トップページへ

健康科学演習  [Sports Exercise]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 講師 当麻 成人 非常勤講師 橋口 雅美 非常勤助手 宮田 真希
非常勤助手 鎌野 知裕 非常勤助手 門川 裕美  
備考
授業の目的と概要
 人の一生の中で、体力のピークは運動神経の有無に関わらず17〜20歳頃といわれている。そして体力は、その後下降傾向になるという。身体運動は、その体力の下降を緩やかなものにすることができる。 
 この授業では、これまで身体運動があまり行われなかった事を踏まえて、運動経験を増やしその経験が、生涯スポーツの基礎づくりとなることを目的としている。また、他者と協力しながら楽しく体を動かして汗を流し、心身の充足感が得られるように行われる。
授業の方法
様々な種目を行いつつ体力、技術力の向上をはかる。室内、屋外の種目を数回づつ交互に行う。各グループにより場所をローテーションする。
ある程度基礎技術を身につけた後、ゲームを中心に行う。野外の種目において雨天時には、施設を変更して基礎体力の向上を計るトレーニングを行う。
・けが防止のための説明と実践 
・基礎技術の習得のための説明と実践 
・ルールの理解 
・団体種目では、チーム内で相互に協力し、自発的、計画的、安全に練習やゲームを行い、規則を守り、全力でプレーできるようにする。 
・個人種目では、自己の能力向上に努めるとともに、互いに協力し目標達成に努力する態度を育てる。
成績評価法
実技における技術向上の度合い、積極性、チームワークおよび出席状況により評価する。
授業計画
項目 授業内容
1 室内種目(1) バドミントンの基本技術(ドロップ、ヘアピン、リターン)を身につける。
2 室内種目(1) バスケットボールの基本技術を身につける。(パス、シュート、ドリブル)
3 室内種目(1) バレーボールの基本技術を身につける。(サーブ、レシーブ、トス、スパイク)
4 屋外種目(グランド) サッカーの基本技術を身につける。(トラップ、パス、シュート)
5 屋外種目(グランド) ソフトボールの基本技術を身につける。(投げる、打つ、走る、捕球)
6 屋外種目(グランド) サッカーの基本技術を身につける。(トラップ、パス、シュート)
7 屋外種目(テニスコート) テニスの基本技術を身につける。(サーブ、ストローク、ボレー)
8 屋外種目(テニスコート) テニスの基本技術を身につける。(サーブ、ストローク、ボレー)
9 屋外種目(テニスコート) テニスの基本技術を身につける。(サーブ、ストローク、ボレー)
10 室内種目(2) エアロビクスを行い心肺機能の向上を計る。
11 室内種目(2) エアロビクスを行い心肺機能の向上を計る。
12 室内種目(2) エアロビクスを行い心肺機能に向上を計る。
▲PAGE TOP