トップページへ

ドイツ語1  [German 1 ]

開講情報
1年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 神野 ゆみこ    
備考
授業の目的と概要
 ドイツ語の文法を中心に授業する。初級程度のドイツ語を読めるようにするのが目標である。概要は次のとおり。
1)ドイツ語独特のアルファベートや単語の読み方を習得する。
2)品詞論−動詞類語形変化・名詞類語形変化・不変化詞の説明。
3)文章論−文成分と格の概念・文の構造の説明(単一文と複合文)。
 文法の復習をかね、適宜プリントを配布する。初級程度のドイツ語テキストを読んでもらう。その際、ドイツ語を正確に読み、発音できるように練習する。また適時、視聴覚教材を用いて、ドイツの文化に親しんでもらい、日本との相違を考えてもらう。授業は「ドイツ語2」(前期)、「ドイツ語3」(後期)と連携して行う。
●一般目標
 ドイツ語の最初歩をアルファベートから学ぶ。基本的なドイツ文法を理解し、初級レベルのドイツ語テキストを辞書を用いて、読むことができるようになる。それによって、ドイツ語文化圏への興味を惹起し、視聴覚教材を用いて、ドイツ語やその文化圏の社会や文化の理解を深める。
授業の方法
1)テキストの文法内容の説明後、練習問題を解答し、復習する。
2)重要な動詞・冠詞(類)・(代)名詞類などの変化形の暗誦を行う。
3)適時、問題練習や書き取りなどの課題レポートを出す。
4)ドイツ紹介のため、CD、ビデオなどの視聴覚教材を用いる。
●準備学習や授業に対する心構え
1)授業にはできるだけ出席する。
2)宿題や課題が出された場合には授業での発表を積極的におこない、提出物は期日を守って提出すること。
3)辞書を調べたり、書く手間を惜しまないこと。
●オフィスアワー
金曜日の昼休みと4時限終了後、講師室に来てください。
成績評価法
定期試験の成績、出席状況、授業における発表とレポート提出、授業態度などを総合的に判断して評価する。なお授業時間中の発表は平常点として成績に加味するので、必ず行うこと。
教科書
書名 著者名 出版社名
『楽しく学ぶドイツ語[改訂版]』 橋本政義、橋本淑恵 三修社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に随時紹介する。なお、独和辞典は、新正書法対応のものを購入すること。詳しくは初回の授業で紹介する。
授業計画
項目 授業内容
1 Lektion 0:文字と発音(1) ドイツ語ならびにドイツ語圏の文化の紹介を行う。ドイツ語のアルファベートと発音規則(母音・子音)を習得する。簡単な挨拶の練習をする。辞書の説明も行う。
2 Lektion 0:文字と発音(3) ドイツ語のアルファベートと発音規則の総復習を行う。これまで習った表現を復習し、さらに時刻表現を習得する。
3 Lektion 1 動詞の現在人称変化に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
4 Lektion 2 名詞と冠詞に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
5 Lektion 3 不規則変化動詞・命令形に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
6 Lektion 4 人称代名詞・前置詞に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
7 Lektion 5 冠詞類・疑問代名詞に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
8 Lektion 6 形容詞に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
9 Lektion 7(1) 分離動詞に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
10 Lektion 7(2) zu不定詞と副文に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
11 Lektion 8 話法の助動詞・未来についての発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
12 Lektion 9 動詞の三基本形と過去形に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
13 長文講読(1) これまでの文法の総復習を兼ねて、長文問題に取り組む。
▲PAGE TOP