トップページへ

化学演習  [Exercises in Chemistry]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
講師 山田 剛司    
備考
授業の目的と概要
 自然界の物質・生命の解明が進むにつれ、薬学で学ぶ化学はより細分化・専門化の一途を辿っています。これら膨大な情報量を本質的に理解するには、まず、化学の基礎知識を充足させる必要があります。また、化学は、物理を利用した測定や数学を利用した解析を基盤に発展してきた学問です。
 「化学演習」では、化学の基礎知識の確認・補填を行いながら、化学計算演習により、数量的にそれらの理解を深め、実践的応用能力を身につけることを目的とします。
●一般目標(GIO)
 薬学を学ぶ上で必要な化学の基礎力を身につけるために、原子の構造から分子の成り立ちなどに関する基本的知識を修得する。
授業の方法
プリントを用い、基本的事項の解説後、それに関連した練習問題を行います。また、必要に応じ宿題を課します。
●準備学習や授業に対する心構え
基本事項の理解が中心となるので、演習に重点をおいた復習をしっかりしてもらいたい。
●オフィス・アワー 
平日午前7:30〜午後18:30 講義(実習)・会議等で不在の場合以外は随時。B棟6階医薬品化学研究室
成績評価法
定期試験、平常点、演習・課題などを総合的に評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
特になし
参考書
書名 著者名 出版社名
『「基礎固め」化学』 小島一光 化学同人
『「大学への橋渡し」一般化学』 芝原寛泰、斉藤正治 化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 化学の基礎(1) 物質の基本概念について説明できる。
2 化学の基礎(2) 化学結合について説明できる。
3 化学計算の基礎 溶液の濃度計算ができる。
4 化学量論 代表的な化学変化を化学量論的にとらえ、その量的関係を計算できる。
5 酸と塩基(1) 酸と塩基の基本的な性質および強弱の指標を説明できる。
6 酸と塩基(2) 溶液のpHを計算できる。
7 酸化と還元(1) 酸化と還元について、電子の授受を含め説明できる。
8 酸化と還元(2) 酸化と還元について、電子の授受を含め説明できる。
9 溶液の性質(1) 溶液の束一的性質について説明できる。
10 溶液の性質(2) 沈殿平衡(溶解度と溶解度積)について説明できる。
11 反応速度 反応次数と速度定数について説明できる。
12 物質の分離・精製 官能基の性質を利用した分離精製を説明できる。
13 まとめ 総合演習
▲PAGE TOP