トップページへ

人間と文化4b(女性学)  [Humanities 4b (Women's Studies)]

開講情報
2年次 前期 1単位 選択
担当教員
非常勤講師 伊藤 信也    
備考 4aと同時開講
授業の目的と概要
 生命や医療に関わる大学生として、そして未来の社会人として、「性」と「生」について集中的に考える機会を持つことは大変重要である。「女性学」は、女性も男性も一緒になって、「性と人権」の諸問題を考える学問である。女性に対する問題に限らず、「性」を理由にした社会の不合理を学び、友好的な人間関係を築くための道筋を考えていきたい。
●一般目標(GIO)
 性を理由とした差別や暴力などの社会問題の実像を認識し、性別にかかわらず互いを尊重しあえる価値観を養う。そして、「医薬品対個人」から視野を広げて「社会の中の人間」を考慮できる視点を身につける。 
授業の方法
パワーポイントによる解説(予定)と、プリントを配布して授業を進めていく。ドキュメンタリーなどのビデオ教材も使用する。テーマの内容についての異論・反論は大歓迎。賛同にせよ批判にせよ、関心の高い受講生を希望する。
●準備学習や授業に対する心構え
授業時間は集中して学ぶこと。携帯メール・居眠り・他科目学習厳禁。予習と復習は特別に行う必要はないが、問題意識を深めるために参考文献を参照してほしい。
●オフィス・アワー 
月曜4限(授業)終了後、講師控室へ。なるべく事前に連絡用メールアドレス(授業中に告知)宛へメールを送り、アポイントメントを取っておくこと。
成績評価法
平常点による評価と期末試験を総合して判定する。平常点評価には、授業中に行う「ミニ・レポート(意見感想文)」や「積極的な授業への参加姿勢」などを含む。
教科書
書名 著者名 出版社名
なし(毎週プリントを配付)
参考書
書名 著者名 出版社名
『女性学キーワード』 岩男寿美子、加藤千恵(編) 有斐閣双書
『女性学キーナンバー』 犬伏、椋野、村木(編) 有斐閣選書
『知らないと恥ずかしい ジェンダー入門』 加藤秀一 朝日新聞社
『男らしさの社会学』 多賀 太 世界思想社
他にも、適宜参考文献は提示します。
授業計画
項目 授業内容
1 なぜ私たちは「性別」を意識するのか 私たちの生活の多くが「性別」によって区別されていることを理解する
2 なぜ女性は理系学部への進学者が少ないのか 女子教育と進学傾向の関連、女性研究者の現状などを理解する
3 なぜ女性は理系学部への進学者が少ないのか 女子教育と進学傾向の関連、女性研究者の現状などを理解する
4 なぜ会社には女性の上司や社長が少ないのか 働くことは様々な不合理や差別が現存していること、その解決のために必要なことを理解する
5 なぜ会社には女性の上司や社長が少ないのか 働くことは様々な不合理や差別が現存していること、その解決のために必要なことを理解する
6 なぜ性犯罪は後を絶たないのか 性暴力、セクハラや「デートDV」などの実態と、その解決策について理解する
7 なぜ性犯罪は後を絶たないのか 性暴力、セクハラや「デートDV」などの実態と、その解決策について理解する
8 なぜ性犯罪は後を絶たないのか 性暴力、セクハラや「デートDV」などの実態と、その解決策について理解する
9 なぜ若者の恋愛はパターン化するのか 現代の「恋愛」観が若者の生き方から自由を奪っていることを理解する
10 なぜ性的マイノリティは生きづらいのか 性的マイノリティ(LGBT)の実像と、「女らしい」「男らしい」性愛と同性愛者への差別が関連していることを理解する
11 なぜ性的マイノリティは生きづらいのか 性的マイノリティ(LGBT)の実像と、「女らしい」「男らしい」性愛と同性愛者への差別が関連していることを理解する
12 【番外編:男性学】なぜ男性も生きづらいのか 女性が直面する生きづらさの原因は、男性も生きづらくしていることを理解する
13 すべての性が生きられる未来をめざして これまでの討論をまとめて、生き方に活かしていくことの必要性を理解する
14 (いずれも予定。変更については授業中に指示します)
▲PAGE TOP