トップページへ

化学演習  [Exercises in Chemistry]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
講師 尹 康子    
備考
授業の目的と概要
 化学とは、原子・分子を物質の構成要素と考え、諸物質の構造や性質、およびこれら物質相互間の反応を研究する自然科学の一分野で、薬学の基礎学問の一つです。そして生体内における様々な反応や薬の働きなどを化学的に解明する目的をもつ薬学を学ぶうえで、化学を深く理解するということは非常に重要です。「化学演習」では、今後大学で化学を学んでいくうえで必要な事項についての理解を深めることを目的に、高校で学習してきた内容を復習しながら化学の基礎的事項を確認しつつ、実践的な化学計算力を高めるための講義と演習を行います。そして化学の基礎知識をしっかり身につけ、薬学における化学系専門科目を学んでいくうえで必要不可欠な基礎化学の習得を目指します。
●一般目標(GIO)
 化学物質の基本的性質の理解、さらに化学物質をその性質に基づいて分析できるようになるために、原子・分子の構造、反応速度、物質の定性、定量などに必要な基本的知識を習得し、それらを応用する技能を身につける。
授業の方法
化学計算を中心に演習形式で行います。基本的事項を解説した後、練習問題を解くことで、今後の関連講義や実習あるいは薬学計算に対応できるよう確実な理解を目指します。
●準備学習や授業に対する心構え
講義時間内では演習を行う機会が多いので、各自が積極的に課題に取り組むことが重要です。毎回きちんと出席し、演習内容を十分理解するために、復習を欠かさず行って下さい。
●オフィス・アワー 
場所:B棟4階 薬品物理化学研究室
時間:平日10:00〜17:00 ただし、講義、実習、会議等で不在の場合もあります。
成績評価法
学期末に行う定期試験の成績,授業中の演習,出席状況などから総合的に評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
特に指定せず、プリントを配布します。
参考書
書名 著者名 出版社名
『よくわかる薬学計算』 (著者)池上 勇 他、(編集)中込和哉 他 東京 廣川書店
『《大学への橋渡し》一般化学』 芝原寛泰、齊藤正治 化学同人
『《基礎固め》』化学 小島一光 化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 化学計算の基礎(1)-有効数字、SI単位 実験値の取り扱い方と有効数字、SI単位を説明できる。
2 化学計算の基礎(2)-指数、対数計算 化学計算に必要な指数・対数計算ができる。
3 化学計算の基礎(3)-濃度計算 溶液の濃度を計算できる。
4 化学の基礎(1)-原子の構造、量子論と量子数 原子の構造を説明できる。
量子論と量子数について説明できる。
代表的な典型元素を列挙し、その特徴を説明できる。
代表的な遷移元素を列挙し、その特徴を説明できる。
5 化学の基礎(2)-化学結合 化学結合の成り立ちについて説明できる。
軌道の混成について説明できる。
分子軌道の基本概念を説明できる。
共役や共鳴の概念を説明できる。
6 化学量論-物質量、化学量論 物質量や化学反応における化学量の計算ができる。
7 酸と塩基・化学平衡(1)-酸、塩基、中和 酸・塩基の定義と中和について説明できる。
8 酸と塩基・化学平衡(2)-電離平衡、溶液のpH、緩衝液 酸・塩基平衡を説明できる。
9 酸と塩基・化学平衡(3)-溶液のpH、緩衝液 溶液のpHを計算できる。
緩衝作用について具体例を挙げて説明できる。
化学物質のpHによる分子形、イオン形の変化を説明できる。
10 溶解度、溶解度積、沈殿平衡 沈殿平衡(溶解度と溶解度積)について説明できる。
11 酸化と還元 化学物質の酸化数を説明できる。
酸化還元電位について説明できる。
酸化還元平衡について説明できる。
12 反応速度 反応次数と速度定数について説明できる。
微分型速度式を積分型速度式に変換できる。
13 まとめ
▲PAGE TOP