トップページへ

化学  [Chemistry]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
准教授 大桃 善朗    
備考
授業の目的と概要
 化学は薬学の基礎の一つです。皆さんが、これから学ぶ薬学の中のさまざまな学問の最も基礎となるものの一つが化学です。化学の基礎知識が十分でなければ、これから学ぶ大学での薬学系諸学問を、完全に理解することはきわめて困難でしょう。
 この科目の目的は、高校の化学と大学における化学系専門科目との橋渡しです。
●一般目標(GIO)
 この科目では、有機化学を除く化学全般について、高校の復習からはじめて、化学の基礎知識をしっかり身につけ、さらに、大学における化学系専門科目を学ぶうえで、必要不可欠なより高度な知識の習得を目指します。
授業の方法
講義を中心に行い、必要に応じて演習を実施する。
●準備学習や授業に対する心構え
講義内容を正しく理解するために、毎回きちんと出席し、ノートをとりながら集中して受講すること。また、予習、復習など不断の努力が必要です。 
●オフィス・アワー
時間:講義、会議などで不在以外の場合は随時
場所:B棟2階生体機能診断学研究室
成績評価法
定期試験、授業への出席状況、レポート、小テスト等をもとに、総合的に判断して評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『基礎化学12講』 左巻健男(編) 化学同人
参考書
書名 著者名 出版社名
『高校からの化学入門1〜4』 竹内敬人(編) 岩波書店
授業計画
項目 授業内容
1 化学の基礎、原子構造 物質の構成、原子の構造、原子構造理論の変遷について説明できる。
2 原子軌道、電子配置 原子軌道、原子の電子配置について説明できる。
3 原子の性質と周期律 原子の性質と周期律について説明できる。
4 化学結合 化学結合とその種類について説明できる。
5 分子軌道 分子軌道、混成軌道について説明できる。
6 分子の極性、分子間力 分子の極性、分子間に働く力について説明できる。
7 物質量と化学量論 原子量、分子量、式量、物質量と化学反応式について説明できる。
8 酸と塩基 酸と塩基、水素イオン濃度、中和について説明できる。
9 化学平衡 化学平衡と電離平衡について説明できる。
10 溶液のpH 種々の溶液、緩衝液のpHを計算で求めることができる。
11 化学反応速度 化学反応速度について数学的に理解することができる。
12 酸化と還元 酸化と還元、酸化剤と還元剤の強さ、酸化還元反応について説明できる。
13 まとめと計算演習
▲PAGE TOP