も加味する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『NEW薬理学(改訂第5版)』 田中千賀子 他 南江堂
参考書
書名 著者名 出版社名
『疾患別薬理学(第4版)』 森本史郎、玄番宗一 他 廣川書店
『新薬理学テキスト』 佐藤 進 他 廣川書店
授業計画
項目 授業内容
1 総論1 薬理学の概念と薬物の作用様式について説明できる
2 総論2 薬物作用に影響を与える因子について説明できる
3 総論3 薬物受容体の定義や分類について説明できる
4 総論4 薬物作用と細胞情報伝達機構について説明できる
5 末梢神経系作用薬1 末梢神経系(自律神経系と体性神経系)の機能について説明できる
6 末梢神経系作用薬2 自律神経系(交感神経系と副交感神経系)による生体制御機構について説明できる
7 末梢神経系作用薬3 交感神経興奮薬の薬理作用と臨床的応用について説明できる
8 末梢神経系作用薬4 交感神経遮断薬の薬理作用と臨床的応用について説明できるーその1
9 末梢神経系作用薬5 交感神経遮断薬の薬理作用と臨床的応用について説明できるーその2
10 末梢神経系作用薬6 副交感神経興奮薬の薬理作用と臨床的応用について説明できる
11 末梢神経系作用薬7 副交感神経遮断薬の薬理作用と臨床的応用について説明できる
12 末梢神経系作用薬8 知覚神経と局所麻酔薬について説明できる
13 末梢神経系作用薬9 運動神経と筋弛緩薬について説明できる
▲PAGE TOP