トップページへ

病原微生物学  [Pathogenic Microbiology]

開講情報
2年次 後期 1.5単位 必修
担当教員
非常勤講師 中野 隆史    
備考
授業の目的と概要
●授業の目的と概要●一般目標(GIO)
 病原微生物には原虫、真菌、細菌、ウイルスがあり、これら病原微生物が人体に感染して起こる病気が感染症です。病原微生物は増殖して細胞・個体・集団・環境へと伝染するため、感染症は他の疾患とはとくに区別されます。医療従事者は感染症患者を診断し治療するとともに感染症の伝播を予防しなければなりません。そのため本科目では、病原微生物が病気を起こすメカニズムを理解し、感染症の予防・診断・治療に関する基本的な考え方を習得し、代表的な感染症について学習することにより、既知の感染症はもとより未知の病原微生物による新興感染症にまで対応できる、薬学専門家として必要な基本的知識と考え方を習得することを目標とします。
 
授業の方法
教科書とともに必要に応じて資料を提示・配付し、講義形式で授業を行います。
●準備学習や授業に対する心構え
基本的な知識とともに病原微生物・感染症に対応する考え方を習得することが目標なのですから、授業中は単なる用語の暗記だけではなく「考え方」を理解するように努めてください。具体的には教員の話を理解し、さらに話の「先を読む」必要があります。集中力を切らさないようにしてください。
●オフィス・アワー 
講義時間の前後に質問の時間を設けます。緊急の場合は教務課を通じて連絡してください。質問は電子メールでも受け付けます。また追加資料等は必要に応じてホームページに公開します。電子メールアドレス、ホームページURLは初回講義時にお知らせします。
成績評価法
出席状況、講義中の態度、毎回行う小テストの成績、定期試験の成績等を総合的に勘案して評価します。試験直前の学習だけでは到底不十分です。毎回の講義には十分の予習・復習をもって臨み、無断欠席のないようにし、集中力をもって聴講してください。
教科書
書名 著者名 出版社名
『医療福祉系学生のための専門基礎科目』 河野 公一 他 金芳堂
授業計画
項目 授業内容
1 導入 微生物の性質、微生物と宿主との関係、常在微生物、微生物と感染症、感染症と薬学
2 感染症総論 微生物と病原性、感染症の定義、感染の三要素、感染経路・侵入門戸と感染症
3 感染症と薬学 感染症の予防と薬学(ワクチン等)、感染症の診断と薬学(診断薬等)、感染症の治療と薬学(化学療法薬等)、薬剤の副作用としての感染症
4 感染症各論1 全身性ウイルス感染症(麻疹・風疹・水痘・おたふくかぜなど)
5 感染症各論2 STDと母子感染
6 感染症各論3 食中毒と下痢性疾患、消化器感染症
7 感染症各論4 呼吸器感染症、その他臓器・器官の感染症
8 感染症各論5 多剤耐性菌による感染症、菌交代症、日和見感染症
9 感染症トピックス (新興感染症などアップデートな内容でトピックス的な講義を行います。)
10 感染制御学1 院内感染総論:標準予防策と感染経路別予防策・院内感染対策のための組織と薬剤師の役割
11 感染制御学2 院内感染各論:多剤耐性菌による感染症、カテーテル感染症・周術期感染症・院内肺炎等
12 感染制御学3 感染制御学各論
13 まとめ まとめと演習
▲PAGE TOP