トップページへ

生化学2  [Biochemistry 2]

開講情報
2年次 後期 1単位 必修
担当教員
准教授 井上 晴嗣    
備考
授業の目的と概要
 生体系が、生命の維持のために栄養物や細胞成分由来の化合物を再利用し、またはエネルギーを取り出すために、それらを分解する過程のことを異化という。また、簡単な化合物から生体分子を合成する過程のことを同化または生合成という。そして、それらの過程の全体を代謝という。一般に、栄養分子などが異化反応で発エルゴン的に酸化されるときに遊離する自由エネルギーは、ATPなどの高エネルギー化合物を中間体として組合わされ、吸エルゴン的な同化反応のほか、機械的仕事、分子の能動輸送などが効果的に進行するために使われる。
 「生化学2」では、「基礎細胞生物学1」、「基礎細胞生物学2」、および「生化学1」などで学んだことを基礎として、代謝と生体エネルギー論の基礎を学ぶ。なお、生化学2のホームページ(http://www.geocities.jp/seika2oups/)で、随時最新情報を発信しているので、講義の予習や復習に役立てていただきたい。
●一般目標(GIO)
 生命活動が生体エネルギーにより支えられていることを理解するために、食物成分からのエネルギーの産生、および糖質、脂質、タンパク質の代謝に関する基本的知識を習得する。
授業の方法
教科書および配布プリントを用いて講義形式で行う。
●準備学習や授業に対する心構え
特に講義の復習に力を入れていただきたい。ホームページのオンラインテストなどを有効活用して効率的に復習されたい。
●オフィス・アワー 
講義・会議等で不在の場合以外は随時、B棟5階 生化学研究室にて。
質問等はメール(seika2oups@yahoo.co.jp)あるいはホームページの掲示板でも可能。
成績評価法
最終成績(y)は、定期試験の成績(x)に中間テストの点数(a)や出席点(b)を試験の点数に応じて一定の比率で加算した合計とする。y=x+(100-x)(a+b)/100
教科書
書名 著者名 出版社名
『レーニンジャーの新生化学(上・下)(第4版)』 川嵜敏祐、中山和久 (監訳) 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『キャンベル・ファーレル生化学(第4版)』 川嵜敏祐 (監訳) 廣川書店
『ヴォート基礎生化学(第2版)』 田宮信雄 他 (訳) 東京化学同人
『ヴォート生化学(上・下)(第3版)』 田宮信雄 他 (訳) 東京化学同人
『生物系薬学II生命をミクロに理解する』 日本薬学会 (編) 東京化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 生体エネルギー学の原理(1) 酵素を反応様式により分類し、代表的なものについて性質と役割を説明できる。
自由エネルギーについて説明できる。
熱力学関数の計算結果から、自発的な変化の方向と程度を予測できる。
2 生体エネルギー学の原理(2) 共役反応について例を挙げて説明できる。
ATPが高エネルギー化合物であることを、化学構造をもとに説明できる。
3 生体エネルギー学の原理(3) 標準電極電位について説明できる。
起電力と自由エネルギー変化の関係を説明できる。
4 解糖、糖新生およびペントースリン酸経路(1) 解糖系について説明できる。
アルコール発酵、乳酸発酵の生理的役割を説明できる。
5 解糖、糖新生およびペントースリン酸経路(2) 糖新生について説明できる。
ペントースリン酸回路の生理的役割を説明できる。
6 代謝調節の原理:グルコースとグリコーゲン(1) グリコーゲンの役割について説明できる。
7 代謝調節の原理:グルコースとグリコーゲン(2) 食餌性の血糖変動について説明できる。
インスリンとグルカゴンの役割を説明できる。
8 クエン酸回路 クエン酸回路について説明できる。
9 酸化的リン酸化 エネルギー産生におけるミトコンドリアの役割を説明できる。
電子伝達系(酸化的リン酸化)について説明できる。
ATP産生阻害物質を列挙し、その阻害機構を説明できる。
10 脂肪酸の異化 脂肪酸のβ酸化反応について説明できる。
飢餓状態のエネルギー代謝(ケトン体の利用など)について説明できる。
11 アミノ酸の酸化と尿素の生成 アミノ酸分子中の炭素および窒素の代謝について説明できる。
ケト原性アミノ酸と糖原性アミノ酸について説明できる。
12 脂質の生合成 脂肪酸の生合成経路を説明できる。
代表的なエイコサノイドをあげ、その生合成経路を説明できる。
コレステロールの生合成経路と代謝を説明できる。
血漿リポタンパク質の種類と役割について説明できる。
13 アミノ酸、ヌクレオチドおよび関連分子の生合成 主な生理活性アミン(セロトニン、ヒスタミンなど)の生合成について説明できる。
アミノ酸系神経伝達物質を列挙し、その生合成経路を説明できる。
核酸塩基の代謝(生合成と分解)を説明できる。
▲PAGE TOP