トップページへ

基礎有機化学実習  [Practice in Fundamental Organic Chemistry]

開講情報
1年次 後期 1単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 田中 麗子 講師 宇佐美 吉英 講師 山田 剛司
備考
授業の目的と概要
 有機化学実習の基本操作を習得し、かつ、有機反応の理解を深めるための基本的な医薬品の合成を行う。本実験を通じて、再結晶、蒸留、融点測定、薄層クロマト等の操作により、混合物から如何にして純粋な化合物を単離するか、また、どのようにして確認を行うかを学び、基本的な技術を習得する。
●一般目標(GIO)
 脂肪族および芳香族炭化水素の性質を理解するために、それぞれの基本構造、物理的性質、反応性に関する基本的知識を修得する。
授業の方法
実習テキストを用いて実習全体の内容に関して講義を行い、概略を理解させた後、3〜4名のグループに分かれて実習を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
実験を理解して進めることができるようにあらかじめ、予習をすること。実験結果は細かい点まで記録すること。遅刻、欠席は認めない。
●オフィス・アワー 
(月)〜(金)の随時、B棟6階の医薬品化学研究室、有機分子機能化学研究室に来て下さい。
成績評価法
出席、レポート、筆記試験により評価する。
参考書
書名 著者名 出版社名
『実験を安全に行うために』 化学同人編集部 化学同人
『続 実験を安全に行うために』 化学同人編集部 化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 実習講義、ガラス細工
基本的な有機反応の特徴を概説できる
2 茶葉からの抽出によるカフェインの単離・融点測定 官能基の性質を利用した分離精製を実施できる              
3 アスピリンの合成と再結晶による精製 課題として与えられた医薬品を合成できる
4 鎮痛薬からの薬効成分の分離精製とTLCによる同定 官能基の性質を利用した分離精製を実施でき、反応廃液を適切に処理する
5 Cannizzaro反応を行い、生成物の抽出分離(1) 代表的な官能基を他の官能基に変換できる
6 カラムクロマトグラフィーによる分離精製(2) クロマトグラフィーを用いて代表的な化学物質を分離できる     
7 蒸留による物質の精製(1)
確認試験
代表的な官能基を他の官能基に変換でき、また代表的な官能基の定性試験を実施できる
8 蒸留による物質の精製(2) 官能基の性質を利用した分離精製を実施できる
▲PAGE TOP