トップページへ

ドイツ語4  [German 4 ]

開講情報
2年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 中村 惠    
備考
授業の目的と概要
 日本の薬学発展に深く関わりのあるドイツ語という外国語を学ぶことで、異なった考え方、異なった生活様式、異なった文化と出逢い、そのことを通して各自の心のキャパシティを拡げてもらいたい。
●一般目標(GIO)
 様々なトピックを盛り込んだ、初級文法終了者向けに書かれた、比較的容易なテキストを題材に、読む・書く・聴く・話す、四つの能力のレベルアップを目指す。文法知識の復習も随時行い、使える文法の習得を図る。またテキストの内容に関連して、ドイツの歴史・文化にも興味をもってもらいたい。
授業の方法
教科書を用いて、講義プラス演習形式で授業を行う。毎回担当者(3〜4名)を決め、発表してもらい、その内容はレポートとして提出してもらう。視聴覚教材を通して、ドイツの実状・文化も紹介する。
●準備学習や授業に対する心構え
予習・復習は必須。また授業中や復習時には、恥ずかしがらずに大きな声で音読ないし口頭練習をすること。重要な文は時を移さず暗記し、単語を変えて自分の表現として使えるようにすること。提出物は必ず期日までに出すこと。
●オフィス・アワー 
基本的に、月曜・木曜・金曜の昼休み(12:10〜13:10)に、講師室にて。
成績評価法
概ね、定期試験70%、平常点(発表内容、レポート、授業態度など)20%、出席状況10%で評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『CD付き 楽しく学ぼうドイツとドイツ語−文法+読み物+表現トレーニング』 橋本政義、Bernhard Neuberger、橋本淑恵 三修社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に随時紹介する。
授業計画
項目 授業内容
1 Lektion1 動詞の現在人称変化に注目しつつ、なぜドイツ語を学ぶのか、テキストを参考にしつつ、自分の答を表現できる。
2 Lektion2 名詞の性と格に注目しつつ、ドイツの教育制度について書かれたテキストを読み、日本の場合をドイツ語で表現できる。
3 Lektion3 幹母音が変化する動詞の人称変化に注目しつつ、食事について書かれたテキストを読み、日本の食生活をドイツ語で表現できる。
4 Lektion4 前置詞の復習をしつつ、休暇についてのドイツ語文を読み、日本人の休暇の過ごし方をドイツ語で表現できる。
5 Lektion5 形容詞の付加語的用法を復習しながら、パソコンについてのドイツ語文を読み、自分の場合をドイツ語で表現できる。
6 Lektion6 話法助動詞の復習をしつつ、失業問題について書かれたドイツ語文を読み、日本の場合をドイツ語で表現できる。
7 Lektion7 従属の接続詞について復習しながら、環境問題をテーマとしたドイツ語文を読み、日本の場合をドイツ語で表現できる。
8 Lektion8 再帰表現に注目しつつ、余暇をテーマとしたドイツ語文を読み、自分の場合をドイツ語で表現できる。
9 Lektion9 動詞の三基本形を復習しつつ、Eメールをテーマとしたドイツ語文を読み、自分の場合をドイツ語で表現できる。
10 Lektion10 受動文の復習を行いつつ、大学入試をテーマとしたドイツ語文を読み、また日本の場合についてドイツ語で表現できる。
11 Lektion11 関係代名詞の復習を行いつつ、宗教について書かれたドイツ語文を読み、日本の場合をドイツ語で表現してみる。
12 Lektion12 接続法の復習を行いつつ、ドイツ語学習継続のモティベーションをテーマとしたドイツ語文を読み、自分の場合をドイツ語で表現できる。
13 まとめ 今までのまとめと復習を行い、自由テーマで短いドイツ語文を書いてみる。
▲PAGE TOP