トップページへ

化学演習  [Exercises in Chemistry]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
教授 土井 光暢    
備考
授業の目的と概要
 化学の学習は講義を聴いただけでは十分でなく、自分自身で問題を繰り返し解き、その過程で知識を再確認し、計算方法を整理することで応用力を身につけることができます。化学演習では高校の化学を含めた化学の基礎知識を再確認し、計算問題を解ける能力を養うことを目的とします。
●一般目標(GIO)
 化学の基本的知識を修得し、化学計算力を習得する。
授業の方法
化学計算を中心に演習形式で行います。基本的事項を解説した後、練習問題を解くことで確実な理解を目指します。
●準備学習や授業に対する心構え
試験直前の勉強だけでは化学計算の力は身につきません。プリントの例題と練習問題は1度は自分の力だけで解答し、さらに何度も繰り返し問題を解くことを心がけて下さい。
●オフィス・アワー 
時間:随時(平日) 場所:B棟4階・分子構造化学研究室
成績評価法
定期試験を基本に、出席点、課題などを含めて総合的に評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
教科書は指定せず、プリントを用いて進めます。
参考書
書名 著者名 出版社名
『ポイント化学計算』 坂本正徳 廣川書店
『《基礎固め》化学』 小島一光 化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 原子の構造と化学結合 (1) 化学結合の成り立ちと軌道の混成について説明できる。
2 原子の構造と化学結合 (2) 分子軌道の基本概念を説明できる。
3 化学の基礎 (1) 物質量と化学式を関連づけて説明し、計算できる。
4 化学の基礎 (2) 化学変化に伴う標準エンタルピー変化を説明し、計算できる。国際単位系について説明できる。
5 化学の基礎 (3) 国際単位系を用いた溶液濃度について説明し、計算できる。
6 化学の基礎 (4) 代表的な化学物質の英名と酸化数の関連について説明できる。酸化還元平衡について説明できる。
7 溶液の濃度 (1) 酸・塩基平衡を説明できる。溶液のpHを計算できる。
8 溶液の濃度 (2) 弱電解質の電離平衡について説明し、計算できる。
9 溶液の濃度 (3) 緩衝作用について具体例を挙げて説明できる。
10 溶液の濃度 (4) 溶解度積について説明できる。浸透圧、沸点上昇、凝固点降下などについて説明できる。
11 反応速度 1次反応について説明できる。
12 吸光度測定 ランベルト・ベールの法則を説明できる。
13 まとめ
▲PAGE TOP