トップページへ

分析化学  [Analytical Chemistry]

開講情報
1年次 後期 1単位 必修
担当教員
教授 三野 芳紀    
備考
授業の目的と概要
 分析化学は、試料中に何が、どれだけ含まれているのかを決定するための学問であり、薬学に限らず、実験科学全体の基礎となるものです。分析化学の進歩に伴い、測定可能な試料や濃度の範囲は広がり、分析操作は効率化され、分析値の信頼性も向上してきました。分析化学は、実験科学の基盤としてその発展に貢献してきたのです。
 「分析化学」では、種々の化学的分析法を理解するために必要な基礎的事項、特に、水溶液内における各種の化学平衡について講述します。
●一般目標(GIO)
 本授業では、化学物質をその性質に基づいて分析できるようになるために、物質の定性、定量などに必要な基本的知識を修得することを目的とする。特に、水溶液中での物質の性質を理解するために、各種の化学平衡に関する基礎的知識の修得を目的とする。
授業の方法
教科書を用いて、主に講義形式で行う。
●準備学習や授業に対する心構え
予習、復習を怠らないこと。
●オフィス・アワー 
時間:平日の午後4:30以降、ただし、(月)と(木)は会議のため不在の可能性あり。
場所:B棟5階 薬品分析化学研究室
成績評価法
定期試験、授業への出席状況、小テストなどを総合的に判断して評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『パートナー分析化学 I 』 齊藤 寛 他 南江堂
参考書
書名 著者名 出版社名
『NEW薬学分析化学』 萩中 淳、田邊信三(編) 廣川書店
授業計画
項目 授業内容
1 分析化学概論(1) 分析化学の用語について説明できる
国際単位、濃度の表記について説明できる
2 分析化学概論(2) 有効数字、誤差、分析法のバリデーションについて説明できる
3 分析化学概論(3) 溶媒の種類について説明できる
イオン強度と活量の関係を説明できる
4 酸塩基平衡(1) 酸と塩基の定義について説明できる
酸の強さ、塩基の強さについて説明できる
5 酸塩基平衡(2) 強酸、強塩基の水溶液のpHを計算できる
6 酸塩基平衡(3) 弱酸、弱塩基の水溶液のpHを計算できる
7 酸塩基平衡(4) 塩の水溶液のpHが計算できる
緩衝液について説明できる
8 沈殿生成平衡(1) 沈殿生成平衡と溶解度積について説明できる
9 沈殿生成平衡(2) 溶解度積を用いた計算ができる
10 酸化還元平衡(1) 標準電極電位、電池の起電力について説明できる
電極反応のネルンスト式を書くことができる
11 酸化還元平衡(2) ネルンスト式を用いて電極電位を計算することができる
12 錯生成平衡(1) 錯生成平衡と安定度定数について説明できる
13 錯生成平衡(2) 錯生成に影響する要因について説明できる
▲PAGE TOP