トップページへ

化学演習  [Exercises in Chemistry]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
講師 佐藤 卓史    
備考
授業の目的と概要
 薬学は、医学のように薬を治療のツールとして捉えるだけでなく、薬の化学物質としての物理的・化学的性質の理解に基づいて、その体内での挙動、生理作用を理解する学問である。つまり、薬学は自然科学に基礎を置く応用の学問といえる。そのため、薬学で修得すべき領域は、他の理系学部に比べて幅広い。自然科学は物理や化学、生物などを包括的に含む学問体系であり、今後、生物化学、物理化学など複数の分野にまたがる領域を学んでいくことになる。薬学を学ぶためには、本来の自然科学の一部として化学を捉え、それと他の領域とのつながりを十分に理解する必要がある。ところが、高校では、物理、化学、生物はそれぞれ別の教科として、あたかも全く異なる学問であるかのように教育されていることが多い。また、薬学で求められる化学や生物の知識や技能は、高校レベル程度では不十分である。そこで、本科目においては、薬学を学ぶうえで最低限必要な化学知識や化学計算の基礎を養う。ただ、高校までの履修の程度に個人差があるため、各項目とも高校レベルの内容から始め、より進んだ範囲までを演習を中心として学習していくこととなる。
●一般目標(GIO)
 薬学の専門教育に対応するために、化学の知識とそれを応用できる能力を修得する。
授業の方法
初回以降、適宜資料を配付する。毎回、プレテスト、ポストテストを行う。期間中数回の確認テストを行う。予習のための宿題を中心に、演習形式で進める。適宜、指名して板書等での解答を求めることがある。また、学習の助けとなるような解説を加え、他の分野とのつながりについてもふれる。
●準備学習や授業に対する心構え
それぞれ、最低2時間程度の予習、復習を必ず行うこと。特に宿題は、解けなくても構わないので、必ず自力で解答しておくこと。授業の主体は教授者ではなく学習者であることを認識すること。大学では、学問は与えられるものでなく、自ら獲得するものであることを自覚すること。将来医療人になるという自覚をもつこと。
●オフィス・アワー 
平日随意。ただし、実習(火〜木の午後)や会議(おもに月)で対応できない可能性がある。毎回、その週の予定を伝えるつもりである。B棟4階 生体分析化学研究室
成績評価法
定期試験:85%、平常点(プレテスト・ポストテスト・確認テスト):15%、学習態度が不良の者は前記の平常点の評価を減じることがある。
教科書
書名 著者名 出版社名
指定しない
参考書
書名 著者名 出版社名
特に指定しないが、図書館等において各自で適当な参考書を見つけること。
授業計画
項目 授業内容
1 化学の基本-1 自然科学・化学・薬学

化学の基本-2 化学式・反応式
自然科学、薬学および化学についてそれらの関係を概説する。
物質を化学式で示す。化学反応を反応式で示す。
2 化学の基本-3 単位、モル 適切な単位を選択する。関連する単位を相互に変換する。
3 化学の基本-4 濃度 溶液の濃度を算出する。異なる単位の濃度を相互に変換する。
4 化学の基本-5 原子の構造と化学結合

化学の基本-6 物質とその構造
原子の構造を説明する。簡単な量子論を概説する。代表的な元素を列挙し、分類する。化学結合を列挙し、説明する。
代表的な化合物の性質を説明する。分子の形を説明する。
5 化学の基本-7 無機化学反応 基本的な化学反応を分類する。代表的な無機反応を説明する。
6 酸塩基平衡(1) 酸・塩基およびそれらの強弱の定義を説明する。中和を説明する。
7 酸塩基平衡(2) 酸および塩基溶液の液性を計算する。
8 酸塩基平衡(3) 緩衝液の性質を説明し、その液性を計算する。多塩基性酸のモル分率を説明する。
9 沈殿平衡(1) 難溶性塩の溶解平衡および溶解度積を説明する。
10 沈殿平衡(2) 共通イオン効果を説明する。
11 酸化還元平衡(1) 化合物中の原子の酸化数を示す。酸化還元平衡を説明する。
12 酸化還元平衡(2) 酸化還元電位を説明する。
13 錯生成平衡 錯生成平衡を説明する。
▲PAGE TOP