トップページへ

情報科学演習  [Exercises in Information Sciences]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
教授 石田 寿昌    
備考
授業の目的と概要
 近年、医療業界においても、IT化の伸展により、コンピュータの利用は必須になっており、情報処理能力が多くの場面で求められています。本演習では、基礎となる情報処理技術を修得することにより、今後ますます高度化していくITスキルに柔軟に対応していける技能と、それに関する基礎知識を学びます。
●一般目標(GIO)
 情報処理に必要な基礎となるコンピュータの知識及び使用方法を修得する。
授業の方法
一人に一台のパソコンを利用してコンピュータの基礎教育を行う。Windowsのパソコン、ワープロ、表計算、グラフ作成などを行う。
●準備学習や授業に対する心構え
ITに慣れ親しむ事が重要ですので、普段からコンピュータを操作することを心がけてください。
●オフィス・アワー
授業中に別途指示します。
成績評価法
授業への出席状況と課題レポートなどにより評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『情報リテラシー Office2007』 FOM出版
参考書
書名 著者名 出版社名
『WindowsVista SP1(FPT0806)』 FOM出版
『Word2007(FPT0628)』 FOM出版
『Excel2007(FPT0626)』 FOM出版
『PowerPoint 2007(FPT0630)』 FOM出版
授業計画
項目 授業内容
1 Windowsの概要
コンピュータリテラシー
パソコンの基本操作を行うことができ、パソコンを安全に利用できる知識を修得する。
2 ワープロソフト ワープロソフトの基本操作を行うことができる。
3 ワープロソフト ワープロソフトの書式の設定を行うことができる。
4 ワープロソフト ワープロソフトを用いて文書を作成できる。
5 表計算ソフト 表計算ソフトの基本操作を行うことができる。
6 表計算ソフト 表計算ソフトの基本操作を行うことができる。
7 表計算ソフト 表計算ソフトで関数を使用することができる。
8 表計算ソフト 表計算ソフトでグラフ作成を行うことができる。
9 プレゼンテーションソフト プレゼンテーションソフトの基本操作を行うことができる。
10 プレゼンテーションソフト プレゼンテーションソフトの基本操作を行うことができる。
11 化学構造式ソフト 化学構造式ソフトの基本操作を行うことができる。
12 ソフトウェアの活用 インターネット、ワープロソフト、表計算ソフトなど使用してレポートを作成することができる。
▲PAGE TOP