トップページへ

化学演習  [Exercises in Chemistry]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
教授 三野 芳紀    
備考
授業の目的と概要
 化学は物質に関する科学であり、将来の基礎となる化学の考え方を理解することが大切です。化学の本質の理解を深めるためには、化学の計算力を十分につける必要があります。化学計算は、単に講義を聴いているだけでは決して身につくものではなく、自分自身で問題を繰り返し解き、整理していくことにより初めて本当に自分のものとすることができます。特に、実験科学を柱とする薬学の分野においては、その必要性が更に高くなってきます。それを踏まえて、この「化学演習」では、高校からの橋わたし的な役目も兼ねながら、これから必要になってくる化学計算を演習していきます。また、化学計算だけでなく、化学の基礎知識の習得も視野に入れて、演習していくつもりです。
●一般目標(GIO)
 化学物質(医薬品を含む)をその性質に基づいて分析できるようになるために、物質の定性、定量などに必要な基本的知識と技能を修得する。
授業の方法
その日の関連事項を解説した後、全員で練習問題を解いてもらうと同時に、何人かに指定して、板書あるいは口頭で解答してもらい、授業を進めます。重要なところは、確実に理解してもらうため、繰り返し復習し、ゆっくりと進ませます。毎週、宿題をだすので、自分の力で解き、理解するよう努力して下さい。
●準備学習や授業に対する心構え
演習問題については必ず予習しておくこと。
●オフィス・アワー 
平日の午後4:30以降、ただし、(月)と(木)は会議のため不在の可能性あり。B棟5階薬品分析化学研究室
成績評価法
試験、平常点、課題などを総合的に評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
演習問題、解説のプリントを配付する。
授業計画
項目 授業内容
1 化学の基礎 周期律、価電子、共有電子対、電子配置、電気陰性度などを説明できる。
2 溶液の濃度 濃度表示法および濃度の相互関係を説明できる。
3 酸と塩基1 酸塩基反応について説明できる。
4 酸と塩基2 中和滴定の原理、操作法および応用例を説明できる。
5 酸化と還元1 酸化還元反応について説明できる。
6 酸化と還元2 酸化還元滴定の原理、操作法および応用例を説明できる。
7 化学平衡1 酸・塩基平衡を説明できる。
溶液のpHを計算できる。
8 化学平衡2 緩衝作用について具体例を挙げて説明できる。
化学物質のpHによる分子形、イオン形の変化を説明できる。
9 化学平衡3 錯体・キレート生成平衡について説明できる。
キレート滴定の原理、操作法および応用例を説明できる。
10 含量計算 日本薬局方収載の容量分析法について列挙できる。
分配平衡について説明できる。
11 反応速度 反応次数と速度定数について説明できる。
12 その他 機器分析の基礎1 旋光度を用いる定量分析法を説明できる。
13 その他 機器分析の基礎2 吸光度を用いる定量分析法を説明できる。
▲PAGE TOP