トップページへ

人間と文化1b(人間と心理)  [Humanities 1b (Human and Psychology)]

開講情報
1年次 前期 1単位 選択
担当教員
非常勤講師 戸田 有一    
備考
授業の目的と概要
 学びや人間関係にかかわる心理学の基本的な考え方にふれ、大学入学以前の暗黙の心理理論を自覚・検討する機会とする。前半は、「学び」「性格」「恋愛」などの大学生活に関連することがらについて心理学の知見から考える。「俗信」「キレ」「発達」「いじめ」などのことがらも、現代的な問題意識で考える。後半は、カウンセリングやピア・サポートに関する基本的な知識を学び、心理学と薬理学の関連についても考える。
●一般目標(GIO)
1.心理学の基本的な考え方・用語・方法論・理論等について理解する。
2.カウンセリングとピア・サポートについての基礎を理解する。
3.心理学の理論や技法と、学生生活や職業の専門性とのつながりを考える。
●到達目標(SBOs)
授業計画において述べる。
授業の方法
教科書の該当部分を読んであることを前提に講義を行う。主に社会心理学に関するミニ実験も行う。なんらかのかたちで受講生間の議論も行う。
●準備学習や授業に対する心構え
教科書の該当章を読了したうえで講義を聴くことで理解が深まるように構成している。教科書の内容に関するコメントも求めるので必ず読むこと。毎回の講義のコメント用紙には、講義内容のまとめではなく、自身の見解を個性的に述べることを求める。
●オフィス・アワー 
電子掲示板への書き込みで、講義内容などに関する質問を受け付ける。直接質問したい場合には、講義終了後に非常勤講師室へ(月曜4限終了後)。
成績評価法
授業各回のコメント用紙の内容・議論への参加を総合的に評価する。コメントは質と量の両面から評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『不思議現象−子どもの心と教育』 菊池、木下 (編著) 北大路書房
参考書
書名 著者名 出版社名
『カウンセリングとソーシャルサポート―つながり支えあう心理学』 水野、谷口、福岡、古宮 (編著) ナカニシヤ出版
授業計画
項目 授業内容
1 「人間と心理」受講に際して  講義の概要・評価方法
2 「学び」と心理学 学ぶことや試験などにかかわる心理過程を説明できる
3 心理学で「性格」にせまる 「性格」「相性」に関する心理学の理論を理解する
4 心理学で「恋愛」にせまる  「恋愛」に関する心理学知見を関連分野の知見とあわせて理解する
5 心理学で「俗信」にせまる 「俗信」「勘違い」から認知・思考過程の危うさを理解する
6 心理学で「怒り」にせまる 「怒り」への対処と介入の諸技法を学ぶ
7 心理学で「発達」にせまる 「発達」に関する諸理論を理解する
8 子どもたちにとって死とは? 死についての子どもたちの考えや文化差に関する知見にふれる
9 いじめ問題の本質は? いじめに関する基礎研究から心理学的研究法を知る
10 カウンセリングの基礎  カウンセリングに関する誤解を減らす
11 ピア・サポート実践の機微  ピア・サポート実践の具体例からその機微を知る
12 平和を創る心理学 研究者と社会的問題のかかわりについて考える
13 心理学と薬理学の接点 心理学と薬を扱う専門性とのかかわりについて考える
14 まとめの議論  心理学と学生生活・職業の専門性とのかかわりを考える
15 質問に答えて 講義全体を通しての疑問に回答する
▲PAGE TOP