トップページへ

基礎薬学実習  [Practice in Basic Pharmaceutical Sciences]

開講情報
1年次 前期 0.5単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 土井 光暢 准教授 大桃 善朗 助教 平田 雅彦
助教 浅野 晶子    
備考
授業の目的と概要
 実験を行うには正しい実習習慣・基本的な実験操作法等を身につけることが大切です。「基礎薬学実習」においては、実習の心構え、身だしなみ、実験器具の用い方、基本操作、基礎的計算、実験結果の取り扱い方、実験レポートの記載等、今後履修する実習の基礎となる知識と技能を習得することを目的とします。
●一般目標(GIO)
 化学実験を行うために必要な基本的な知識と技能を身につける。
授業の方法
その日の実習内容、実験操作等に関しての説明や諸注意を与えたうえで、数名のグループに分かれて、実習テキストを参考にして実習を行います。
●準備学習や授業に対する心構え
欠席は認められません。その日行った実験についての復習とまとめはその日のうちに行い、実験操作と得られた結果を考察する努力が必要です。
●オフィス・アワー 
講義、実習など不在でないかぎり、平日にB棟2階・生体機能診断学研究室またはB棟4階・分子構造化学研究室で随時質問にお答えします。
成績評価法
実習に取り組む態度、実習レポート、実習試験成績等を総合的に評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
実習テキスト、プリント等を配付
参考書
書名 著者名 出版社名
化学、化学演習のテキスト
授業計画
項目 授業内容
1 基礎知識 実験を安全に行うために必要な心構え、身だしなみなどを概説できる。
2 基本操作 基本的な測容器を用いて、試液を正確な濃度に調製できる。
3 定性・確認反応 代表的な金属イオンを錯生成反応等を用いて確認できる。
4 容量分析  標準液の標定と、それを用いた滴定ができる。
5 緩衝液とpHの測定 溶液のpHを測定でき、緩衝作用について具体例を挙げて説明できる。
▲PAGE TOP