トップページへ

人間と文化4c(人間と文学)  [Humanities 4c (Human and Literature)]

開講情報
2年次 後期 1単位 選択
担当教員
非常勤講師 中村 惠    
備考 4dと同時開講
授業の目的と概要
 人間は社会的な生き物であるから、文学作品もまたその成立のきっかけとなる様々な社会的要因と切り離して考えることはできない。そしてそれらは単なるきっかけに留まらず、作品の内容にも大きく関わってくる。そのような視点を保持しつつ、作家たちが時代の重圧のもとにどのような作品を生み出してきたかを、19世紀以降の何人かを取り上げ、考察する。
●一般目標(GIO)
 それぞれの作品を深く読み込むことにより、未知の世界に対して心を開き、数々の問題を孕む現代社会における人間存在のあり様を考える土台作りをする。 
授業の方法
講義とディスカッション、ないしは意見交換を主軸として進めていく。翻訳も用いるので、ドイツ語を履修していなくても受講可。
●準備学習や授業に対する心構え
文庫本あるいは図書館などで比較的入手しやすい作品については、あらかじめ読んでおくこと。
●オフィス・アワー 
基本的に、月曜・金曜の昼休み(12:10〜13:10)に、講師室にて。
成績評価法
概ね、定期試験70%、平常点(予習・授業への積極性など)20%、出席状況10%で評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
入手しにくい作品についてはこちらでプリントを用意する。
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に随時紹介する。
授業計画
項目 授業内容
1 グリム兄弟とグリム童話(1) グリム兄弟の略歴とグリム童話が成立した経緯について学んだのち、グリム童話から何編かを読む。
2 グリム兄弟とグリム童話(2) 同上
3 グリム兄弟とグリム童話(3) 同上
4 エーリヒ・ケストナー(1) ケストナーが児童文学を書くようになった経緯、また戦中、戦後どのような思いで創作活動に取り組んだかを学んだのち、『エーミールと探偵たち』、『点子ちゃんとアントン』、『飛ぶ教室』からの抜粋を読む。
5 エーリヒ・ケストナー(2) 同上
6 エーリヒ・ケストナー(3) 同上
7 ミヒャエル・エンデ(1) エンデが現代文明にどのように立ち向かおうとしていたかを学んだのち、『モモ』からの抜粋を読む。
8 ミヒャエル・エンデ(2) 同上
9 ハンセン病文学(1) 感染症の一種であるハンセン病について、その差別と偏見の歴史について、日本政府の政策が強制隔離から開放へと向かっていった事情について学んだのち、北條民雄氏の『いのちの初夜』からの抜粋、島比呂志氏の『海の砂』からの抜粋、そして千島染太郎氏の詩から何編かを読む。
10 ハンセン病文学(2) 同上
11 ハンセン病文学(3) 同上
12 ハンセン病文学(4) 同上
13 まとめ これまでのまとめと補足を行う。
▲PAGE TOP